Tapps今回はカナダつながりでタップスです。トロントを拠点に活動していた3人グループで、中心人物はポルトガル生まれのアラン・コエルホ(Allan Celho)なる人物。1983年に発売したハイエナジーディスコ「My Forbidden Lover」(マイ・フォービッデン・ラバー=禁断の恋人、YouTubeご参考)が世界的な人気を獲得しました。

この曲は、当時流行り始めてきたイタリア系ディスコ(イタロディスコ)にも似た、シンセサイザーを軸としたメロディーとビート展開を特徴としています。

私は当時、ディスコのフロアで初めて聞いた時、イントロから入ってくる「ぴゃらん、ぴゃらんら、ぴゃらん、ぴゃらららら〜♪」(描写困難)という感じの、ちょっと人を食ったような、さらには「ハンメルの笛吹き」(?)のような「おとぼけメルヘンシンセ」のリフに強く印象付けられたものです。同時期にヒットしたブロンスキー・ビートの「スモールタウン・ボーイ」のリフにも少し似ておりまして、今も耳の奥にこびりついて離れないのでございます。

グループは、学生時代の級友であるAllan、Tony DaCosta、Paul Silvaの3人で結成。ボーカルとして加えた女性は、Barbara Doustという人ですけど、コンサートなどでの「表向きの顔」として、Candy Berthiaumeという別の女性を起用していたそうです。本物の人は、なんだかかわいそうですが。

TAPPSという名前は、級友3人のファーストネームを繋ぎ合わせた造語。彼らを紹介したウェッブサイトなどによると、最初は、ポルトガル系移民がたくさんいたトロントで、音楽好きの若者が集まって「地元で人気者になろう」とスタートしたようですが、ディスコグループとしては世界的にも知られるようになりました。

彼らは代表曲となった「My Forbidden・・・」の後も、「Runaway」とか「Harricane」、それに「In The Heat Of The Night」といったハイエナジー曲を次々と世に送り出し、そこそこの人気を保ったのですが、80年代後半には失速。「ハイエナジー」というジャンル自体の影が薄くなり、やはり消えていく運命となりました。

「ポルトガル系ディスコ」(?)の珍しいグループだったTappsですが、CDはあまり出ていません。写真は、80年代モノを数多くCD化している米Thumpレコードが15年ほど前に発売したCD「Greatest Hits」ですが、あまり巷では見かけなくなりました。12インチをこつこつと集める方がずっと賢明だと思われます。

なんだか地味だったかな、TAPPS……。それでも、私の耳の奥では今も、あの「おとぼけのリフ」が鳴り響きます――「ぴゃらん、ぴゃらんら、ぴゃらん、ぴゃらららら〜♪」(やっぱり描写困難)。