ディスコ堂 by mrkick

音楽に貴賎なし ―Discoの考察とCD批評

80年代前半

タントラ (Tantra)

Tantra大晦日だけに今年最後となりますが、ここはひとつ純粋にディスコらしいグループを紹介しておきましょう。幻惑スペーシーディスコの真髄を究めたイタリアの5人組ディスコグループ、タントラ(Tantra)さんたちでありま〜す!

プロデュースを担当したのはCelso Valli(セルソ・ヴァリ)。ほかにもMachoやAzotoなどのギンギンなダンスチューンを70年代後半から80年代半ばにかけて世に送り出していた人でして、Easy Goingのクラウディオ・シモネッティ(Claudio Simonetti)やステファノ・プルガ(Stefano Pulga)、ジョルジオ・モロダーらと共に、イタロディスコのパイオニアの一人に数えられます。

タントラとはインド密教やヒンドゥー教の経典のことですが、その音楽もまさに神秘の精神世界を演出しており、西洋と東洋の音楽的融合、さらにアフリカの大地の祈りをも随所に感じさせる独創的なサウンドが特徴。インストゥルメンタル中心でボーカルは抑え目であり、その後のハウスミュージックにもつながる催眠術系の曲調にもなっております。

代表曲は、なんといっても「The Hills  Of Katmandu」(80年、米ディスコチャート2位)。ヒットはこれだけですので一発屋のカテゴリーに入るのですけど、逆に言えば「この1曲だけでディスコの殿堂入り」も可能なぐらい、発売当時から現在までディスコ好事家たちの人気を集め続けている曲で、アナログシンセサイザーが縦横無尽、うねうねに大展開した佳作となっております。

特に、かのパトリック・カウリーがリミックスを手がけたThe Hills Of Katmanduは、12インチのプレス数が少なかったこともあり「幻の名曲」扱いでした。実際に13分以上もあるそのリミックスを聴いてみると、同様にカウリーさんがリミックスを手がけたドナ・サマーの「I Feel Love」を、さらに果てしなく催眠術系に変貌させた感じです。彼ならではの職人技がちりばめられており、「次はどんなカウリー風うにょうにょ音が入ってくるかな?」とバカ長いのに最後まで飽きさせません。

ほかにも、「Hills of」と同じくオリエンタルな楽器音(シタールなど)が印象深く立ちあらわれてくるWishboneという曲があります。これまた12インチだと15分以上もあるのですが、「単調な反復」の美学を感じさせてくれています。催眠術系がある極限まで達し、気がつけば催眠ならぬ睡眠をも誘ってしまい、太古ヴェーダの修行のごとく、「眠りながら踊る」という未だかつて誰も到達したことがない瞑想の境地をも味わえるかもしれません。

一方で、見事に無難でディスコテークなGet Ready To GoGet Happyといった曲もありまして、いやはや、続けて聴いていってもけっこう飽きずに楽しめるグループなのでありました。

CDは、なんと1年ほど前にどど〜んと復刻・発売となりました(上写真)。以前に取り上げたあの「Disco Discharge」の姉妹シリーズである「Disco Recharge」の一つでして、2枚組となっております。ほぼすべての主要曲とバージョン(パトリック・カウリー・リミックスも)が網羅されていて、新年早々(間もなく)、かなりお勧めではあります。

B. B.・アンド・Q. バンド (B. B. & Q. Band)

BB&Q「エッブリィバディ、ダンシン、エッブリィバディ、オンザビート♪」の軽快なサビが踊り心をくすぐる「On The Beat」でおなじみのB. B. and Q. バンドは、1981年に結成されたセッションミュージシャン集団のディスコグループ。86年に解散するまで、計4枚のアルバムを発表しましたが、やはりオンザビートが入ったファーストアルバム「The Brooklyn, Bronx & Queens Band」(写真)が代表作となりましょう。

そもそも、バンド名がバーベキューみたいで変テコなんですが、上記ファーストアルバムのタイトルをみてお分かりのとおり、米ニューヨークで黒人が多く住む下町の3地区を並べてグループ名にしたわけです。

これまで何度か登場したイタリア系ディスコの仕掛け人で、カリブ海グアドループ出身のジャックス・フレッド・ぺトラスがプロデュース。作曲や構成は、その相棒のキーボード奏者マウロ・マラバシ(Mauro Maravasi)が主に担当。

両人ともに、本拠地のイタリアとニューヨークを行ったり来たりしながら音楽活動をしていたため、70年代後半に頭角を現したメロディアスなイタロディスコと、電子音やエコーを多用した都会的で透明感のあるR&B音楽の要素を合わせ持った、ユニークなダンスミュージックを世に送り出していました。以前に紹介したチェンジやハイ・ファッション、それに今回のBB&Qバンドがその代表例になります。

BB&Qバンドの曲は、基本的にはチェンジに似た曲調ではありますけど、もっとダンサブルにアレンジした感じです。ほぼ無名のセッションミュージシャンの集団とはいっても、どれもぺトラスが高い金をつぎ込んで集めた腕利きばかりですので、リードをとるアイク・フロイド(Ike Floyd)をはじめとするボーカル、それに演奏もアレンジも非常にしっかりしています。同時期に大人気になったSOSバンドなどを手がけたプロデューサーコンビのジャム・アンド・ルイスの音作りにも近いものがあります。

