CJ & Co.今回紹介するのは1977年に全米ディスコチャート1位になったC.j. & Co.。オーケストラサウンドに少し電子音をアレンジした典型的ディスコグループです。

デトロイト生まれのグループで、前々回のマイク・シオドアとデニス・コフィーのコンビがプロデュースしています。つまり「デトロイト・ディスコ」の一つ。77年にディスコブームに乗ってファーストアルバムを発売し、代表曲「Devil's Gun」が大ヒットしたというわけです。この曲は全米R&B、一般チャートでもそれぞれ2位、36位まで上昇しています。

レーベルは地元デトロイトのインディー系ファンク&ディスコレーベルのウェストバウンド(Westbound)でしたが、配給がかの黒人音楽の“殿堂”アトランティックだったため、セールスを後押ししました。

Devil's Gunはまずイントロが印象的です。ベースから入って、次にピアノ、ホーンセクション、ストリングス、そしてボーカルとだんだん厚みが増して盛り上がっていくパターン。踊らせますねえ……。メロディーも申し分ありません。……と、クレジットをよくみると、ミックスはこれまた「ディスコの王様」トム・モールトンであります。微妙にムーグあたりの初期シンセの「みにょ〜〜ん」「ぼにょ〜〜ん」という電子音が入ったりして、さすがですよ。

この曲、ベースラインはジョルジオ・モロダーが作ったディスコバンドMunich Machineの大ヒット曲「Get On The Funk Train」(77年、全米ディスコチャート7位)にちょっと似ています。発売時期はほぼ同じなので、どっちかが真似したのかもしれません。この程度のパクリはディスコでは超よくあることなので、大した問題ではありませんが。

この人たちは78年にセカンドアルバム「Deadeye Dick」を出し、それが不発に終わったために解散に追い込まれてしまいます。ホント一発屋なのですが、私はアメリカディスコ史に残るグループの一つだと思います。アトランティックが絡んだ「ディスコオンリー」の黒人グループであることや、フィリー・サウンドとかバリー・ホワイトのようなオーケストラサウンドを持ち味としていることなどから、まさにアメリカ・ディスコの王道を行くような音なのです。

写真はそんなC.j. & Co.の唯一のCD(米Ace盤)。しかもそんなにレアではなく、音質もOKであります。Devil's Gunのほか、「We Got Our Own Thing」「USA Disco」「Deadeye Dick」など、質が高く元気いっぱいなディスコ曲がフルバージョンで計10曲収録されています。

このCDのなかなか詳しいライナーノーツを読んでみたら、マイク・シオドアがこんな風にコメントしていました。「ディスコに対する反発が異常に強かったため、“Devil's Gun”をメジャーなラジオ局でかけてもらうのは困難を極めた。一般的な“全米トップ40”をやるような局では相手にされなかったのだ。ヒットはしたものの、そんなひどい差別があったために、ある程度のレベルにとどまってしまったのだ」

いやあ、黒人&ゲイ&マイノリティーで作り上げたディスコ文化は、アメリカではどうしても差別の憂き目に遭っていたようです。そんな重圧をはねのけて、ディスコ以外でもヒットしたのですから、曲自体の価値はもっと高かったといっていいのではないでしょうか。