ディスコ堂 by mrkick

音楽に貴賎なし ―Discoの考察とCD批評

オランダ

スターズ・オン・45 (Stars On 45)

Stars On 45今回は「ディスコ好きなら一度は通る道」、「ショッキング・ビートルズ」でおなじみのスターズ・オン45で〜す。

1970年代末、オランダで結成された無名のセッションミュージシャン集団。音頭を取ったのは、かつて当ブログの「ロックなディスコ」でちょっと取り上げたオランダの老舗人気バンドのゴールデン・イヤリングの元ドラマー、Jaap Eggermontなる人物です。ポール・マッカートニーやジョン・レノンに声がそっくりのボーカルを探してきて、にわか作りのつぎはぎビートルズ・ヒットメドレーをリリース。アーチストの創造性ではなく、「これやったらウケるんじゃね?」のノリで実現した典型的な企画モノです。

えっ?「いかがわしくて、いかさまで、インチキ」だって?…その通り!でもそんなまがい物精神こそが、「なんでもあり」ディスコ文化の真髄です。しかつめらしく「ゴホン! ええ、そもそもディスコとは…」なんて理屈を説いては元も子もありません。ディスコとは、はっちゃけたおめでたさが命。虚実の皮膜を渡りきる、けだし勇敢な試み――「考えるな、感じろ(いやむしろ踊れ)!」なのであります。

ヒットメドレー・ディスコ自体は、それまでもシャラマーリッチー・ファミリービーチボーイズ・メドレーで知られるシー・クルーズ(Sea Cruise)といった数多くのアーチストが手がけているので、特別新しいわけではありません。でも、それらはあくまでも新たなアーチスト自身の声で歌うメドレーであり、「モノまね」ではありませんでした(モノまねだったらそれも面白いけど)。あのビートルズの手ごわい権利関係をクリアしつつ、原曲をとことん忠実に再現し、それにのりのりのディスコビートを絡めた点がユニークだったのです。

実際、驚くなかれ、このシングルは、あれよという間に由緒正しき全米ビルボードヒットチャートで堂々1位(81年4月、米ディスコチャートでは18位)を獲得したのです。ディスコブームが終わった後ですから、これは素直に偉業といえるでしょう。後のディスコ曲に多く見られる「メガミックス」にも通じる百花繚乱な贅沢さを兼ね備え、踊る阿呆を量産してきたのは確かです。もちろん、ディスコの現場でも人気曲でした。

……というわけで、私もまあ、聴き倒しました当時。最初は友人からレコードを借りて、奮発して“高級メタルテープ”に録音し(といっても400円程度の代物だが)、部屋にあったアイワ製ラジカセに入れてがんがん鳴らしていたものです。特にLPに入っているロングバージョンだと15分以上もあるので、鼓膜にこびりつくほどたっぷりと楽しめました。

しかし、そんな能天気に乗せられがちな私も、「さすがに安易過ぎる!」と、徐々に義憤を感じ始めました。気がついてみたら、彼らはアバだのスティービー・ワンダーだのローリング・ストーンズだのスペンサー・デイビス・グループ(これは渋い)だのと、ほかの大物たちの同系統の「ショッキングもの」メドレーを次々と世に送り出していたのです! しかも、ビートルズ以降の「似てる度」は微妙に低下し、“2匹目のドジョウ作戦”に飽き飽きしてきたのでありました。残念ながら、もはやショッキングではありません。

セールス的にもビートルズメドレー以外はふるわず、ディスコ界では栄えある「一発屋」(One Hit Wonder)の称号を得たスターズ・オン45。でも、何年も聴いていないと不思議とまた、古ぼけたレコードやCDに手が伸びてしまう魅力だけは、なんとなくある。そんなわけで、私のような人間がけっこう多いのか、再発CDは今も世界の市場でかなり出回っております。写真は国内ベスト盤(ビクター)全2巻のうちの1巻目。どのメドレーも似通った展開ではありますが、四の五の言わず、「あはははははははっ!」と頭を真っ白にして踊るには最適かと思われます。

ファンタスティック (Fantastique)

Fantastiqueいやあ、このアーチストを知ってる人はあまりいないでしょうが、私の個人的お気に入りをたまにはあからさまに……というわけで、今回は「ファンタスティック」であります。もう徹頭徹尾、歌謡曲丸出しです。むしろ竹の子っぽい。聴き込めば聴き込むほど、頭が混乱してきます。とにかくビバ! ユーロ・ディスコ!

まずは百聞は一聴にしかずであります。YouTubeで見つけてきた代表曲「ママ・トールド・ミー」に、どうか心を落ち着けて耳を傾けてみてください→ココ

アラベスク、ニュートン・ファミリー、ノーランズ、ドリー・ドッツ、オッタワン、バカラ……あたりを思い浮かべた方も多いかと思います。もう、その時点で正統派ソウルディスコのファンからの批判の矢が一斉に飛んできそうですが、いやあ、やっぱりどこか好きですね、ユーロディスコ。

ファンタスティックは、アンネ・フランクの国オランダの男女デュオです。1980年代初期、本国ではまあまあの活躍を果した人たちです。ママ・トールド・ミーは、81年に5位まで上昇しました。……でも、それだけです。

ちなみに、スリー・ドッグ・ナイトの大ヒット曲「ママー・トールド・ミー」ではまったくありません。というのも私、札幌のディスコで初めて耳にして、かつ誰かからもらったそのディスコ(名前は「テレサ・ガリレオ」だったと思う)のテープにも入っていて、そしてお気に入りになったわけですが、それを馴染みの輸入盤店で探していたら、「それ、スリードッグナイトのやつでしょ?」と中年男性店員に当たり前に言われて困った記憶があるのです。

いくらマイナーであろうとも、気に入った曲は下手したら一生忘れません。「ママ・トールド」は、私にとってはそんな一曲なのですね。オランダは私が唯一、仕事で行った欧州の国(17年前)ですし。

まあ、当時の傾向からしても、ブラコンやニューウェーブはもちろんのこと、ハイエナジーとかと比べても非常に変テコな曲でしかありません。でも、あまりにも雰囲気が異様なので、かえって魅力が際立つ一品といえるのではないでしょうか(断定)。

日本ではまったく無名とはいえ、欧州では一般チャートにもランクインしたくらいですから、多少の存在感はあります。驚くことに、誰かが作った専用ホームページ(しょぼい)まであります。

いまのDJさんで、ダンクライベントなどでこの曲をかける人がいたら、無条件に尊敬します。それくらい、実はトホホな価値を秘めた人たちなのです。写真のCDは、もちろんオランダ盤。ママトールド以外にも、奇天烈な歌謡曲モノが目白押しです。なかなか入手はできないでしょうが、ほしい人もめったにいないでしょう。究極のディスコワンダーランド「トロカデロ」ではかかってたみたいですけどね。
CDのライナーノーツ書きました(広告)


たまには「ボカロでYMCA」
キュート奇天烈でよろし。
本業分野の著書!(広告)


初証言でつづる昭和国会裏面史!
著書です!(広告)


キーワードは意外に「ディスコ」。
TOEIC930点への独学法とは…
livedoor プロフィール
Archives
検索してみよう!

このブログ内
ウェッブ全体
訪問者数(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最近の訪問者数(UU)

    Recent Comments
    blogramボタン
    blogram投票ボタン
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