81年発売のファーストアルバムからのシングルカット「オン・ザ・ビート」は、米ディスコチャートで3位、R&Bチャートで8位まで上昇するヒットとなりました。私自身、当時のディスコやFMラジオでよく耳にした曲で、相当なインパクトを持っていました。ほかにも、このアルバムにはMistakesとか、Starletteといった同系統のディスコの佳作が並んでいます。

ただし、この人たちはこのアルバム(特にオンザビート)でほぼおしまい。85年にかけてさらに3枚、ダンス系のアルバムを出しましたが、ファーストほどの話題にはならず、セールスもどんどん下降線をたどることになります。結局、86年にはあえなく解散してしまいました。

まあ、後に出た3枚とも、よくよく聴くと悪いわけではないのですけど、なんだかダズ・バンドとかコン・ファンク・シャンみたいな、このころ大量に出回っていたエレクトロファンクの色が強くなり、あのシャープでクールでアーバンな独自色が薄れてしまったのが残念なところです。トホホ。

…で、トホホといえば、BB&Qの仕掛け人のぺトラス氏が翌87年には何者かに殺されてしまうというおぞましい結末が待っていました。まことに珍しいぺトラス氏にまつわる専門サイトやCDライナーノーツや各種の資料を読みますと、もともとマフィアと関係があったとの噂が絶えない人物で、大名買いの音楽制作や贅沢三昧の生活が原因で巨額の借金も抱えていており、命を狙われた可能性が高いということです。あなおそろしや。

とはいえ、かなり前に紹介した米国のディスコ本「And Party Every Day」にも書かれていましたが、洋の東西を問わず、ディスコとマフィアはどこかで繋がっていたものです。あの「サタデー・ナイト・フィーバー」のジョン・バダム監督も、DVDの特典映像の解説の中で、「街中のディスコで撮影中、地回りマフィアからの用心棒の申し出を断ったら、そのディスコでボヤ騒ぎを起こされ、示談金を払った」と証言しています。日本もそう。お祭りとテキヤとの関係を見ても分かるように、大金が動く非日常の祝祭空間には、闇社会のかぶき者が暗躍する余地が少なからずあるわけです。

BB&QのCDはまずまず再発されております。BB&Qを中心としたぺトラス関連の作品が詰まった2006年発売の5枚組CDセット「Album Collection」や2011年発売の4枚組CDセット「Final Collection」(いずれもイタリア盤)などが網羅的でお勧めですが、新品の値段はどれも、ひと頃よりつり上がっています。円安、消費増税の影響を実感します。

ショー・ナフ (Sho-Nuff)

Sho Nuffいやあ天気もたぶんよさそうだし、あしたは富士山に行こう!……というわけで、今回は息抜きに「ショー・ナフ(Sho-Nuff)」と参りましょう。

う〜ん、正直困りました。左写真のレコードジャケットを見てもおわかりの通り、確かにホントは「いくぶん陽気なおじさんソウルディスコ」の人たちであると思うのです。でも、その笑顔の裏に隠されたとて〜も恥ずかしい一面についても、ここでは触れなければなりません。

まずはこの人たちの素性について。アメリカ南部のサザンソウル音楽の本場であるミシシッピで結成された5人組ファンクバンドで、Sho-Nuffとは、英語の「そんで案の定」とか「いやはや思ったとおりに」などの意味を持つ「Sure enough,...」の黒人スラングの発音形です。ディスコブーム絶頂期の1978年、サザンソウルの中心レーベルであるスタックス(Stax)から「From The Gut To The Butt」というデビューアルバムをリリースしました。

続いて1980、82年には、同じくサザンソウルの発信源だったMalacoレーベルから「Tonite」と「Stand Up For Love」というアルバムをそれぞれリリース。しかし、これ以降はすっかり音沙汰がなくなってしまいました。

3枚のアルバムともに、情感豊かに歌い上げるバラード群を主軸に置きつつ、「Tonite」や「Smile」みたいにファンク/ディスコの雰囲気にも溢れていて相当に楽しめるのですけど、ヒット曲は皆無。78年に「I Live Across The Street」(米R&Bチャート93位)、「What Am I Gonna Do」(81年、82位)というバラードが下位にチャートインした程度です。

ところが、本国で行き場がなくなってしまった直後の1983年のこと、世にも不思議なディスコシングルをなんと日本で秘かに発売していたのです。邦題は、のっけから意味不明な「ヤキ!ヤキ!不思議な媚薬」(洋題は「Yakki Yakki」=今ならeBayでちょっと視聴可能)となっております。

この曲は、ずいぶん前に紹介した「ディスコ歌謡」CDシリーズのキングレコード編に収録されておりまして、あらためて聴いたところ、曲調は一般的なファンクディスコの風情でありながら、歌詞内容はやっぱり奇妙奇天烈摩訶不思議、抱腹絶倒笑止千万なお気楽ぶり。イントロから「イ〜モ〜、イシヤキ〜モ〜。ハイッ!イラシャイマセ!ドモドモ!ヤキ、ヤキ、ヤキ、ヤッキイモ〜〜〜♪」てな調子で脱力必至の「変なガイジン日本語」がぽんぽん飛び出します。

