ディスコ堂 by mrkick

音楽に貴賎なし ―Discoの考察とCD批評

Men Without Hats

Men Without Hats私の持論では、ディスコとは、「四つ打ち」に代表されるような、明確で重いバスドラムビートにメロディーを乗せたダンス曲、またはこうした曲をDJがかけて客に専用フロアで踊らせる飲食店のことを言います。店舗としてのディスコでかかる曲を総称して「ディスコ」と呼ぶ場合もあります。

中心となる時代は70代半ばから80年代後半まで。日本では、80年代後半にマハラジャ的なユーロビートが失速して、バブル経済ともども、終焉を迎えました。有名な「ジュリアナ東京」や「ゴールド」といったディスコ店は90年代に入ってからも生き残りましたが、ほんの一時期の出来事でした。

白人でも黒人でも黄色人種でも、ディスコの曲を発表したミュージシャンはいます。最も重要なことは、「ディスコミュージック」というジャンルや「ディスコの曲」はあっても、「ディスコミュージシャン」というのはほとんど存在しないということ。

「ディスコの曲」を作ったアーチストということでいえば、ローリングストーンズ、ビーチ・ボーイズからバーブラ・ストライザンド、エルトン・ジョン、ジェームズ・ブラウンまで、あらゆる人々が含まれます。例えば、カナダの著名ロックスターのブライアン・アダムズはTake Me To The Dancingというディスコ曲で事実上のメジャーデビューを果たし、ビルボードのディスコチャートにも入りました。彼はそれを恥と思っていて、自分のベスト盤には入れていません。けっこう軽快でいい曲なのにねえ。

ディスコは単純に言えば「踊れる」曲のことですから、このMen Without Hatsの曲群も立派なディスコです。いいんですよ、これが。シンセサイザーをうまく使った面白系のテクノポップ・ディスコに仕上がっています。

83年にビルボードのポップチャートで3位にまで上がった「セーフティ・ダンス」は有名ですが、ディスコでは「リビング・チャイナ」(テンポがめちゃめちゃ速い)、「ホエン・ドゥ・ザ・ボーイズ・ゴー」がけっこうはやりました。私が上京直前の84年ごろ、札幌の往年の名店「釈迦曼荼羅」なんかで超人気曲だったものです。リードボーカルのイバン・ドロシュクの声がなんだか変な低音で、不思議な魅力がありました。

あと、ポップ・ゴーズ・ザ・ワールドも歌詞は「私たちはポップを奏でる音楽家で〜す。さあ踊ろう」みたいに軽くて「おばか」な曲なのですが、それこそディスコの真骨頂。楽しく踊れりゃいいという典型、見本を見せてくれていました。

I Love Disco

I Love DiscoこれもスペインBlanco盤の80年代ディスコ集。3枚組。欧州で流行するディスコは70-80年代当時、シンセ多用のミーハー系が多かった。ジンギスカンやアラベスクやドゥーリーズなんかも欧州です。イタリアについては、ユーロビートの一大拠点でした。ディスココンピも、白人ミーハー系であれば、欧州産が全般的に良い内容になっているようです。

このCDには一般的なヒット曲も含まれていますが、特筆すべきはレアな曲が多いこと。C.C.CatchとかMax HimとかMy MineとかTwinsなど、80半ばに頻繁にディスコでかかっていたにも関わらず、CD化がされていたなかったものが収録されていてお勧めです。私自身はMy MineのHypnotic Tangoは哀愁系の逸品だと思います。

・・・ですが、今はこのCD自体が入手困難になってきています。中古でももし見つけられれば、購入する価値あり。ちなみに、Vol2、3もすごくいい。Vol3には、シルベスターやデッド・オア・アライブなどのお馴染み系に混じって、CD初収録のForrest「愛の航海」やRofoの「Flashlight On A Dancefloor」といった、これまでCD化されていなかった曲が目白押し。音質もまあまあ。ただ、曲と曲の間が短すぎなのが玉にきずです。

それと、世界では似たようなデザインの「I Love Disco」というタイトルのコンピレーションがいくつかあるので、混同しないように注意。ほかのコンピはたいしたことないです。

I Love Bobby ''O''

Bobby O80年代初期ディスコの一大ジャンルであった、ハイエナジーサウンドの代表アーチストのBobby O。ハイエナジーは70年代後半に出てきたリズムボックス打ち込み系が進化したもので、ユーロビートの前身と理解してよいと思います。世界のディスコサイトの権威であるDiscomusic.comなどによると、欧州や米国西海岸のゲイピープルに特に愛されていたようですね。私はストレートですが、こうした音は大好きでした。

