ディスコ堂 by mrkick

音楽に貴賎なし ―Discoの考察とCD批評

オハイオ

デイトン (Dayton)

Dayton_Hot_Funこんにちは、突然思い出したかのように、またまたこっそり“ステルス更新”と参ります!鬱陶しい梅雨空の下、なんだか無性にディスコが聴きたくなりました。……というわけで今回は、意外にバカ明るいディスコファンク界の伏兵「デイトン」を、若干明るく紹介いたしま〜す。

デイトンは、文字通り米オハイオ州デイトンを拠点に活動していた黒人中心のグループ。同じオハイオ産ファンクのオハイオ・プレイヤーズレイクサイドやザップのライバルとまではいきませんでしたが、かな〜りキレッキレでぶいぶいなダンスナンバーを連発していた人たちです。

このグループはディスコブームが終わった直後の1980年、サン(Sun)という正統派ファンクグループにいたリードボーカルのクリス・ジョーンズ(Chris Jones)らが中心となって結成しました。

80年といえば、世界的なディスコブームが終わってしまった直後のころ。そんなこともあり、同年に発売されたデビューアルバムは、オハイオファンクの伝統を受け継ぐシブいファンク路線回帰かと思いきや、どこか吹っ切れたかのようなストレートで明快で分かりやすいディスコ調!いわばシャラマーやダイナスティがいたソーラーレーベルとかEW&Fを髣髴とさせるゴキゲンぶりなのでした。

そのデビューアルバム「Dayton」は、やや重量級ファンクの1曲目「Dank」に続き、70年代後半に戻ったかのようなどんどこアップテンポの「Eyes On You」が炸裂。パーカッションが印象的なラテンフレーバーの3曲目「Let's Go」で多少落ち着きを取り戻し、4、5曲目に再び賑やかなパーティーチューン「Tonight」と「Dayton(Jam)」が繰り出されるという展開。

その後、ザップなどが多用した変てこエフェクター「トークボックス」(トーキング・モジュレーター)を駆使しつつ、キーボードの名機クラビネットの音色がびろんびろんと駆け巡る「Livin' For Today」、お口直しバラードの「So Glad」と続き、最後の8曲目にまたもや70年代後半風ファンクディスコ「Daytime Friend」を持ってきて締めくくるという内容です。

彼らは翌81年には早くも2枚目のアルバム「キューティー・パイ(Cutie Pye)」を発表し、この中から表題曲の軽快なダンスナンバー「キューティー・パイ」がまずまずのヒット(米ビルボードR&Bチャート62位)。メルバ・ムーアらを手掛けたラーニ・ハリス(Rahni Harris)をプロデューサーに迎えた3枚目のアルバム「Hot Fun」(82年)でもファンクディスコ路線を継続し、スローかつメロウなダンスナンバー「Hot Fun In Summertime」が同チャート17位に食い込みました。

さらに83年に発表した4枚目アルバム「Feel The Music」ではややジャズ・フュージョンな風味を取り入れ、ラーニが作曲した「It Must Be Love」(同84位)と「The Sound Of Music」(同89位)が小ヒットしています。

特に後者「The Sound Of...」は、前作の「Hot Fun In…」と同様の爽やかさが溢れかえっており、なんだかEW&Fにも似ています。電子音を取り入れて豪快さとゴージャスさを演出つつ、同時に奥行きのある繊細なメロディーが大展開しています。北海道出身の私などには、昔学校帰りに戯れで近づき過ぎて後ろ足で蹴られそうになったこともある乳牛の群れが、夏の朝霧の中で牧草をのんびりと食んでいる光景がよみがえります。当時のディスコフロアでも聴いたことがありますが、BPMも遅めなので(112ぐらい)、思わずホルスタインのようにゆったり、もっさりと踊ってみたものでした。