ついでに、「フジヤマ、ゲイシャ、スキヤキ、ギュウドン」などなど、まったくやきいもに関係のない単語まで容赦なく降り注ぐ有様。もうせっかく渋くてゴスペルフレーバー満載のサザンソウルなグループだったのに、正真正銘のおちゃらけディスコバンドに変貌してしまったわけです。

もっとも、70年代から80年代半ばにかけて、お笑い和製ディスコはけっこう世に出ておりましたから、こんなことも不思議ではありません。特に、同じキングレコードからは、同様に落ち目だったサザンソウルのグループ「エボニー・ウェッブ(Ebony Webb)」の「ディスコお富さん」という猛烈におバカさんな最高傑作が1978年にリリースされて、かなりヒットしましたし。ディスコの真髄「なんでもあり精神」からすれば、むしろ大歓迎の展開だったといえるかもしれません。

それにしても、サザンソウルから「やきいも」とはあまりにも哀しい。どんな誘い文句ではるばる日本に出稼ぎにやってきて、どんな気持ちでレコーディングに臨んだのでしょうか。私も聴いていて最初は大笑いしてましたけど、やがて涙が止まらなくなってしまいました。

この人たちのCDは、ときどき思い出したように発売されます。上写真は、最後の3枚目アルバム「Stand Up For Love」をあしらった96年発売の国内P-Vine盤で、「Stand Up…」とその前の「Tonite」の全曲が1枚のCDに収録されています。最近、この2枚のアルバムが再び日本から紙ジャケット仕様でCD発売されていますが、またすぐにレア化して、忘却の彼方へと旅立つことでしょう。

パトリース・ラッシェン (Patrice Rushen)

Patrice Rushenいやあ、いつもながら唐突です。今回は極めて正統派の女性R&Bアーチスト、パトリース・ラッシェンとまいりましょう。

左写真は82年発売の代表的アルバム「Straight From The Heart」です。邦題はなんと「ハート泥棒」! そんなきゃわゆ〜いタイトルをひっさげ、ちょいと往年の南沙織(古い)ばりのアイドル顔で登場しているのですが、実は幼いころからジャズピアノの天才少女として騒がれ、ギターもパーカッションも難なくこなしたという、相当に伊賀流忍者な手だれ演奏家だったのです。

代表曲は、なんといってもこのアルバムに入っているダンスチューン「フォゲット・ミー・ナッツ(Forget Me Nots)」(全米R&Bチャート4位、一般23位、ディスコ2位)。イントロ途中でやおら始まるハンドクラップと「ピン、ピン、ピン、ピン♪」という律儀なおとぼけ電子リズムが印象的でして、かなりの人が一度は聞いたことがある旋律と思われます。

1954年、米ロサンゼルス生まれのパトリースさんは、音楽好きの親の影響で5歳のときにクラシックピアノを始めて、高校時代にジャズに開眼。10代後半でメジャーなジャズフェスティバル(Monterey Jazz Festival)のピアノソロ部門に出場して見事優勝し、すんなりとレコードレーベルとの契約を果たします。

1974年のデビューアルバムを含めてジャズのアルバムを3枚出してヒットさせた後、ジャズレーベルからメジャーのエレクトラ(Elektra)・レコードに移籍。78年に「Patrice」という雰囲気を変えた一般向けR&Bアルバムを発売して以降、別のレーベルに移った84年まで計5枚のアルバムをエレクトラから出しました。その楽曲のほとんどは、彼女自身の作によるものです。

この5枚とも、ディスコフロアを意識した内容になっているところが大いなるプラスポイント。お得意のジャズ・フュージョンの雰囲気を濃厚に映しながらも、それ故にこじゃれたダンスチューンが満載になっております。「フォゲット・ミー」以外では、アップテンポでぴょんぴょん飛び跳ねる感じの「Haven't You Heard」(79年、R&B7位、一般42位、ディスコ5位)、軽快なベースラインとサビのコーラスが印象的な「Never Gonna Give You Up」(80年、R&B30位、ディスコ2位)、スローテンポにも合うリズムマシンの名機TR808を駆使した「Feel So Real」(84年、R&B3位、一般78位、ディスコ10位)などがあります。

ただし、アルバムの邦題は、78年から順に「妖精のささやき」(英題:Patrice、78年)、「陽気なレイディ」(Pizzazz、79年)、「おしゃれ専科」(Posh、80年)、「ハート泥棒」(Streight From The Heart、82年)、「夏微風〜サマー・ウインド」(Now、84年)てな具合に、ことごとく夢見る乙女の脱力系です。やはりかなりのアイドル扱いだったのですね。

この5枚の曲調やジャケットのデザインは、「踊らば踊れ、天まで昇れ」の80年前後の能天気ディスコ&ポストディスコ期を反映しており、以前に紹介したイブリン・キングステイシー・ラティソウステファニー・ミルズデニース・ウィリアムスあたりと似たところがあります。

でも、こうした人たちはあくまでもボーカリストとして勝負していたのに対し、パトリースさんはピアノを軸としたミュージシャンとして売り出していた点に違いがあります。…というわけで、ボーカル力については「いま一つ!」との声もありましたが、本当は別にアイドルではなく、小柄な体つきにふさわしい可憐な風情の歌声は、まずまず及第点に達していたと思います。

