ディスコ堂 by mrkick

音楽に貴賎なし ―Discoの考察とCD批評

サンフランシスコ

ポール・パーカー (Paul Parker)

Paul Parker本日の関東地方、非常にぽかぽか陽気ですので、2回飛んで再び陽気なサンフランシスコねたを……というわけで、今回は故パトリック・カウリーの盟友ポール・パーカーであります。

いきなり年齢不詳です。でも、ジャケ写などを見ている限り、最も活躍した1980年代には既に30代になっていたのではないでしょうか。サンフランシスコだけに(?)ゲイアーチストでして、パトリック・カウリーらがSFに創立したハイエナジーサウンドの殿堂メガトン・レコードから、著名ダンスヒットを数多く世に送り出した人です。

ピークは1982〜83年で、ディスコが絶滅寸前まで追い込まれたアメリカで細々と、西海岸(特にヒッピーの聖地でもあったSF)を中心に生き残った自由でおおらかな「ゲイ・ディスコ」の旗手として、パトリックのプロデュースで「ライト・オン・ターゲット」(全米ディスコチャート1位)、「ショット・イン・ザ・ナイト」、「ラブ・イズ・オン・ザ・ライン」などのヒットを飛ばします。このころ、これらの曲が入った彼唯一のアルバム「Too Much To Dream」もメガトンから発売しました。

さらに、80年代中盤から後半にかけて、英国のハイエナジー・プロデューサーであるイアン・スティーブンスのプロデュースにより、「デザイヤー」、「ドント・プレイ・ウィズ・マイ・ファイヤー」、「ウイズアウト・ユア・ラブ」、「タイム・アフター・タイム」などのヒット曲を出し、命脈を保ちます。この間、仲間のハイエナジーアーチストで、「ロケット・トゥ・ユア・ハート」などのヒット曲があるリサのプロデュース(曲は「Tempt Me」など)もやっています。

86年には、パマラ・スタンレーとのデュエットで「ストレンジャー・イン・ア・ストレンジ・ランド」と「ランニング・アラウンド・イン・サークルズ」という小ヒット曲を出しました。

「もうそろそろ落ち目になるかなあ?」といったあたりの87年には、マン・パリッシュがプロデュースした「ワン・ルック」というラテン・ヒップホップ(フリースタイル)系の異色作が、なんと全米ディスコチャート1位に輝きました。けれども、イメージチェンジの効果もここまで。90年代以降は力尽きて……ということなのか、記憶の彼方です。去年あたりから、再びプロデュース業などを開始したようではありますが。

以上、ずらずらと並べた曲群についてはすべて、私はディスコで聴いたことがあります。それほど印象深いアーチストなのでありました。太く安定した声が特徴で、フロアでもがんがん鳴り響いたものです。ハイエナジー全盛時代の立役者だったことは言うまでもありません。

写真はポール・パーカーの全盛時の曲を集めた2枚組ベスト(ユニディスク盤)。これが一番網羅的でよいです。以下、ポールの表情がな〜んとなく分かる「ライト・オン・ターゲット」のYouTube動画も張っておきます。

トロカデロ・トランスファー (Trocadero Transfer)

Trocadero Transfer今回は少し趣向を変えて、最近届いたCDセットを紹介しようと思います。「Remember The Party---Celebrating The 30th Anniversary of the Trocadero Transfer」というミックスCD8枚組であります。

トロカデロ・トランスファーというのは、1977年から90年代初頭まで、米サンフランシスコで営業していた、地元のゲイたちに大人気だった伝説のディスコ。ゲイ系ディスコとしては、東海岸NYのセイント(The Saint)と並ぶ巨大な存在でした。

CDセットには、昨年10月に開かれた「トロカデロ復活パーティー」で使用された全126曲が収められています。全曲、サンフランシスコに住むジェリー・ホンハムというベテランDJがプレイしています。

昨年9月ごろ、以前に「番外編」で紹介した現地在住のディスコ関係者の友人から、「トロカデロの30周年パーティーが開かれる。私も行って久しぶりに燃え上がろうと思っているのだ!」とメールをもらいました。どんな感じなのだろうかと興味を抱いていたのですが、そのときのCDが発売されたことが分かり、トロカデロのホームページから勇んで購入してみたというわけです。

