ディスコ堂 by mrkick

音楽に貴賎なし ―Discoの考察とCD批評

クール・アンド・ザ・ギャング

ワン・ウェイ (One Way)

One Way今回は元気いっぱいに「ワン・ウェイ」だよん!!!! とはいうものの・・・う〜ん、地味、地味です。どうにも心ときめく曲がない・・・というのがこの「ワン・ウェイ」なのであります。

この人たち、ものすご〜くアルバムを出しています。1970年代後半に、アル・ハドソンなるミュージシャンを中心として「アル・ハドソン&ザ・パートナーズ」というベタなバンド名で結成し、以後、80年代後半まで年1回ぐらいのペースで10枚以上もリリースしています。「ワン・ウェイ」への改名は80年のことでありました。

特筆すべきは、「I Want To Thank You」(82年、R&B37位)などのヒットで知られるアリシア・マイヤーズ(Alicia Myers)が、80年ごろまでリードボーカルとして参加していたことですね。

ディスコ的にまずヒットしたのが、1979年の「You Can Do It」(米ディスコチャート10位、米R&B52位)です。これがまた「どっかで聞いたことあるじゃん!」のノリ。そう、手っ取り早く思い出すのはクール・アンド・ザ・ギャングの「レディース・ナイト」(79年、ディスコ5位、R&B1位)ですね。どう考えても似てます。曲調的にどっちが影響を与えたのか、また与えられたのかはともかく、超メジャーなクール・アンド・ザ・ギャングの陰に隠れてしまった感は否めません。

この後、ワン・ウェイに改名してからも哀しい。彼らの代表曲でもある「Cutie Pie」(82年、ディスコ29位、R&B4位)は、同時期にバカ売れしたZAPPの「Dance Floor」(82年、R&B1位)みたいなエレクトロファンクでして、個性を発揮するに至りませんでした。

このほかにも、「Shine On Me」(83年、R&B24位)、「Mr. Groove」(84年、同8位)といったダンス系の中ヒット曲を出すには出したのですが、どうにも記憶には残りにくいグループのままだったのでした。個人的には、85年のアルバム「Wrap Your Body」に入っている「Let’s Talk」なんてけっこうアップテンポかつダンサブルで気に入っているのですが・・・これまた当時大スターだったプリンスとか同系列のTime(米米クラブにも似ている「Jungle Love」とか)の模倣っぽいのが残念でした。

そんな中、86年に出した「Don't Think About It」(ディスコ44位、R&B5位)は、なかなか落ち着き払っていて素晴らしいミディアムな曲です。私は当時、バブル時代の深夜・未明の六本木ディスコとかカフェバー(トホホ)でよ〜く耳にしたものでした。ただし、これまたその2年前に出たデニス・エドワーズの珠玉の名作「Don't Look Any Further」(R&B2位)をどことなく思い出させてしまって損です。

似た感じの中堅R&Bグループという意味では、ちょっと前に紹介したローズ・ロイスも頭に浮かんできますが、ローズのように「バラードもイケてますよ」的なアピール度にも乏しい。「すべての芸術は模倣から始まる」―を地でゆくとはいえ、そこそこの実力と運を兼ね備えていただけに、結果的にはなんとも残念なグループだったと言わざるを得ません。

写真は米MCAのベスト盤CDです。アルバムは、意外にもここ数年でかなり再発が進めれています。でも、なにしろいっぱいリリースしているので全部揃えるのは大変でしょうし、当たり外れも大きいので怖いのであります。

クラウン・ハイツ・アフェア (Crown Heights Affair)

Crwon Heights Affair今回は男性8人編成のディスコグループ「クラウン・ハイツ・アフェア」。名前は「クラウンハイツ」というNYブルックリン地区にある地名から取っており、B.T.エクスプレス(旧ブルックリン・トラッキング・エクスプレス)と並んで、70年代の初期ニューヨーク・ディスコの代表格です。