80年代半ばにはエレクトラからアリスタ・レコードに移籍。ここでは、ジャネット・ジャクソンみたいな歌とPVに果敢に挑戦したものの、ちょいとミッキーマウスみたいな踊りでずっこけてしまいそうな「Watch Out !」(87年、R&B9位、ディスコ22位)というダンストラックをリリースしました。

また、チャート上位には入らなくても、重量ファンクに挑んだ「The Funk Won't Let You Down」(「おしゃれ専科」より)とか、パトリース自身による上品なジャズピアノの旋律が心地よいインスト曲「Number One」(「ハート泥棒」より)とか、珍しく少々シャウト気味に歌う「Break Out」(同じく「ハート泥棒」より」)、スロー系の「Remind Me」(またしても「ハート泥棒」より)などなど、ピーク時間帯から真夜中過ぎのスモールアワーズまで、あまねくフロアを彩る佳作がけっこうあります。

80年代中盤以降は、ヒットを量産する単独アーチストとしてはさすがに勢いを失っていったパトリースさん。それでも、若いころからの実力者ゆえに、リー・リトナーやビル・ウィザーズ、ハービー・メイソン、クインシー・ジョーンズ、カルロス・サンタナといったジャズ・フュージョン界の大物らとの親交が深く、ジャズのセッションミュージシャンや作曲家、音楽監督としての活躍は続きました。ソウル音楽の海外著名ウェッブサイト「SoulMusic.com」でのインタビューによると、これまで制作に関わったアルバムは計1,000枚近いといいますから驚きです。

それに、ディスコ時代から良作が多かったため、後年にはサンプリングされることも非常に多かった人です。だからこそ、多くの人の耳に残る旋律が多いともいえます。特に「フォゲット・ミー」は、ウィル・スミス主演の大ヒット映画「メン・イン・ブラック」(97年公開)のテーマ曲に使われたことでも知られます。

しかも、現在はなんと名門バークレー音楽大学の教授というご身分。ディスコ時代にはた〜っぷり茶目っ気を見せたとはいえ、最終的にはジャ〜ズに回帰し、まさに多芸多才の正統派音楽家として王道を歩んだのでした。

CDについては各アルバム、ベスト盤ともに、R&B時代を中心に豊富に出ております。中でも下右写真の英国Edsel盤2枚組CDは、エレクトラ時代の70年代後半に発売した3枚の全曲と12インチバージョンが網羅されていてお得感があると思います。このシリーズは2作ありまして、「ハート泥棒」など80年代前半のアルバム2枚の全曲と12インチバージョンを収録した2作目を入手すると、エレクトラ時代の5枚がすべて聴けるという趣向になっています。

Patrice Rushen2

スターズ・オン・45 (Stars On 45)

Stars On 45今回は「ディスコ好きなら一度は通る道」、「ショッキング・ビートルズ」でおなじみのスターズ・オン45で〜す。

1970年代末、オランダで結成された無名のセッションミュージシャン集団。音頭を取ったのは、かつて当ブログの「ロックなディスコ」でちょっと取り上げたオランダの老舗人気バンドのゴールデン・イヤリングの元ドラマー、Jaap Eggermontなる人物です。ポール・マッカートニーやジョン・レノンに声がそっくりのボーカルを探してきて、にわか作りのつぎはぎビートルズ・ヒットメドレーをリリース。アーチストの創造性ではなく、「これやったらウケるんじゃね?」のノリで実現した典型的な企画モノです。

えっ?「いかがわしくて、いかさまで、インチキ」だって?…その通り!でもそんなまがい物精神こそが、「なんでもあり」ディスコ文化の真髄です。しかつめらしく「ゴホン! ええ、そもそもディスコとは…」なんて理屈を説いては元も子もありません。ディスコとは、はっちゃけたおめでたさが命。虚実の皮膜を渡りきる、けだし勇敢な試み――「考えるな、感じろ(いやむしろ踊れ)!」なのであります。

ヒットメドレー・ディスコ自体は、それまでもシャラマーリッチー・ファミリービーチボーイズ・メドレーで知られるシー・クルーズ(Sea Cruise)といった数多くのアーチストが手がけているので、特別新しいわけではありません。でも、それらはあくまでも新たなアーチスト自身の声で歌うメドレーであり、「モノまね」ではありませんでした(モノまねだったらそれも面白いけど)。あのビートルズの手ごわい権利関係をクリアしつつ、原曲をとことん忠実に再現し、それにのりのりのディスコビートを絡めた点がユニークだったのです。

実際、驚くなかれ、このシングルは、あれよという間に由緒正しき全米ビルボードヒットチャートで堂々1位(81年4月、米ディスコチャートでは18位)を獲得したのです。ディスコブームが終わった後ですから、これは素直に偉業といえるでしょう。後のディスコ曲に多く見られる「メガミックス」にも通じる百花繚乱な贅沢さを兼ね備え、踊る阿呆を量産してきたのは確かです。もちろん、ディスコの現場でも人気曲でした。