いやあ、聴いてみたら相当によかった。選曲はまさに、私が最もディスコにはまっていた70年代後半から80年代前半にかけての隠れた名曲たちでした。“ゲイ”ディスコといっても、日本では性愛的志向(Sexual Orientation)に関係なく、一般的に大いに好まれていた曲だったのです。

ビレッジ・ピープルとかドナサマーなどの特大ヒットを微妙に外しつつ、それでもしっかり「メリハリ」「上げ下げ」を意識しながら繋いでいっております。一部にボーカルが重なる部分があるのが少〜し気になりましたが、次の曲のボリュームを上げるなどして、巧みに盛り上げております。

具体的な曲名はホームページに書いてある通りで、ブラコンからハイエナジー、ニューウェーブ系までさまざま。ただ、どちらかというと陽気な白人系の曲が多い一方で黒人ソウル系は少なく、そこがいかにも西海岸的だと思いました。もちろん、パトリック・カウリー、シルベスターなど、サンフランシスコにゆかりのある大物アーチストの曲も入っています。

圧巻は、Vol.5に収録されているゲイディスコの“お約束”「Lay Your Love On Me」(アバ)ですね。エコーのエフェクトが効いて、ものすごくテンションが上がる場面になっています。これについては、購入後のメールのやり取りの際、幸運にもジェリー・ボンハム氏自身が説明してくれました。なんと、これまた伝説のDJ用「ディスコネットミックス」の12インチを3枚、即興で使用してオリジナルのミックスにしたのだそうです。

トロカデロでは、パトリック、シルベスターのほか、デニス・ラサールやボーイズ・タウン・ギャングやポール・パーカーなどなど、著名なディスコミュージシャンが頻繁に出入りし、ライブやプロモーション活動を行っていました。ホームページの写真集のコーナーにも、いろんな有名人の顔が見えます。

けれども、パトリックもシルベスターも、ほかの多くのゲイアーチストと同様にエイズで亡くなっています。前述の友人も言っていましたが、今回のパーティーはある意味で「弔いの集い」だったともいえるでしょう。

ホームページの写真を見ても分かるように、パーティー当日にはたくさんの中年ゲイたちが集まり、上半身裸になって(ゲイの特徴とされる)狂喜乱舞した模様です。パーティー関係者のブログでも少し紹介されています。日本でディスコ復活パーティーを開いても、ゲイが自己主張することはほとんどありませんから、このへんは日本と米国(特にサンフランシスコ)との大きな違いといえましょうか。

普通、DJミックスCDは1〜2枚でワンセットでして、一挙に8枚というのは珍しいわけですが、これだけボリュームがあると、パーティーそのものを追体験した気にもなってまいります。音質も申し分なし。私が所有する数多くのDJミックスCDの中でも、屈指の出来栄えです。

・・・・・とベタぼめですけど、値段は送料込みで58ドル(6000円弱)しました。でも8枚組なので安い方だと思います。円高ですし。PayPalでの購入ですので、英語力はほとんど必要ありません。わざわざ海外から入手するだけの価値はあります。久しぶりのおススメ品であります。

最後に、このミックスの収録曲のうち、当時の“いけいけ”トロカデロを象徴するような3曲のYouTubeリンクを張っておきましょう。

●Without Your Love (Cut Glass)(オリジナルはなかったので、あのIan Levineバージョン)


●The Two Of Us (Ronnie Jones & Claudja Barry)


●The Runner (The Three Degrees)



*2008年6月11日追記
このCDセット、約3ヶ月前に輸入レコード店のDisk Unionに紹介してみたら、どうやら発売になったようです。当ブログは非営利の批評媒体である上(だから各CDなどの良いことも良くないことも書ける)、私も別にTrocaderoの代理人ではないのですが(笑)、ブログでも前もって紹介した手前、参考までにリンクを張っておきます!↓

http://diskunion.net/black/ct/detail/54C080425001

Patrick Cowley (パトリック・カウリー)

パトリック・カウリー2ディスコミュージックがオーケストラからシンセサイザー中心へと変化を遂げ始めた1980年代初頭、一人の異才プロデューサーが世に華々しく登場します。大きな目と口ひげがトレードマークの、パトリック・カウリー。「ハイ・エナジー」と称された新進シンセディスコのパイオニアとして、米サンフランシスコを拠点に次々とヒット曲を制作しました。

パトリックは1950年、ニューヨークに生まれました。幼少時から音楽好きで、ドラムを中心にギターやキーボードを習得。21歳でサンフランシスコに移住し、地元の大学でシンセサイザーを学び始めます。まだシンセサイザーが楽器として認知されていなかった71年のことでした。

