ディスコ堂 by mrkick

音楽に貴賎なし ―Discoの考察とCD批評

イタロディスコ

タントラ (Tantra)

Tantra大晦日だけに今年最後となりますが、ここはひとつ純粋にディスコらしいグループを紹介しておきましょう。幻惑スペーシーディスコの真髄を究めたイタリアの5人組ディスコグループ、タントラ(Tantra)さんたちでありま〜す!

プロデュースを担当したのはCelso Valli(セルソ・ヴァリ)。ほかにもMachoやAzotoなどのギンギンなダンスチューンを70年代後半から80年代半ばにかけて世に送り出していた人でして、Easy Goingのクラウディオ・シモネッティ(Claudio Simonetti)やステファノ・プルガ(Stefano Pulga)、ジョルジオ・モロダーらと共に、イタロディスコのパイオニアの一人に数えられます。

タントラとはインド密教やヒンドゥー教の経典のことですが、その音楽もまさに神秘の精神世界を演出しており、西洋と東洋の音楽的融合、さらにアフリカの大地の祈りをも随所に感じさせる独創的なサウンドが特徴。インストゥルメンタル中心でボーカルは抑え目であり、その後のハウスミュージックにもつながる催眠術系の曲調にもなっております。

代表曲は、なんといっても「The Hills  Of Katmandu」(80年、米ディスコチャート2位)。ヒットはこれだけですので一発屋のカテゴリーに入るのですけど、逆に言えば「この1曲だけでディスコの殿堂入り」も可能なぐらい、発売当時から現在までディスコ好事家たちの人気を集め続けている曲で、アナログシンセサイザーが縦横無尽、うねうねに大展開した佳作となっております。

特に、かのパトリック・カウリーがリミックスを手がけたThe Hills Of Katmanduは、12インチのプレス数が少なかったこともあり「幻の名曲」扱いでした。実際に13分以上もあるそのリミックスを聴いてみると、同様にカウリーさんがリミックスを手がけたドナ・サマーの「I Feel Love」を、さらに果てしなく催眠術系に変貌させた感じです。彼ならではの職人技がちりばめられており、「次はどんなカウリー風うにょうにょ音が入ってくるかな?」とバカ長いのに最後まで飽きさせません。

ほかにも、「Hills of」と同じくオリエンタルな楽器音(シタールなど)が印象深く立ちあらわれてくるWishboneという曲があります。これまた12インチだと15分以上もあるのですが、「単調な反復」の美学を感じさせてくれています。催眠術系がある極限まで達し、気がつけば催眠ならぬ睡眠をも誘ってしまい、太古ヴェーダの修行のごとく、「眠りながら踊る」という未だかつて誰も到達したことがない瞑想の境地をも味わえるかもしれません。

一方で、見事に無難でディスコテークなGet Ready To GoGet Happyといった曲もありまして、いやはや、続けて聴いていってもけっこう飽きずに楽しめるグループなのでありました。

CDは、なんと1年ほど前にどど〜んと復刻・発売となりました(上写真)。以前に取り上げたあの「Disco Discharge」の姉妹シリーズである「Disco Recharge」の一つでして、2枚組となっております。ほぼすべての主要曲とバージョン(パトリック・カウリー・リミックスも)が網羅されていて、新年早々(間もなく)、かなりお勧めではあります。

ケン・ラズロ (Ken Laszlo)

Ken Laszlo忙しさにかまけて更新を怠っておりますが、イタロもので印象深かったアーチストをもう一人。80年代中盤から後半にかかけてヨーロッパで活躍したケン・ラズロです。

86年4月に札幌から東京に移り住んだ頃、既にディスコ産業自体は衰退期に入っており、かつての“ディスコ王国”六本木などに古くからあったディスコは、客の数を減らしていました。割引券を盛んに配るなどして、客を呼び込むのに懸命だったわけですが、「マハラジャ」、「エリア」に代表される派手系ディスコについては「満開イケイケ!」という感じでした。

ときあたかも、日本はバブル経済の真っ只中。昨年公開の映画「バブルへGO!!」(「バブルでGO」ではない)で出てくるような浮かれた雰囲気が、ディスコにも溢れていたわけです。ボディコン、ワンレンの女性たちが狂喜乱舞する「お立ち台」が登場したのもこのころです。今、ディスコのことを尋ねられれば、40歳前後の普通の人は、この懐かしくも空しい「バブルディスコ」を思い出すことでしょう。

そんな派手系ディスコで最も盛り上がっていたジャンルが、文字通りイタリアで量産された「イタロディスコ」でした。つまり、日本で言うユーロビートの初期の曲。80年代前期に流行ったハイエナジーを土台としており、シンセサイザーを多様した豪華絢爛な曲調が特徴です。当時は、どれがどのアーチストなのか分からないくらい、同じようなアップテンポ・ナンバーがフロアに充満していたのを記憶しております。こうした曲が次から次へと繰り出されると、踊っているうちに頭の中が飽和状態になって、酸欠になることウケあいでした。

バブル期のユーロビートには、ストック・エイトケン・ウォーターマンのプロデュースで知られるバナナラマリック・アストリーカイリー・ミノーグあたりの大御所が含まれますが、マイナー系で一番、私の印象に残っているのがケン・ラズロの「トゥナイト」(1985年発売)ですね。上京したての私は、この曲によって「六本木の洗礼」(トホホ)を受けたといっても過言ではありません。

私がフロアでよく聞いたのは、いくつか出たリミックスものの一つ。「トゥ、トゥ、トゥ、トゥナイト♪」といった具合に、今聴くと「くどい!」と思うくらいに何度もサンプリングされたフレーズが出てきていました。「チャ、チャ、チャカーン」「ナ、ナ、ナ、ナ、ナインティー」みたいに、いかにも80年代的な展開です。

ほかのイタロ系アーチストにもいえるのですが、ケン・ラズロのプロフィールははっきりしません。判明したのは、Gianni Corrainiというのが本名らしいということぐらいで、どこの国の人なのかもいまひとつ不明です。

ただ、CDは欧州を中心に何枚か出ています。写真上はイタロ系のレーベルとして知られる独ZYX盤です。ほとんどが12インチバージョンで、日本盤のユーロビートCDシリーズである「ザッツ・ユーロビート」のVol.1にも入っている、「トゥナイト」のリミックス(前述のトゥ、トゥ、トゥ、トゥナイトのサンプリングバージョンとはまた別)も入っています。

ケン・ラズロには、トゥナイトのほかにも、「Hey Hey Guy」、「Don't Cry Tonight」といった曲があり、欧州や日本のディスコではそこそこのヒットとなりました。YouTubeを検索しますと、けいっこう彼の曲がアップされていました。ここではトゥナイトを張っておきましょう。「やる気のない歌いっぷりと白いブーツ」があきらかに印象的です。
CDのライナーノーツ書きました(自己宣伝)


たまには「ボカロでYMCA」
キュート奇天烈でよろし。
本業分野の著書!(自己宣伝)


初証言でつづる昭和国会裏面史!
著書です!(自己宣伝)


キーワードは意外に「ディスコ」。
TOEIC930点への独学法とは…
livedoor プロフィール
Archives
検索してみよう!

このブログ内
ウェッブ全体
訪問者数(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最近の訪問者数(UU)

    Recent Comments
    blogramボタン
    blogram投票ボタン
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