……というわけで、私もまあ、聴き倒しました当時。最初は友人からレコードを借りて、奮発して“高級メタルテープ”に録音し(といっても400円程度の代物だが)、部屋にあったアイワ製ラジカセに入れてがんがん鳴らしていたものです。特にLPに入っているロングバージョンだと15分以上もあるので、鼓膜にこびりつくほどたっぷりと楽しめました。

しかし、そんな能天気に乗せられがちな私も、「さすがに安易過ぎる!」と、徐々に義憤を感じ始めました。気がついてみたら、彼らはアバだのスティービー・ワンダーだのローリング・ストーンズだのスペンサー・デイビス・グループ(これは渋い)だのと、ほかの大物たちの同系統の「ショッキングもの」メドレーを次々と世に送り出していたのです! しかも、ビートルズ以降の「似てる度」は微妙に低下し、“2匹目のドジョウ作戦”に飽き飽きしてきたのでありました。残念ながら、もはやショッキングではありません。

セールス的にもビートルズメドレー以外はふるわず、ディスコ界では栄えある「一発屋」(One Hit Wonder)の称号を得たスターズ・オン45。でも、何年も聴いていないと不思議とまた、古ぼけたレコードやCDに手が伸びてしまう魅力だけは、なんとなくある。そんなわけで、私のような人間がけっこう多いのか、再発CDは今も世界の市場でかなり出回っております。写真は国内ベスト盤(ビクター)全2巻のうちの1巻目。どのメドレーも似通った展開ではありますが、四の五の言わず、「あはははははははっ!」と頭を真っ白にして踊るには最適かと思われます。

クイック (Kwick)

Kwick 1980_2「3K」シリーズのしんがりは、黒人4人組ボーカルグループのクイック。米テネシー州メンフィス出身で、1960年代後半から、地元の黒人音楽の拠点であるスタックス(Stax)レーベルで「ザ・ニューカマーズ(The Newcomers)」という名前で活動していました。

このころは、「Pin The Tail On The Donkey」(71年、米R&Bチャート28位)という自前の小ヒットも出したものの、同じメンフィス出身のアル・グリーンや同じスタックスレーベルのバーケイズエモーションズなど、別の大物ミュージシャンたちのバックコーラスとか前座として主に活躍しておりました。

長年の下積みを経て心機一転、名前をKwickと変えて、EMIレーベルから初の8曲入り本格アルバム「Kwick」(写真)をリリースしたのは1980年のこと。プロデューサーは、スタックスの数々のトップミュージシャンを手がけたアレン・ジョーンズ(Allen Jones)。これがまたかなりディスコテークな内容で、もはやディスコなんてアメリカではNGワードになりかけていたにもかかわらず、ジャケット写真同様に元気いっぱいな楽曲が目白押しになっています。

特に、シングルカットされたA面1曲目「I Want To Dance With You」では、お約束のシンセドラムの「ぴゅんぴゅんぽんぽこ」音が随所に鳴り響き、ぐいぐい踊り心を揺さぶります。リズム展開が、同時代のあの奇天烈ファンキーチューン「Double Dutch Bus」(Frankie Smith、80年、R&B1位、ディスコ51位)や、「都会派ディスコ」GQの「Disco Night」(79年、同1位、同3位)に似た感じ。ディスコ的には熱烈に好感の持てる一曲です。

ほかの7曲を聴いてみても、バーケイズやリック・ジェームスばりの「うねうねシンセサイザー」が飛び出したかと思うと(A3「Can't Help Myself」とか)、80年代前期ブラコンの定番「ぶいぶいシンセベース」で腹の底がひっくり返されるような重量感を演出(A4「Serious Business」とか)しています。おまけに、70年代末期みたいな折り目正しい「四つ打ちもろディスコ」まで秘かに紛れ込ませる始末(B1「We Ought To Be Dance」)。圧倒的な“腰浮きファンク”ぶりとなっております。

・・・とまあ、けっこう惚れ惚れする「うきうきアゲアゲ」アルバムになっているわけですが、セールス的に今ひとつだったというのも、この手のディスコファンクグループのお約束です。クイックになってからの最大のヒット曲が、このアルバムB面3曲目のスローバラード「Let This Moment Be Forever」(R&B20位)だったというのは、(私的には)なんだか皮肉です。でもまあ、もともとのウリがコーラスなわけですから、不自然ではないのかもしれません。

クイックは翌81年、プロデューサーをはじめほぼ同じ制作陣で「To The Point」というアルバムをリリース。今度はもっとあからさまにシンセサイザー音を前面に出し、エレクトロファンクなノリを加えて勝負しましたが、前作を超えることはできませんでした。結局、クイックは83年に出したもう一枚のアルバム「Foreplay」を最後に、表舞台から消え去ることとなりました。

それでも、「To The Point」でいうと、「まるでジャクソンズ!」というべき「Shake Till Your Body Break」は秀逸。マイケルたちの「Shake Your Body To The Ground」をもろに意識していますが、ディスコならではのちょっとした小っ恥ずかしさが素敵です。ほかにも、イントロで展開するのんびり感あふれる電子音が哀愁を誘う「Nightlife」、「You're The Kind Of Girl I Like」など、味わい深いディスコファンクが含まれています。