Bobby Oには何枚かベスト盤があるのですが、このスペイン盤が一番お勧め。まず音が良い。ディスコの再発CDはとにかく音質が悪くて、私のコレクションで言えば、3割ほどはレコードから録音しています(プチプチ音がする)。その点、このCDはほとんどがマスターテープから入っていると思われ音はOK。知っている人は知っているShe Has A Wayのほか、Divine、Flirts(いずれもジャケット下に写っています)などの仲間アーチストが歌う曲が収録されています。中には、音質は悪いのですが、Pet Shop Boysの昔の曲も入っています(かつてBobby Oのプロデュースを受けていた)。

さらに、ほかのベスト盤に入っていないDancin'という曲が入っていることがポイント。この曲は当時の日本のミーハー系ディスコではよくかかっていました。このとき私は札幌にいたのですが、市内のディスコでよく耳にしたものです。

私にとっても基本盤です。ちょっと前、米国のアマゾンにレビューを書きました。Bobby Oは今、音楽業界の一線を退き、NYで弁護士をやってらっしゃるようです。17歳でデビューした天才ディスコ少年だったのですが、頭も良かったようですな。

Prince Charles and The City Beat Band

Prince Cherles1982年ごろ発表のプリンス・チャールズ。これもUnidisc盤です。ディスコ・ファンクでかなり重量級で格好いい音を出しています。当時、日本の一部のディスコでも好んで使われていたようです。1曲目のDon't Fake The Funkは私も何度か耳にしました。「バーン・ラバー」で知られるギャップバンドのような低音強調系です。ややアップテンポなのですが、パーラメントやアフリカバンバータ的な雰囲気もある。ヒップホップ好きにも良いかと思います。ただし、私の調べたところでは、チャートインは一切していないようです。

けっこう珍しい盤で、オンラインで見つけたら1枚いかがでしょうか。ギャップバンドやパーラメントみたいなディスコファンクに興味があれば、お勧めです。

ディスコの話

Leon Bryant新聞記者を辞めてフリーの物書きをやっています。趣味はディスコ。唐突ですいません。レコードやCDのコレクターを20年以上やっていて、普段の仕事と離れて、一般的なものから、珍しくて入手が難しかったものまで色んなCD類を紹介することにしました。今は外国からの入手が中心です。このあいだは、メキシコとブラジルから取り寄せてみました(到着まで不安だった)。

紹介一発目は、いきなりレオン・ブライアント。といってもパソコンの近くにあったので、デジカメで撮影しやすかったから選んだだけです。この人は12歳でプロバンドのリーダーを務めていたそうで、81年、Kool&The Gangも所属していたDe-Liteレーベルからデビューを果たしています。このアルバムは2枚目のMighty Bodyで、タイトル同名曲がシングルカット。ブラコン系の快調アップテンポの良い曲です。米ディスコチャートでは無視されましたが、R&Bチャートで81位に。写真のCDは、ディスコ再発で有名なUnidiscから出たやつです。ディスココレクションとしてのお勧め度は100点中65点といったところですね。全12曲入り。Mighty Bodyは12インチバージョンも収録。
プロフィール

mrkick (Mr. Kick)

「ディスコのことならディスコ堂」----本名・菊地正憲。何かと誤解されるディスコを擁護し、「実は解放と融合の象徴だった」と小さく訴える孤高のディスコ研究家。1965年北海道生まれのバブル世代。本業は雑誌、論壇誌、経済誌などに執筆する元新聞記者のジャーナリスト/ライター。もはや踊る機会はなくなったが、CD&レコードの収集だけは37年前から地味〜に続行中。アドレスは↓
mrkick2000@gmail.com

*「下線リンクのある曲名」をクリックすると、YouTubeなどの音声動画で試聴できます(リンク切れや、動画掲載者の著作権等の問題で削除されている場合はご自身で検索を!)。

*最近多忙のため、曲名質問には基本的にお答えできません。悪しからずご了承ください。

*「ディスコ堂」の記事等の著作権は作者mrkick(菊地正憲)に帰属します。

Archives
検索してみよう!

このブログ内
ウェッブ全体
本業分野の著書!(Amazonリンク)


初証言でつづる昭和国会裏面史!
著書です!(Amazonリンク)


キーワードは意外に「ディスコ」。
TOEIC930点への独学法とは…
CDのライナーノーツ書きました(Amazonリンク)


たまには「ボカロでYMCA」。
キュート奇天烈でよろし。
訪問者数(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最近の訪問者数(UU)

    Recent Comments
    blogramボタン
    blogram投票ボタン
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