さて、ここまで順調に80年代前半を駆け抜けてきたデイトンさんですが、4枚目のアルバムの後はどうにも波に乗り切れませんでした。ヤマハのDXシリーズを始めとするデジタルシンセサイザーが主流になってきた85年に電子音全開の5枚目アルバム「This Time」を発表したものの、セールス的に振るわず、そのまま表舞台からフェードアウトしてしまったのです。

この80年代半ば当時、R&B界の大スターとなったホイットニー・ヒューストンジャネット・ジャクソン、それにカメオバーケイズ、ミッドナイト・スターといった老舗グループがこぞってデジタル技術満開のシンセサイザー音を取り入れて大成功していたのですが、その中で特徴を出し切れず埋もれてしまったようです。

今では私自身もほとんど聴く機会がなくなってしまったデイトン。でも、この投稿を書くために昔のCDをちょいと引っ張り出して聴いてみたら、アラ不思議。予想以上にアゲアゲなダンサブルさに感激ひとしおです。もちろん、前記「The Sound Of Music」では、40年前の学校近くの牧草地を思い起こし、感涙にむせぶこと暫し。矢も楯もたまらず、往年のディスコキング時代(ウソ)の華麗なダンスを思い出し、居間でくねくね踊ってみたら、腰を思い切りひねってしまいましたとさ(トホホ)。

CDはほぼ全部のアルバムが再発されており、いずれも3,000円前後で入手可能です。写真は代表作「Hot Fun」(紙ジャケ国内盤)。80年代前半の過度にエレクトロ化していない時代のファンクを好む向きには、とてもお勧めです。

ワイルド・チェリー (Wild Cherry)

wild cherryまたまたお久しぶりで〜す!昨日たまたま自分のこのブログを見ていたら、訪問者数の累計カウンターが「555555」の5並びになって腰を抜かしました。思わずスクショです(下写真)。なんとなく得した気分になって参りましたので、今回は渾身の力を込めて「ワイルド・チェリー」を取り上げてみましょう!

ご存知、「Play That Funky Music(プレイ・ザット・ファンキー・ミュージック)」(1976年、米ビルボード・ポップチャート1位、R&Bチャート1位、ディスコ12位)で一世を風靡したナウでイカした白人5人組バンド。この曲は、初っ端から繰り出されるパンチの効いたギターリフが、音楽史上に輝くほどに印象的。日本でも例えば、北海道が生んだド迫力ボイスの女性ボーカリスト大黒摩季さんの90年代の大ヒット曲「別れましょう私から消えましょうあなたから」(タイトルやたら長い)のイントロでも、ちょいとパクった感じで使われています。

バンド自体は1970年、アメリカの中西部と呼ばれる地域のオハイオ州出身のミュージシャンRob Parissi(ロブ・パラッシ)さんが、地元の仲間を集めて結成。All Music Guide系サイトなどによると、バンド名は、ロブさんが体調を崩した時になめていたという、アメリカで今も発売されている咳止めドロップの「Wild Cherry」に由来します。

彼らはオハイオ州に隣接するペンシルバニア州のピッツバーグを拠点にライブ活動を展開。これが評判を呼び、間もなくレコードデビューも果たしますが、あまり売れませんでした。そこで、アメリカ有数の工場地帯で労働者としての黒人居住者も多い地元での知名度を上げるべく、オハイオ州が本場でもあるファンクミュージックとロックを融合させたような曲「Play That Funky…」を制作して発表すると、瞬く間にヒットチャートを駆け上ったのです。

この曲は当時、全米で燎原の火のごとく広まっていたディスコブームにも完璧に乗っかっていました。何しろ、歌詞の前半に「俺はロックンロールをガンガン歌うシンガーだったんだが、何もかもがイヤになった時があった。試しにディスコを覗いてみたら、みんな踊りまくってノリノリだった。そしたら誰かが俺の方を振り向いて『あのファンキーな音楽をプレイしてくれ!』って叫んだのさ」といった具合に、「ワイルド・チェリー様ご一行、ディスコへの旅立ち」がしっかりと歌われているのです!

