ディスコ堂 by mrkick

音楽に貴賎なし ―Discoの考察とCD批評

イタロ

チェンジ (Change)

Change1980年代に登場した「チェンジ」は、茶化すことなどとてもできない正統派R&Bディスコグループ。押しも押されぬ「うた職人」ルーサー・ヴァンドロスの小粋でメロウなボーカルには、誰もがうっとりすることうけあいです。

1970年代後半にディスコヒットを数多く飛ばしたイタリア人の「ディスコ仕掛け人」であるジャックス・フレッド・ぺトラス(Jacques Fred Petrus)が結成させた、イタリア系グループです。自らプロデューサーとなり、相棒のイタリア人作曲家マウロ・マラバシ(Mauro Malavasi)とともに1980年にデビューアルバム「The Glow Of Love」(左写真)を制作。ソロとして売り出す前のルーサーさんがいずれもリードボーカルの表題曲シングルと「踊りにくくて繋ぎにくい」シャッフルビートの「Searching」、それにコーラス中心の「A Lover's Holiday」は、全米ビルボードディスコチャートで1位に輝きました。

大成功したこのデビューアルバムには、私の一番のお気に入りのAngel In My Pocketという小気味よいアップテンポ・ディスコも入っています。ここではなんと「ディスコディーバ」ジョセリン・ブラウンさんがリードボーカル。いつもながら伸びのあるボーカルはもちろんのこと、イントロからの「ビロン!」と跳ね上げるベースライン、それにタイミングよく入ってくる格調高きストリングスが、忘れかけていた踊り心を否応なしにくすぐります。

翌81年には2作目「Miracles」を発表。この年、ルーサーさんはソロになって「ネバー・トゥー・マッチ」をメロメロメロウに大ヒットさせましたので、今回はバックボーカル程度。けれども、日本でもサーファーディスコとして大ヒットした「Paradise」と「Hold Tight」(ともに米ディスコ1位)は、前作のR&Bディスコの雰囲気を踏襲した佳作となっております。

このアルバム2作とも、なんだか往年のシックみたいな曲調ばかりではありますが、世界中で定着してきたシンセサイザーを本格的に導入して、もう少し音に厚みを持たせているのが特徴といえましょう。

翌82年に発表した3作目「Sharing Your Love」では、元ファットバック・バンドのボーカルで、後に「C+C Music Factory」で「ディーパー、ディーパー♪♪(ヒット作Deeper Loveより)」と雄たけびを上げるデボラ・クーパー(Deborah Cooper)らをリードボーカルに据え、「The Very Best In You」(米R&Bチャート16位、ディスコ30位)、「Hard Times」、「Oh What A Night」といったダンスチューンを小ヒットさせました。さすがに息切れしてきたようで、曲がどれも似通ってきたのは仕方ないところですね。

それでも、84年にはこれまたディスコの重要人物コンビであるジャム&ルイス(Jimmy Jam & Terry Lewis)をプロデューサーに起用。SOSバンドに代表される2人の特徴がモロに浮き出ている「Change Of Heart」は、R&Bチャートで7位まで上昇するヒットとなりました。

そして1985年、「Turn On Your Radio」を発表したのを最後に、グループは解散。翌86年には仕掛け人のジャックス・フレッドが謎の多い殺人事件で死亡(享年39)。チェンジは完全に過去の人たちになってしまったのでした。

このグループは、ジャックス・フレッドが中心だったため基本的にイタリア系といえますが、制作の多くは米国内で行われ、主に米市場で成功しています。「Walking On A Music」みたいなおバカでラテンで陽気なサウンドを源流とするイタロディスコと、シックでアーバンでニューヨーカーなR&Bサウンドが、とてもうまく融合した一例だったとはいえるでしょう。例えば、デビュー作には、「The End」というインストの不思議なシンセサイザーディスコ曲が含まれています。めちゃめちゃ浮いていて違和感があるのですけど、彼らの結成の経緯や背景を考えれば、うなずけるものがあるのです。

CDはまずまず再発されています。特に最近、発売された「The Glow Of Love / Miracles (Special Edition)」(英Harmless盤、右下写真)は、ルーサー・ヴァンドロスがいたころの全盛期のアルバム2枚全曲と12インチバージョン数曲が収録されていてお得感があると思います。

Change2





ロフォ (Rofo)

Rofo今回もイタロディスコの代表選手ロフォ。ベルギーのミュージシャンFonny De Wulfらが主軸を担ったディスコグループです。

重厚で斬新なシンセサイザー・アレンジとボコーダーの歌声が印象的な「Flashdance On The Discofloowr」(上写真、1983年)のほか、「You've Got To Move It On」(84年)、「I Want You」(85年)といったダンスフロアヒットを欧州、日本を中心に飛ばしました。私自身もディスコで聞いて、“あくまで陽気かつ複雑な”シンセの音色が気に入り、すぐさまレコードを買いに走った記憶があります。80年代初期を代表する、完成度の高いイタロディスコだと今でも思っております。

