なお残暑厳しい関東地方であります。少し前、ライブドアブログにYouTubeのリンク機能がつきましたので、本日は趣向を変えて、ちょっと珍しい「80sハイエナジーチューン(ジャケ写付き)」をずらり紹介してみま〜す。17曲のうち15曲までもが、videobuffという米国人男性がYouTubeに載せた曲群。いずれも大ヒットまではいかなかったものの、80年代前半から半ばにかけて、私自身も当時の地元の札幌や東京で耳にしたものばかりです。

 ↓◆↓Α銑、〜韻六ニ擇離妊スコでヘビープレイされていた名曲たち、、い枠メロ哀愁系の普遍的な超名曲、ァ↓は元気いっぱいのイケイケ盛り上げチューンであります。大おススメはΔ如途中ブレイクのサックスとピアノの掛け合いが圧巻で聴き所。曲の歌詞は、そのころ大ブレイクしていたマイケル・ジャクソンに片思いする女の子が「好き、嫌い」と花占いする物語をモチーフにした内容とされていて、歌っているキム・フィールズはその後、女優として名声を得ました。Г蓮1984年ごろに私がディスコで頻繁に聞いた曲で、まさに青春の一曲(笑)でもあります。 それにしても、こういったマイナーな曲が手軽に聴けるなんて便利な時代ですな。videobuff氏のマニアックさにも感服いたします。

Simone - Him


Life Force - Invitation


Shooting Party - I Know That Mood


Desireless - Voyage Voyage


Julius Brown - Party


Kim Fields - He Loves Me, He Loves Me Not


Time - Shaker Shake


Maria Vidal - Body Rock


Katie Kissoon - I Need A Man In My Life


Claudja Barry - Work Me Over


Sam Harris - Hearts On Fire


Sheryl Lee Ralph - In The Evening


Magda Layna - When Will I See You Again


Technique - Can We Try Again


Rofo - Flashlight On A Disco Night


Le Jete - La Cage Aux Folles


TOUCH OF CLASS - Keep Dancin'


★2009年3月15日追記★ いやあ、最近この投稿を久しぶりにチェックしたら、17曲中16曲が「利用規約に違反しているため、この動画は削除されました」との表示が出ました(ショック)。YouTube内にあった情報源がいつの間にか削除されていたということです。記事中に出てくるVideobuff氏も姿を消しました。しかも、ほかにも同じ文言付きで削除されたYoutube動画が大量にありました!

ネットの動画投稿が著作権や肖像権などに違反するのかどうか、どんな場合に動画を削除するべきなのか、ユーザー、視聴者の権利をどう考えるべきか――といった問題については、実は世界的にもまだ決定的なコンセンサスが得られていません。違反していそうなケースでも、「宣伝になる」などとして看過する著作権者もいます。以前、私自身も「AERA」や「新潮45」などの雑誌の取材の中で、ネット業界関係者に尋ねたことがありましたが、納得できる答えは得られませんでした。あまりにもネット情報が錯綜、膨大化している中で、交通整理がまだできていないというのが実情なのであります。

けれども、少なくとも私のブログについては、‐Χ般榲でない(自著のアマゾンリンク程度)◆峅山擴鮴癲θ禀勝Τ惱冑章世琉貮堯廚箸靴堂酸次ζ芦茵写真等を使用しているF芦茲箍燦擦呂△までも読者に「試聴」してもらうのが目的であり、YouTubeなどからの2次利用として随時出所も明らかにしているせ篌らがアップロードした動画ではないイ修發修皺山擇硫纂舛楼く、ダウンロードによるコピー販売などの悪用は不可能――などを理由として、著作権・肖像権を侵害する違法性はないと考えており、今後も記事中でのYoutubeなどへのリンクは続けようと考えております。リンク先が削除された場合は、気付けばリンクを解除したり、別の動画にリンクし直したりしますが、作業が膨大なので大抵の場合は放置します。