「Play That…」が入った9曲入りデビューアルバム「Wild Cherry」(上写真)も、当然ながら大ヒット。ウィルソン・ピケットのカバー「wild cherry 99 1/2」、「Don't Go Near The Water」、コモドアーズのカバー「I Feel Satisfied」などなど、似たような感じのもろファンキーなダンス曲が目白押しです。モータウンやアトランティックといった黒人音楽レーベルの影響を濃厚に映し出しています。

すっかり気をよくした5人は、その後も次々とアルバムを発表します。…でも、これがどうしても売れませんでした。79年に出した4枚目のアルバム「
Only The Wild Survive」を最後に、あえなく解散。どれもファンキー・ロック路線を踏襲しており、ディスコ好きにはなかなかの佳作だと思うのですけど、やはり「Play That...」のインパクトが強すぎて、それを超えるモノが発表できなかったというわけです。せっかくディスコに開眼して世に出てきたのに、ブームが下火になったのと軌を一にして終焉を迎えてしまったのでした。

彼らは「あの曲」によって正真正銘の一発屋となりました。とはいえ、そんな“奇跡の1曲”があったからこそ、末永く記憶されるバンドになれたのも確かです。デビューアルバムはCD化もされていて普通に入手できます。でも…ほかの3枚は中古LPしかなく、これからも末永くCD化されることはないでしょう(トホホ)。

Screenshot_2016-03-09-06-38-06Screenshot_2016-03-09-06-41-54



ギャップ・バンド (The Gap Band)

The Gap Band重低音シンセ炸裂のぶいぶい黒人ファンク・ディスコといえば、ギャップ・バンドを挙げたいところ。とりわけ、「イントロ効果音で車のエンジン鳴り響き〜の急ブレーキかけ〜の」の「バーン・ラバー・オン・ミー」(80年、米ディスコチャート19位、R&Bチャート1位)は、全開バリバリダンクラチューンであります。

ローニー、チャーリー、ロバートの「ウィルソン3兄弟」が主要メンバーで1967年結成。オハイオ州の石油産出地として知られるタルサの出身で、父親は牧師でした。本来はR&Bを志向しつつも、プロデビュー当時は同郷のロック&ブルースのスターであるレオン・ラッセルのバックバンドとしてスタートしたという変り種。ですから、最初はかなりマッチョな白人ロック風のアルバムを出すなどしてアイデンティティーを見失い、セールス的にもさんざんな結果でした。

3兄弟、「俺たちは何やってるんだ……っていうか何をやりたいんだ!」と人知れず苦悩していたところ、ロニー・シモンズ(Lonnie Simmons)という音楽マネージャーと出会い、運命が変わったのでした。70年代後半、そう、ディスコブームの波がザッバ〜ンと押し寄せていたころです。

シモンズさんは最初、なぜか「よし、黒人のビージーズを目指そう」と考えて、柔らかディスコ風に3兄弟を売り出そうとしました。「やべえ、また変な方向に行っちゃいそうだ」と兄弟たちは不安になりましたが、79年にシモンズのプロデュースで出来上がったアルバム「ザ・ギャップ・バンド」は結果的には黒っぽい曲調で大評判。シングルカットされたアースorクール風の「シェイク(Shake)」はR&Bチャート4位まで上昇する大ヒットとなったのです。

このアルバムでは、Baby Baba Boogieという曲が、典型的なディスコチューン(ディスコチャート48位)。「ブーギー」という“ディスコ用語”からも察せられるように、四つ打ちビートに跳ねるようなギターリフ、軽快なホーンセクション、それに「ダンス!」「ブーギー!」「ゲッダウン!」のお決まりの女性コーラスとハンドクラップとくれば、もう完璧です。

ただし、この人たちの本領が発揮されるのは、よりシンセファンク色が強まる80年以降。バーン・ラバーも、この年に発売された「ザ・ギャップ・バンド掘廚房録されています。この曲を特徴づけるイントロの効果音は、車2台を使って制作されたそうですが、レコード会社側は当初、「『キキーッ!!』という急ブレーキの音が、(カーラジオのリスナー向けの)ラジオ局から敬遠されそうだからヤメロ」と削除を命じたそうです。結果的には売れたから、全然オッケーだったというわけですね。