ロフォは80年代半ば以降は、後にソロでもイタロ系のディスコヒットを連発したジョン・サウリをボーカルに迎えました。中でも上記の「I Want You」については、同じベルギーの“歌姫”サマンサ・ジルズ(以前の投稿参照)とデュエットした「リミックス」バージョン(下のヘンな犬ジャケ写真)があります。マニアの間では非常に人気があるバージョンで、後半の2人の男女ボーカルの掛け合いが見事で、とても聴き応えがあります。

「I Want You」の後も「Beach Love」「Rofo´s Theme」、 「Tonight Is The Night」 といったイタロの佳作を発表しておりますが、ご他聞に漏れず90年代に入ると人気は失速していきました。

80年代の日本と欧州で隆盛を極めたイタロディスコは当然ながらイタリアが発祥ですが、実に多種多様であり、イタリア産だけとは限りません。ドイツ産もあればスペイン産、オランダ産、北欧産もあります。つまり、Italo DiscoはジャンルであってItalian Discoではないのです。欧州全般のディスコを指す「ユーロディスコ」の範疇に入るといえます。イタロ・ディスコ(Italo Disco)という表現自体、ドイツの大手レーベル「ZYX」が80年代前半に最初に使用し始めたといわれています。ロフォにしても、国籍で言えばベルギーなわけですからね。

イタロディスコの最大の原点は、ジョルジオ・モロダーをはじめ、セローン、スペース、イージー・ゴーイング、テレックスといった70年代後半の欧州各地のアーチストによるシンセサイザー・ディスコにあります。80年代に入り、微妙にスタイルは違えども、パトリック・カウリー、ボビー・オーランドなどの米国勢やストック・エイトケン・ウォーターマン(SAW)、イアン・レヴィーンなどの英国勢、トランスX、ライムなどのカナダ勢、モダン・トーキング、 ファンシーなどのドイツ勢も同系列の戦線に加わり、まさに百花繚乱の状況となりました。

とりわけ日本での人気は絶大で、ちょうど円高のバブル経済期と重なったこともあり、大量にイタロディスコが輸入された時期があります。シンセサイザー(YAMAHA、ROLAND・・・)になじみがある“電子テクノロジー立国”だというだけはなく、イタロディスコが醸し出すどこか牧歌的で叙情的なメロディーが“和の懐かしさ”を呼び起こすのでしょうか。その後も、輸入イタロを継承する形で、Avexレーベルなどが推進した日本独自の「ユーロビート」の音楽文化を確立し、世界ポピュラーミュージック・シーンの中でも独特の位置を占めています。

では、本家欧州でのイタロの行く末はどうなったのでしょうか。スペインに住む私の「ディスコ友達」(!)で、スペインのディスコ・クラブ系レーベル「Blanco y Negro」に勤めるJosep Punset氏(42)はちょうど2〜3日前、メールでこんなことを言っていました。「昔、『Max Music』というレーベルでイタロディスコの音楽エンジニアとして働いていたころ、スペインを含む欧州には良質な曲が大量にあった。毎週のように新しくて面白い曲が世に出ていたよ。(輸出先として)日本は大市場で、私自身音楽エンジニアとして何度も制作に関わったことがあるデヴィッド・ライムが、日本で大人気だということも有名だった。ただ、近年はこの系統の曲は、まったく面白みがなく売れそうもない曲が多い。エレクトロなどの新しい楽曲を試聴してもどれも同じに聞こえるし、スタイル的にも80年代や90年代のパクリだ。Blanco y Negroも経営的に苦しい状況なんだよ。給料も安いんだ…」。

シンセサイザー系のダンス曲がどれも同じに聞こえるというのは、私も長年感じていましたし(だから80年代まででダンスミュージックを追っかけるのをほぼ止めた)、ほかにもいろんな所で耳にする不満ではあります。サンプリングなどの“曲の再利用”技術が発達する一方、シンセサイザーも過度に進化して“人間離れ”してしまった今、「イタロ発祥の地」欧州でもダンスミュージックは過渡期にあるようです。

さて、ロフォのCDですが、アルバムについては絶望的な廃盤状態。「Flashlight・・・」や「I Want You」といったヒットシングルについては、上記Blanco y Negroなどが出しているCDコンピにときどき入っています。

Rofo

サブリナ (Sabrina) &イベント告知

Sabrinaさて、今回は「ディスコおねえさん特集」の続きでサブリナ(本名:Sabrina Salerno)です。写真はデビューアルバム「サブリナ」の日本盤CD。80年代後半、ご覧の通りバブリーな容姿で大人気だったアーチストであります。