こうしてみてみると、ディスコ的には、地味ながらも一応ツボを押さえた曲群を世に放っていたように思います。 商業的に成功させようとする意図が露骨に見える痛々しさはあるにせよ、フロアで「非盛り上がり時間帯」にゆらゆらと流してみたり、家の中でゆったりと聞き流すにはほどよいグループだと思っています。「ビギナーとマニアックの狭間」を行くディスコ堂のブログ趣旨からしても、外せない人々です。

この人たちの再発CDは、1年ほど前にようやく発売となりました(英Expansion盤)。上記2枚のアルバムが1枚のCDに入っているお得盤であります。 

クリーク (Klique)

Kliqueいやあクリスマスなんてあっという間に終わり、暮れも押し迫ってまいりました。きょうはまず手始めに、「ホップ、ステップ、ジャンプ!」とか、ハロウィンの「トリック オア トリート!(Trick or treat !)」の要領で、「クリーク、クリーア、クイック!」と幸せを呼ぶおまじないを3回つぶやいてみてください。

…というわけで、今回はそんな舌を噛みそうな「Klique」「Kleeer」「Kwick」の「似たようなファンクディスコ3K軍団」の一角を占める「クリーク」について、唐突かつ元気に取り上げてみましょう。

英語で「徒党」を意味するClique(クリーク)をもじったと思われるKliqueは、知名度的にはかなり地味ながら、80年代初頭、シンセサイザーのベース音(シンセベース=ぶいぶいシンセ)を駆使した曲を次々に繰り出し、ダンスフロアの名わき役となりました。

米ロサンゼルスのアイザック・サザーズ(Issac Suthers)と妹デボラ・ハンター(Deborah Hunter)、そしてハワード・ハンツベリー(Howard Huntsberry)で構成するシャラマーみたいな男女3人組。1981年にデビューアルバム「It's Winning Time」を発表し、シングル「Love's Dance」が米R&Bチャート24位に入る中ヒットを記録しました。

この曲は、コン・ファンク・シャンのマイケル・クーパー(Michael Cooper)の作曲で、けっこうダンスクラシックとして人気の曲。とはいえ、リズム進行が「よっこらしょ、どっこいしょ♪」な曲でして、踊っていても“天竜川下りの船頭さん”を彷彿とさせてなんだか愉快です。

翌82年には、2枚目のアルバム「Let's Wear It Out!」(写真)を発表。全編アーバンなダンス風味に仕上がっているのですけど、この中からは「Dance Like Crazy (Let's Wear It Out)」(R&B39位)と「I Can’t Shake This Feeling」(同47位)が少しばかりヒットしました。特に「I Can't Shake…」は、爽やかでキャッチーなメロディーラインが特徴。私自身も高校生のころ、同じディスコ好きの友人宅で執拗に聞かされていたので、かなり印象深い曲です。

さらに、83年には3枚目「Try It Out」を発表。やはりダンス系が多く収録されているものの、バラードのシングルカット「Stop Doggin' Me Around」が米R&Bチャートで2位まで上昇する大ヒットとなりました。この曲は往年のソウル歌手ジャッキー・ウィルソンが60年に放った大ヒット「Doggin' Around」(R&B1位)が原曲。リードボーカルのハワードの声質はジャッキーにそっくりだったこともあり、非常にうまくいったリメイクといえるでしょう。

クリークはその後もう1枚、85年に「Love Cycles」というアルバムをリリースし、再びジャッキーのバラードヒットのリメイク「A Woman, A Lover, A Friend」がR&B15位に。アルバム全体をみれば、「Breakin'... There's No Stopping Us」(84年、米R&Bチャート3位、一般9位、ディスコ1位)のブレイクダンス大ヒットで知られるオリー・ブラウン(Ollie Brown)などが参加し、時代を象徴してシンセサイザーやドラムマシーンがますます存在感を発揮するダンス曲が多くて面白い内容なのですけど、どうにも大ヒットにはつながらなかったのでした。ジャッキー・ウィルソンのリメイクばかりが注目されて、個性を発揮するまでには至らなかったのかもしれません。

結局は凡庸なディスコファンクバンドの域を出られなかった彼らですが、ヒット曲は少なくても、どのアルバムも80年代ダンスクラシックの「名わき役」として聴けば、なかなか侮れない完成度になっていると思います。近年は「Let's Wear It Out」や「Try It Out」などのCD化もひそかに実現しています。

さて次回は、この流れでいくとKleeerということになりましょうか。年明けにまた考えま〜す!ディスコフリークの皆さま、よいお年をお迎えくださいませ。

ディー・シー・リー (Dee C. Lee)

Dee C  Lee秋は深まり、空気が冷たく澄んでまいりました。今回は美貌の英国産歌姫、ディー・シー・リー(Dee C. Lee)と参りましょう。

1961年生まれの彼女が放った唯一のヒット曲は、1985年の麗しバラード「See The Day」。でも、本国英国では3位まで上昇しましたが、アメリカその他の国々ではほぼ無名。美貌という点では、同時期に大活躍したホイットニー・ヒューストンにも似た感じですけど、歌のうまさ、人気の点では足元にも及びません。ゆえに一発屋というわけです。