70年代後半、パトリックは、サンフランシスコのディスコレーベル「ファンタジー・レコード」で当時、頭角を現していた黒人歌手シルベスターに気に入られ、シンセサイザー担当ミュージシャンとして始動しました。このころのシルベスターのヒット曲である「ユー・メイク・ミー・フィール」や「ダンス(ディスコ・ヒート)」の制作にも関わっています。

81年、ファンタジーの従業員だった人物と共同で独自レーベル「メガトン・レコード」を設立し、プロデュース活動を本格化。そこで作った「メナジー」が全米ディスコチャートで1位を獲得し大ヒットとなりました。以後、独特の精妙なシンセ音を売り物とした「パトリック・サウンド」が全開。「メガトロン・マン」(81年)や、日本でもお馴染みのシルベスターのボーカルによる「ドゥ・ユー・ワナ・ファンク」(82年)などのヒットを連発するようになりました。ファンタジーと同様に「サンフランシスコ・ゲイディスコ仲間」である、モビーディック・レーベルにも、作品を残しています。

パトリックがプロデュースしたミュージシャンには、シルベスターのほかポール・パーカー、Jolo、ラバードなどたくさんいるのですが、特に有名な作品はドナ・サマーの「アイ・フィール・ラブ」の「パトリック・カウリー・リミックス」でしょうか。時間はなんと15分以上。もともとサイケなこの曲を、うねうねにこねくり回し、さらに陶酔感を増幅させています。

ボビー・オーランド(シー・ハズ・ア・ウェイなど)、イアン・レヴィン(ソー・メニー・メンなど)らと並ぶ、ハイ・エナジーの立役者。特にシンセの使い手としては、ポップス史上、最も偉大な人物の一人として後世、語り継がれることでしょう(断定)。

メガトン・レーベルは、私にとっても基本中の基本であります。札幌の「釈迦曼荼羅」などの地元ディスコでは、超常連でかかっていました。高校のころ、最もレコードを買ったレーベルでもあります。何しろカネがない時代でしたが、「ソー・メニー・メン」(ミケル・ブラウン)などで有名なレコード・シャック・レーベルや、「クイーン・オブ・フールス」(ジェシカ・ウイリアムス)などで知られるパッション・レーベルと並んで、ジャケ買いするようにしていました。

パトリックは1982年にエイズで死去。享年32。メガトンでの実働期間が、わずか1〜2年だというのですから驚きです。私がディスコ通いをしていた頃には既に、この世にいなかったのですねぇ。まさに早世の天才音楽人でした。

写真のCDは、ユニディスク・レーベルから出ている、パトリックのソロのベスト盤。ほかにもオリジナルアルバムの再発が何枚も同レーベルから出ています。
プロフィール

mrkick (Mr. Kick)

「ディスコのことならディスコ堂」----本名・菊地正憲。何かと誤解されるディスコを擁護し、「実は解放と融合の象徴だった」と小さく訴える孤高のディスコ研究家。1965年北海道生まれのバブル世代。本業は雑誌、論壇誌、経済誌などに執筆する元新聞記者のジャーナリスト/ライター/翻訳家。もはや踊る機会はなくなったが、CD&レコードの収集だけは37年前から地味〜に続行中。アドレスは↓
mrkick2000@gmail.com

*「下線リンクのある曲名」をクリックすると、YouTubeなどの音声動画で試聴できます(リンク切れや、動画掲載者の著作権等の問題で削除されている場合はご自身で検索を!)。
*最近多忙のため、曲名質問には基本的にお答えできません。悪しからずご了承ください。
*「ディスコ堂」の記事等の著作権は作者mrkick(菊地正憲)に帰属します。

Archives
検索してみよう!

このブログ内
ウェッブ全体
本業分野の著書!(Amazonリンク)


初証言でつづる昭和国会裏面史!
著書です!(Amazonリンク)


キーワードは意外に「ディスコ」。
TOEIC930点への独学法とは…
CDのライナーノーツ書きました(Amazonリンク)


たまには「ボカロでYMCA」。
キュート奇天烈でよろし。
訪問者数(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最近の訪問者数(UU)

    Recent Comments
    「最新トラックバック」は提供を終了しました。
    blogramボタン
    blogram投票ボタン
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