1968年イタリア生まれ。「地元の美人コンテストで優勝→モデル→歌手」という一般的なパターンを歩んだ彼女は86年、「セクシー・ガール」という曲をリリースして注目されます。続く87年に発売した「ボーイズ」がヨーロッパを中心に世界的なディスコヒットとなったわけです。日本でもバブル・ディスコ時代を代表するアーチストに加えられますね。

ヌード姿やお色気路線のビデオクリップも話題となりました。ディスコ界では珍しくはありませんが、歌の上手い人ではまったくありませんので、最初からもろセクシー(エロ)狙いの歌手だったといえます。男子にとっては「ジャケ買い必至」といえましょうか。な〜んとお下劣!……いや、私も当時、そんな感じで12インチを買ってしまった一人であると告白いたします。

曲のスタイルは、典型的なシンセ打ち込み型のイタロディスコ(ユーロビートでも可)です。上記2曲以外にも、「ライク・ア・ヨーヨー」とか「ホット・ガール」とか「オール・オブ・ミー」などのポップナンバー、さらには「レディー・マーマレード」、「アイム・セクシー」、「マイ・シャローナ」などのリメイクものを数多くリリースし、それぞれ相当な人気を博しました。

売れっ子になったこともあり、プロデューサーやアレンジャーには、ジョルジオ・モロダーラビヨンダストック・エイトケン・ウォーターマンをはじめとするディスコ界の大御所も起用されています。

サブリナさんは歌手活動だけでなく、恵まれたルックスをフルに生かし、舞台女優やテレビタレントとしても活躍しました。日本で言えば、80年代タレントの武田久美子とか伊藤かずえに似た感じですね(特に顔)。

それでも、90年代に入ると「アーチストとしての私」に目覚めたのか、セクシーイメージを払拭しようとして事務所と対立するようになり、セールス的に低迷した時期がありました。それでも90年代後半には無事カムバックを果たし、本国では40代に突入した現在も、かなりの人気を保っているようです(セクシー路線はどうやら“遠い昔”ですが)。

CDは、デビュー当時からけっこう日本盤でも海外盤でも出ていたのですが、最近はほとんどが廃盤になっています。とはいえ、ベスト盤はドイツの「L.T. Series」などからいくつか出ておりまして、入手はそれほど難しくありません。往年のバブリーディスコを堪能したい向きには、このバブリー歌手は欠かせない存在かと思われます。

★★★ところで、今回はちょいとイベント告知を・・・・・・。本ブログのコメント投稿で毎度お世話になっておりますベテランDJ「ボビQ」さんが3月7日、東京・高円寺にてディスコイベント「幕の内ナイト」を再び開催いたします。私もちょくちょく行っておりますが、80年代のハイエナジー&ユーロビート&ニューウェーブを中心に、ロック、パンク、R&Bさらには和モノなど盛りだくさんの内容でして、文字通り“幕の内な夜”を満喫できます。その該博な音楽知識と選曲センスにはいつも感銘を受けております。東京界隈の方はぜひ! 

詳しくは専用サイトをご参照ください↓
http://www.geocities.co.jp/makunouchi_night/
プロフィール

mrkick (Mr. Kick)

「ディスコのことならディスコ堂」----本名・菊地正憲。何かと誤解されるディスコを擁護し、「実は解放と融合の象徴だった」と小さく訴える孤高のディスコ研究家。1965年北海道生まれのバブル世代。本業は雑誌、論壇誌、経済誌などに執筆する元新聞記者のジャーナリスト/ライター/翻訳家。もはや踊る機会はなくなったが、CD&レコードの収集だけは37年前から地味〜に続行中。アドレスは↓
mrkick2000@gmail.com

*「下線リンクのある曲名」をクリックすると、YouTubeなどの音声動画で試聴できます(リンク切れや、動画掲載者の著作権等の問題で削除されている場合はご自身で検索を!)。
*最近多忙のため、曲名質問には基本的にお答えできません。悪しからずご了承ください。
*「ディスコ堂」の記事等の著作権は作者mrkick(菊地正憲)に帰属します。

Archives
検索してみよう!

このブログ内
ウェッブ全体
本業分野の著書!(Amazonリンク)


初証言でつづる昭和国会裏面史!
著書です!(Amazonリンク)


キーワードは意外に「ディスコ」。
TOEIC930点への独学法とは…
CDのライナーノーツ書きました(Amazonリンク)


たまには「ボカロでYMCA」。
キュート奇天烈でよろし。
訪問者数(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最近の訪問者数(UU)

    Recent Comments
    blogramボタン
    blogram投票ボタン
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