このグループは1960年代後半、ブルックリン地区のバンド仲間らで結成された「ニュー・デイ・エクスプレス(New Day Express)」というグループがルーツ。その後「クラウン・ハイツ・アフェア」に改名して、74年にRCAレーベルからシングル&アルバム・デビューを果たしますが、これはあまりうまくゆかず、75年にDe-Liteレーベルに移ります。

De-Liteはインディー系ですが、ご存知クール・アンド・ザ・ギャングが看板バンドとして活躍していたレーベル。ここで初めて、“クラウン”たちも本格的なアルバムを立て続けに発表し、ディスコ系の大ヒット曲を出すようになりました。

代表曲は「Dreaming A Dream」(75年、全米ディスコチャート1位、R&B5位)、「Every Beat Of My Heart」(同、ディスコ2位)、3曲メドレーでヒットした「Dancin'/Searching For Love/Far Out」(76年、ディスコ6位)などです。本人たちはバラードにも意欲を見せていたのですが、世間からの評価はもろ「ディスコバンド」。それでも、少々荒削りなファンキーさが魅力の「同郷のライバル」B.T.と比べて、ホーンセクションとストリングス、それにボーカルがうま〜くかみ合った上品な曲作りをするアーチストだと思います。

ディスコブームが去った80年以降は、さすがにアメリカでの人気は衰えましたが、イギリスではかなりの人気を保ち、チャート入りを何度も果たしています。このころになると、私の好きな初・中期のシンセサイザーもちょうどいい具合に絡まっていて、70年代にはあまり目立たなかった「ファンクネス」が引き出されているようですね。曲としては「Rip Off」(82年)とか「Somebody Tell Me What To Do」(同、R&B31位)あたりにそれが表れています。

80年代でいえば、「You Gave Me Love」(80年、ディスコ12位)も忘れがたい。ちょっとマイアミディスコのジョージ・マックレー「ロック・ユア・ベイビー」(74年)を彷彿とさせる、「フウウウ〜♪」という脱力系コーラス入りのイントロがゆるやかで素敵です。

80年代後半にはもう「過去の人びと」になってしまった、クラウン・ハイツ・アフェア。しかし、しっかりとフロアの記憶に残る旋律を残したアーチストではありました。

CDですが、けっこうアルバム再発やベスト盤が出ています。写真は英Sanctuaryレコードの2枚組ベストCDで、ほとんどの代表曲が収録されていてヨイのですが、廃盤になって久しく、最近は入手が困難。ほかにもUnidiscなどからよいベスト盤が出ています。
プロフィール

mrkick (Mr. Kick)

「ディスコのことならディスコ堂」----本名・菊地正憲。何かと誤解されるディスコを擁護し、「実は解放と融合の象徴だった」と小さく訴える孤高のディスコ研究家。1965年北海道生まれのバブル世代。本業は雑誌、論壇誌、経済誌などに執筆する元新聞記者のジャーナリスト/ライター/翻訳家。もはや踊る機会はなくなったが、CD&レコードの収集だけは37年前から地味〜に続行中。アドレスは↓
mrkick2000@gmail.com

*「下線リンクのある曲名」をクリックすると、YouTubeなどの音声動画で試聴できます(リンク切れや、動画掲載者の著作権等の問題で削除されている場合はご自身で検索を!)。
*最近多忙のため、曲名質問には基本的にお答えできません。悪しからずご了承ください。
*「ディスコ堂」の記事等の著作権は作者mrkick(菊地正憲)に帰属します。

Archives
検索してみよう!

このブログ内
ウェッブ全体
本業分野の著書!(Amazonリンク)


初証言でつづる昭和国会裏面史!
著書です!(Amazonリンク)


キーワードは意外に「ディスコ」。
TOEIC930点への独学法とは…
CDのライナーノーツ書きました(Amazonリンク)


たまには「ボカロでYMCA」。
キュート奇天烈でよろし。
訪問者数(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最近の訪問者数(UU)

    Recent Comments
    「最新トラックバック」は提供を終了しました。
    blogramボタン
    blogram投票ボタン
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