……いやあ、いきなりネガティブ評価で申し訳ありませんが、私が今回彼女を取り上げたのは、「シャイニー・シャイニー」のハイジ―・ファンテイジーを紹介した前回からの流れで、心臓破りな「懐かしの体力消耗高速ディスコ」の一つとして取り上げておきたかったからです。

実は、「See The Day」とソロデビューアルバム「Shrine」(1986年)をリリースする以前、あのワム!やスタイル・カウンシルのバックボーカルを務めていました。スタイル・カウンシルのポール・ウェラーとは一時期、なんと結婚もしていました。つまり、超大物アーチストの周辺に影武者として存在しつつ、かなりの下積みを経て、1つのヒット曲をなんとか世に送り出した苦労人なのでした。

私がまず注目したいのは、その下積み時代の1984年に単発シングルで発売した「Yippee-Yi-Yay!」という曲。これがまた、当時の札幌のディスコでやたらと耳にした覚えがあるのです。なんだか杏里の「キャッツ・アイ」にも似た軽〜いポップチューンでして、サビの謎の擬声語フレーズ「ユピヤイエイ!ユピヤイエイ!」(日本語で言えば「嬉しくてウッキャッキャー!」みたいな感じ)がとっても印象的だったのでした。

ディスコでこの曲名を知った私は、さっそく街中の輸入盤店で探してみましたが、どうしても見つからず。けれども、なぜかレコードレンタル店で12インチがありましたので、借りてきて、「ユピヤイエイ!」と叫びながら嬉々としてカセットテープに録音した記憶があります。

テンポはBPM(1分あたり拍数)で150ぐらい。快適な有酸素運動中の人間の心拍数はBPM130前後であり、それがそのまま、一般的なアゲアゲディスコのBPMとも概ね一致するわけですが(例えば「君の瞳に恋してる」がBPM130)、そんな標準値を大きく上回っております。当時は、極めて盛り上がった時間帯にかかっていた記憶があります。目がくるくる回ってとってもハッピーな気分になることウケアイですけど、いま踊ったら、文字通り心臓が心配です。

もう一つ、この「ユピヤイ」の一つ前に出したシングル「Salina Wow Wow」(サリナ・ワウ・ワウ、1984年)も、多少ディスコで聞いたことがあります。こちらは、一転してなんだかおっとりした曲調。スティービーワンダーの「ハッピーバースデー」みたいなイントロで控え目にスタートした後、人を食ったような調子のボーカルが恐る恐る入ってくるという正直、おとぼけなミデアムチューンとなっております。

CDですが、すこぶるマイナーであるがゆえに諦めていたところ、つい最近になって英国のチェリーポップ(Cherry Pop)レーベルから発売になりました(写真)。しかも、無謀にもなんと2枚組!1枚目は「See The Day」が入った「Shrine」で、ボーナストラック満載の2枚目の方は、幻の「ユピヤイ」の12インチバージョンと小粋でいなせなダブバージョン、それに「サリワウ」の12インチバージョンまで収録という徹底ぶりで驚きです。私も、失礼なことを言う割には結構好きでしたので、さっそく購入いたしましたとさ。

ヘイジー・ファンテイジー (Haysi Fantaizee)

Haysi Fantayzee変テコなものはすべからくディスコです――。と、さりげなく断定しちまったところで、今回はヘイジー・ファンテイジーというグループを取り上げてみましょう。

1981年、イギリス人の ジェレミー・ヒーリー(Jeremy Healy)、ケイト・ガーナー(Kate Garner), ポール・キャプリン(Paul Caplin)の3人で結成した典型的な英国ニューウェーブバンド。中でも、前面に出てくるボーカルのジェレミーとケイトの風貌と、歌詞のユニークな掛け合いが特徴でした。

代表曲は、「John Wayne Is Big Leggy(邦題:正義の味方ジョンウェイン)」(82年)と「Shiny Shiny(シャイニー・シャイニー)」(83年)で、英国を中心にヒット。どちらも、以前紹介したデキシーズ・ミッドナイト・ランナーズみたいなヒルビリーでカントリーっぽい曲調になっておりますが、もっと奇天烈で意表を突いた陽気さがあふれかえっております。

特にシャイニー・シャイニーは、地元札幌のディスコではときどき耳にしました。これまた以前に紹介したアップテンポ・スカビートのスペシャルズリトルビッチ」のごとく、もの凄くアップテンポな体力消耗ダンスチューンなのですが、素朴なバイオリンの音色に乗って突如「シャイニー♪、シャイニー♪」と大らかに連呼するわらべ歌みたいな展開には、底知れぬ好感と違和感を抱いたものでした。

なにしろ、揶揄しているとはいえ「ザ・アメリカン西部劇ヒーロー」ジョン・ウェインが登場するほどですので、曲がカントリー風味なのは当然だとしても、そこにキックの強いディスコやロックのビートを絡ませるところは、さすがに「なんでも試してやる!」的な英国バンドの真骨頂。移民に寛容で自由を重んじつつ、極度に保守的な面もあるアメリカだと、ちょうど今のアメリカ議会のように、カントリー(共和党)とディスコ(民主党)なんて反発し合ってなかなか融合しないわけですからね。

