80s Remix続けてコンピの紹介ですいません。でも、日本のコンピレーションをこの辺で持ち上げておきたかったのです。東芝EMIが97年に発売したものですが、かなり気に入っています。中古でけっこうみかけますけれど、おすすめです。

まず、選曲がいい線いっています。外国のも含めて、80年代ディスコの良いコンピレーション(オムニバス)はほとんど無いといっても過言ではありません。一般的なシングル・バージョンのディスコ選曲集はたくさんあるのですが、これにはクイーン「ラジオ・ガガ」やトーマス・ドルビー「ハイパー・アクティブ」やヒューイ・ルイス・アンド・ザ・ニュース「パワー・オブ・ラブ」といった、ほかでは目にしない12インチバージョンが入っているのが良いのです。

もう一つは、音質がすばらしいことですね。日本盤は全体的に音が良い。某レコード会社幹部の知人も、「日本人ぐらい音質にうるさい人種はいないのではないか」と言っています。確かに、マスターテープをきちんと取り寄せて、しかも12インチバージョンを最後までちゃんと収録する姿勢は、私にとっては尊敬に値します。

このCDには11曲しか入っていませんが、77分程度しか入らないCDでは、12インチばかり集めているのでこれで限界です。へたなコンピCDであれば、15、16曲の12インチバージョンが入っているのに、ほとんどが途中で勝手にフェードアウトされていたりしますから。

ディスコの曲というのは、長く踊ってもらうとか、DJが曲をつなぎやすいといった配慮から、ロングバージョンが大きな特徴です。70年代には20分近いのもあったのです。80年代に入ってから7分前後が普通になってきましたが、惜しげもなく全部を収めているCDというのは、これはこれで貴重なわけです。