続くアルバム「ザ・ギャップ・バンド検廖82年)は前作よりももっと売れて、収録曲ではこれもディスコ定番の「アーリ・イン・ザ・モーニング」(ディスコチャート13位、R&B1位)、「ユー・ドロップ・ア・バム・オン・ミー」(同39位、同2位)、「アウトスタンディング」(同24位、同1位)の特大ヒットを飛ばしました。

「アーリー…」については、「コケコッコー〜」というこれまた有名なイントロの脱力系効果音が特徴なのですが、これは逆に“ラジオ局向け”のマーケティング戦略だったそうです。「朝の車での通勤時間に、ラジオ局のDJに流してもらおう」と考えて挿入したところ、実際にラジオでのオンエア率が上がったのでした。

さらに次のアルバム「ザ・ギャップ・バンド后廖83年)にも、「パーティー・トレイン」(R&B3位)のようなご機嫌な(PVも)ダンサーが収録されていて、非常に楽しめる内容になっております。

この人たちの曲は、とにかく「ぶいぶいシンセと野太いボーカル」で攻めまくりなのが良い。ズシズシ低音が全身を揺さぶり、踊りがいがあるアーチストでもあります。とはいっても、全体的に上品さを感じさせますし、バラードも悪くないと思います。「ザ・ボーイズ・アー・バック・イン・タウン」(79年)のような、フォークっぽい美メロの曲だってあります。

パーラメントとかブーツィー・コリンズのような重量級ファンクのアーチストとも、よく対比されます。でも、彼らについては「あれ?宇宙からの使者さんですか?」的な奇天烈な雰囲気が、私などには「胃もたれ感」をもたらしますね。

ピークは80年代半ばだったギャップ・バンド。ですが、その曲の数々は、90年代以降も、シャキール・オニールをはじめさまざまなアーチストたちによって、カバーないしはサンプリングされて生き続けました。80年代ディスコファンクの代表であることには違いないと思われます。

ギャップ・バンドは激しくCD化されています。中でも、写真の「ファンク・エッセンシャル・シリーズ」の米盤ベストは、選曲と音質面で優れています。同じシリーズで「ギャップ・バンド12インチコレクション」というのもあって、こちらもなかなかの充実ぶりです。
プロフィール

mrkick (Mr. Kick)

「ディスコのことならディスコ堂」----本名・菊地正憲。何かと誤解されるディスコを擁護し、「実は解放と融合の象徴だった」と小さく訴える孤高のディスコ研究家。1965年北海道生まれのバブル世代。本業は雑誌、論壇誌、経済誌などに執筆する元新聞記者のジャーナリスト/ライター。もはや踊る機会はなくなったが、CD&レコードの収集だけは37年前から地味〜に続行中。アドレスは↓
mrkick2000@gmail.com

*「下線リンクのある曲名」をクリックすると、YouTubeなどの音声動画で試聴できます(リンク切れや、動画掲載者の著作権等の問題で削除されている場合はご自身で検索を!)。

*最近多忙のため、曲名質問には基本的にお答えできません。悪しからずご了承ください。

*「ディスコ堂」の記事等の著作権は作者mrkick(菊地正憲)に帰属します。

Archives
検索してみよう!

このブログ内
ウェッブ全体
本業分野の著書!(Amazonリンク)


初証言でつづる昭和国会裏面史!
著書です!(Amazonリンク)


キーワードは意外に「ディスコ」。
TOEIC930点への独学法とは…
CDのライナーノーツ書きました(Amazonリンク)


たまには「ボカロでYMCA」。
キュート奇天烈でよろし。
訪問者数(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最近の訪問者数(UU)

    Recent Comments
    blogramボタン
    blogram投票ボタン
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