巷では「イギリス版バービーボーイズ」との呼び声も高かった彼らですが(ウソ)、当時のプロモーションビデオなどを見ますと、ややふてくされた表情の長身ケイトと、常にくねくねとクラゲのような動きを見せるジェレミーが、陰と陽の奇妙なコンビネーションを醸しているように思います。

実は、ジェレミーは前回登場のカルチャークラブのボーイ・ジョージとは級友で、ロンドンの伝説のクラブ「ブリッツ」にもよく一緒に出入りしていたといいます。そういえば、ヘイジーのファッションセンスや風貌も、なんとなくボーイと似た感じです。

けれども、ボーイ・ジョージの一層強烈なキャラクターもさることながら、メジャーレーベルの全面的なバックアップも得ていた時代の寵児カルチャークラブとは、人気面でも音楽的な完成度の点でもどうしても差がついてしまいました。上記2曲が収録された「Battle Hymns For Children Singing」というアルバムを1枚出した後、結成からわずか2年後の83年に活動を停止してしまったのでした。その後、ジェレミーはDJやリミキサーの裏方、ケイトはカメラマンとして主に活動することになります。ここでも意表を突いています。

奇をてらい過ぎたのがよくなかったのか、結果的には短命に終わったヘイジーですが、今もこのころの音楽を愛する好事家たちには人気が高い人々です。CDも数年前にベスト盤(!)が発売されましたので(上写真)、異様に明るいダンスミュージックをボリューム全開にかけて、家族そろって大らかに盛り上がるのもよいかもしれません。

カルチャークラブ (Culture Club)

Culture Club 21980年代初頭に艶やかに登場したのが、英国ポップバンドのカルチャークラブ。とりわけリードボーカルの中心人物ボーイ・ジョージの伸びやかな歌声、そしてなによりも中性的な衣装や髪形が大人気となり、センセーショナルなビッグアーチストになりました。

1961年生まれのボーイ・ジョージは、子供のころからド派手なファッションに身を包み、かなり変わった人物とみられていました。多くのミュージシャンが輩出したロンドンのクラブ「ブリッツ(The Blitz)」に常連として通い詰め、ライブ演奏もするうちに有名になり、音楽活動を本格化させました。

最初は、セックス・ピストルズを手掛けた音楽プロデューサーであるマルコム・マクラーレンに見出され、Bow Bow Wowというニューウェーブバンドのライブに参加するなどしていましたが、82年に自らカルチャークラブを結成し、デビューアルバム「Kissing To Be Clever」(写真)を発表。レゲエ・ダブ調のバラード「Do You Really Want To Hurt Me (邦題:君は完璧さ)・」が、全米一般シングルチャート2位に上昇する大ヒットとなります。

その後も「Karma Chameleon (カーマは気まぐれ)」(一般1位、全米ディスコチャート3位)、「Miss Me Blind (ミス・ミー・ブラインド)」(一般5位、ディスコ10位)など、しばらくは怒涛の躍進ぶりを見せつけました。

この人は、70年代末のディスコブームが去り、多様な音楽の誕生や再生の時期を迎えていた大市場アメリカで受けたのが何より大きかった。ボーイ・ジョージの出で立ちは、MTVでもとてつもなく存在感を発揮していましたし。日本でもアイドル的な人気があり、「君は完璧さ」を含めてディスコでもよく耳にしたものです(踊りにくいけど)。

音楽的には、以前に触れたデュラン・デュランとかスパンダー・バレエと同列のポストパンク時代の英国発ニューウェーブです。それでも、レゲエやカントリーやソウル音楽の要素も入っていて、斬新で洒落た雰囲気も醸していました。ボーイ・ジョージの風貌の奇天烈さに頼っていたわけではなく、結構ちゃんとしたアーチストだったのです。

ところが、1986年に4枚目のアルバム「From Luxury To Heartache」を出したあたりで調子がおかしくなります。ボーイ・ジョージがドラッグ中毒になり、ほとんど活動ができない状態になったからでした。ヒット曲も出なくなり、すっかり過去の人達になっていったのでした。

バンド自体は紆余曲折を経て、90年代後半に再結成し、現在も活動しているようですが、かつての勢いはまったくありません。彼らの公式HPによると、カルチャークラブという名前は、「世界の様々な文化を融合させる」といった意味が込められており、結成当初にはそんな特色もフルに発揮されていたのですが、なんとも寂しげな現状です。

ここでもまた、「一期は夢よ、ただ狂え」(閑吟集)、「この世は幻のごとき一期なり」(蓮如)のディスコ的無常が顔をのぞかせているわけですね。

というわけで、よくある「自業自得のドラッグパターン」ではありますが、その音楽的功績が消え去るわけではないでしょう。各アルバムやベスト盤のCDも再発されておりますので、私もたまに聴いて往時をしみじみと偲んでおります。
CDのライナーノーツ書きました(自己宣伝)


たまには「ボカロでYMCA」
キュート奇天烈でよろし。
本業分野の著書!(自己宣伝)


初証言でつづる昭和国会裏面史!
著書です!(自己宣伝)


キーワードは意外に「ディスコ」。
TOEIC930点への独学法とは…
livedoor プロフィール
Archives
検索してみよう!

このブログ内
ウェッブ全体
訪問者数(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最近の訪問者数(UU)

    Recent Comments
    blogramボタン
    blogram投票ボタン
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