ディスコ堂 by mrkick

音楽に貴賎なし ―Discoの考察とCD批評

インド

アシャ・プスリ (Aha Puthli)

asha_puthli今回は、少し前に読者の方からリクエストがあった、インドのムンバイ出身の「妖艶系」歌手、アシャ・プスリさんを取り上げてみましょう。なんといっても、そのもわ〜んとした“女性版バリー・ホワイト”みたいな特徴的な声が印象深く、ディスコ的には底ぬけにメロウな「The Devil Is Looose」、「Music Machine」などの曲で知られています。

幼少時にはオペラなどの古典音楽を学び、後に米国に渡って前衛的な歌唱法のジャズ歌手として活動。さらに欧州でも70年代に入って、プレ・ディスコ期のダンス曲「I Am a Song」などを発表しました。世界を股にかけた活動ぶりでして、今やすっかり定着した音楽ジャンルであるワールドミュージックのさきがけとも言える人です。

70年代後半には、ディスコ・アルバムを相次いでリリース。当時流行していた、コスチュームの派手なグラム・ロックの影響を受け、ジャケットもなかなかに個性的なデザインのものがありました。

The Love Is Devil」、「Space Talk」などのしっとりとした曲が多く収録された1976年のアルバム「The Devil Is Loose」(写真)に続き、78年にはJean Vanlooというディスコ・プロデューサーを起用して本格的なディスコアルバム「L'Indiana」を発売。特に「L'Indiana」には、「四つ打ち」ドンドコディスコの王道をゆく「I'm Gonna Dance」、ドナ・サマーばりのアルペジエーター・シンセが炸裂する「There Is A Party Tonight」、やや緊迫したイントロが逆に踊り心を否応なしにくすぐる「Music Machine (Dedication To Studio 54)」といった、スペーシーかつ真っ正直にフロアを意識した楽曲が連なっており、好感度抜群です。

さらに、79年には「1001 Nights of Love」(愛の千一夜)という正統的なディスコアルバムを、80年には「I'm Gonna Kill It Tonight」というちょいとロックっぽいアルバムを発表。その後も精力的に新作を発表し続けました。同時に、美貌を生かして映画出演やモデルとしても人気を博しています。

以前に紹介したマドリーン・ケーンアンドレア・トゥルーアマンダ・レア、それにユニークな美声を誇ったケイト・ブッシュあたりを彷彿させる魅惑系ディスコ歌手として、独特の存在感を発揮したアシャさんですが、低音からソプラノまでぐいぐい伸びる幅広い歌声こそが、彼女の真骨頂と言えるでしょう。

残念ながらヒットチャートを派手ににぎわしたような曲はなく、CD化はほとんどされておりません。日本での知名度もあまりありませんけど、インド出身というだけでも珍しく、それに声質といい曲調といい、かなり異色な実力派女性歌手ですので、ディスコ好きであれば、レコードであっても何枚かコレクションに加えておくと面白いと思います。

彼女は現在も米フロリダ州を拠点に音楽関連の仕事を続けています。私のFacebookの「友だち」でもありますので、簡単にメッセージを送ったところ、「マサノリ、素敵な言葉と私の音楽への愛をありがとう。あなたのブログの読者に紹介してくれてとても感謝しています」といった返事が来ました。

アシャさんの曲はYouTubeに大量にアップロードされておりますし、現在のアーチストによるサンプリングなどでも使用されているようですので、またどこかで脚光を浴びる日が来るかもしれません。

Disco Dancer (ディスコ・ダンサー)

Disco Dancer「ディスコ・ダンサー」は1982年に公開された珍しいインドのディスコ映画。ボリウッド(Bollywood)と呼ばれるインドのボンベイ(ムンバイ)で作られたインドB級映画の傑作の一つで、80年代前半、この国で一大ディスコブームを巻き起こした(といわれています)。

あらすじは、一人の貧しい音楽好きの青年が、金持ち階級の男からの数々のいじめや妨害を乗り越えつつ、大人気ディスコダンサーとなって成功を収めるというもの。

内容はたいしたことはないのですが、なんといっても挿入音楽が面白い。「I Am A Disco Dancer」、「Jimmy Jimmy Aaja」、「Auva Auva Koi Yahan Nache」などなど、読み方のぜんぜん分からないものを含めて、いろんなオリエンタル・ディスコチューンが流れてくるのです。

これらの曲はオリジナルではあるものの、オシビサの「サンシャイン・デイ」、バグルズの「ラジオスターの悲劇」などのお馴染みのディスコヒットから拝借したリフやフレーズが随所に入っていて楽しめます。ただ、ヒンズー語ですので、意味が通じない上に、何曲も続けて聴いてゆくうち、駅前商店街の「粉から作った本格インドカレー屋(インド人経営)」を思い出してしまって困ります。

サントラ(上写真)、DVD(下写真)ともにインド産でして、なかなか入手が難しいのですが、カルトなディスコ好きなら一枚ずつあっても損はないでしょう。ただし、得することもありませんが。「インドにもディスコ映画やディスコ音楽があったのだなあ!」とひとり感激することは可能です。私自身はときどき、お口直しに聴いて悦に入っているのであります。

上記の曲「Jimmy…」については、日本でも人気が高い「スリランカの活動家シンガー」M.I.A.が最近、リメイクしています。こちらもほのぼのしていて、なかなかの佳作だと思います。

Disco Dancer DVD
CDのライナーノーツ書きました(自己宣伝)


たまには「ボカロでYMCA」
キュート奇天烈でよろし。
本業分野の著書!(自己宣伝)


初証言でつづる昭和国会裏面史!
著書です!(自己宣伝)


キーワードは意外に「ディスコ」。
TOEIC930点への独学法とは…
livedoor プロフィール
Archives
検索してみよう!

このブログ内
ウェッブ全体
訪問者数(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最近の訪問者数(UU)

    Recent Comments
    blogramボタン
    blogram投票ボタン
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