ディスコ堂 by mrkick

音楽に貴賎なし ―Discoの考察とCD批評

シンセサイザー

アート・オブ・ノイズ (The Art Of Noise)

Art Of Noiseいやあ、お盆です。頭がおかしくなるほどの猛暑が続く中、今回は意表を突いた“変てこディスコ”の真骨頂、アート・オブ・ノイズに注目してみましょう。

犬の鳴き声みたいな音、車を始動させるときのような音、トンカチみたいな音、笑い声、叫び声、うなり声……。「雑音の芸術」の直訳がまさにぴったりな音は、斬新で目新しいものとして世界の大衆に広く受け入れられました。

メンバーは英国の男女3人で、1984年にデビューアルバム「(Who's Afraid Of?) The Art Of Noise!」(邦題:「誰がアート・オブ・ノイズを……」)を発表し、それが大ヒットしました。プロデュースを担当したのは、以前、「バグルズ」や「フランキー・ゴーズ・トゥ・ザ・ハリウッド」の投稿の際にも紹介した奇才トレヴァー・ホーン。トレヴァーらが前年に設立したレーベルZTTから、「Beat Box」(84年、米ディスコチャート1位)、「Close (To The Edit)」(同年、同4位)といったダンスヒットを繰り出しました。

当時は、「第1黄金期」ともいうべきシンセサイザー全盛の時代でした。中でもアートオブノイズは「フェアライトCMI」というめちゃめちゃ高価な(1台1000万円以上)電子楽器を使用し、お馴染みのオーケストラ風「オーケストラ・ヒット」のほか、唐突な「ヘイ!」の掛け声とかエンジン音みたいな変な音をがんがんサンプリングして曲を制作したのです。まあ、あのころはそんな音が、とてもポストモダン的かつ前衛的で面白く聞こえたものでした。

アートオブノイズは「誰がアートオブノイズ」の一作を発表した後、ZTTからは離れてしまいましたが、86年には、新しい所属レーベル(China Records)から2作目「In Visible Silence」をリリース。この中からは、日本ではやたらと有名なんですが、マジシャン「ミスターマリック」の登場曲として使われていた「Legs」(同27位)とか、アメリカで1960年ごろに流行った探偵モノのTVドラマ「ピーター・ガン」のテーマ曲のリメイク(同2位)などがヒットしました。けれども、その後は飽きられてしまったのか、だんだんと表舞台からは去っていきました。

多くはシンセサイザーやドラムボックス特有の鋭角的なダンスビートを基調としていますので、ディスコでもアート・オブ・ノイズをけっこう耳にしました。当時は、デュラン・デュラン、ABC、ヤズー、ニューオーダーなどなど、枚挙にいとまがないほど英国産のエレクトロポップ系ディスコが溢れかえっていましたが、その中でもキッチュ(表現古い)な音作りという点で、異彩を放つアーチストだったとはいえましょう。

その昔、私はわりと好きだったのですけど、今あらためて聴くとなんだか少々古臭くて“がらくた”な感じも致します(笑)。もしかしたら、時代と添い寝してそのまま眠ってしまうタイプの作品だったのかも……。この辺りは賛否が分かれるところでしょう。

でもまあ、とにかく実験的だったことは確かですし、90年代以降、次世代のアーチストたちにさらにサンプリング(サンプリングのサンプリング!)もされているようですので、あの時代にあの音を開発した意義は十分にあったのだろうと思います。

CDはベスト盤を中心にまずまず出ております。上写真は、デビュー作「誰が……」収録の全曲に加え、シングルの別バージョンなどがいくつか入ったZTT時代のベスト盤「Daft」(といってもアルバム1枚しか出していないが)。たった今も通して聴いていますが、8曲目ぐらいからやはり頭がおかしくなってきました。暑さのせいかもしれないにせよ。

チャス・ジャンケル (Chaz Jankel)

Chas Jankel80年初頭に日本で大ヒットしたディスコ曲に「愛のコリーダ」(81年)というのがあります。その作曲者こそチャス・ジャンケル。今回紹介する一風変わったシンセサイザーの名手です。

1952年にイギリスに生まれたチャスは、子供のころからギターとピアノに熱中。もともとはアメリカのダンサブルなジャズやソウルに傾倒していました。70年代後半、70-80年代のブリティッシュ・ロックのカリスマであるイアン・デューリーのバンドに加わったことで、一気に頭角を現していきます。

イアン・デューリーはロック&ブルース畑とはいえ、米ディスコチャートでもチャートインした「Hit Me With Your Rhythm Stick」(79年、ディスコ79位)などの踊れる曲も80年前後には出していますから、チャスは主にリズム&ビート面の音作りで貢献していたのです。

そんなチャスは80年代に入って、ソロとして次々とシンセサイザー系のダンス曲を世に送り出しました。その一つが、日本の大島渚監督の問題作映画としてイギリスでも知られていた「愛のコリーダ」から名前を取った「Ai No Corrida」でした。

この曲は、以前紹介したクインシー・ジョーンズに見出され、お得意のジャズ・フュージョン風に加工されてディスコでヒットしたわけですが、9分を超す原曲チャス・バージョン(80年)の方が意外にも四つ打ちビートの「もろディスコ」ですので、ディスコ堂的にはクインシー・バージョン以上に必聴となっておりますですよ。

それともう一つ、チャスさんの良質ディスコでいえば、「グラッド・トゥ・ノウ・ユー(Glad To Know You)」(81年、米ディスコチャート1位)ですね。2年後にキティー・グラントという女性歌手も一味違った女性ボーカルバージョンを出しています。どちらも私自身、日本のディスコで非常によく耳にしたものです。

ほかにも、あまりヒットはしなかったものの「3,000,000 Synths」「Number One(貴重な本人登場ビデオクリップYoutube)」「 Get Yourself Together」「109」などのダンス曲があります。いずれも地味ながら、ジャズ、フュージョン、ファンク、ラテン、それにロック、ヒップホップといったさまざまな要素が詰まったユニークな音作りが特徴となっております。筋金入りの鍵盤の名手チャスさんによるシンセサイザーの演奏が、とてつもなく斬新でしっかりしていますから、70-80年代の初期のシンセ好きの私にとってもやたらと印象深いアーチストとなっております。

しかしその反面、とて〜も真面目な実力派ミュージシャンであるが故に、ディスコっぽい能天気なおバカさにいかにも欠けています。あまりに突っ込みどころがなく、踊る方も生真面目な表情になりがちなのが難点といえば難点ですけど、「年をとっても安心して聴けるディスコで賞」ということで、今回、満を持して紹介させていただきました。

この人のCDは正直あまりありません。でも、3年前に発売された写真の英Tirk盤のベスト「My Occupation---The Music Of Chaz Jankel」については、主なヒットを網羅していて音質も良く、入門盤として最適だと思います。

Giorgio Moroder (ジョルジオ・モロダー)

Giorgio Moroder巨匠ジョルジオ・モロダーについては、イタロ・ディスコの創始者としても捉えたいところです。いうまでもなく、「ミュンヘンディスコ」といわれた1970年代後半のドナ・サマー(当時ドイツ在住)とのコラボレーション「ラブ・トゥ・ラブ・ユー・ベイビー」(75年)などで有名になったのですが、彼はもともと、イタリア生まれのドイツ在住イタリア人。イタリアン・ポップス業界にこそ多大な影響を与えました。

イタロ・ディスコは70年代後半、ジョルジオとジャックス・フレッド・ぺトラスの2人によって打ち立てられたといっても過言ではありません。ジョルジオはシンセサイザーを使ったディスコの「四つ打ち」のドラム&ベース・ラインの面で、フレッドはキャッチーなメロディーラインの面でそれぞれ影響を与えたわけです。

イタロ・ディスコは80年代、フレッドのプロデュースによるThe B.B. & Q Band(「オン・ザ・ビート」など)とかチェンジ(「パラダイス」など)といったファンク系のバンドも出たものの、全般的にはますますかる〜いタッチのシンセ・ディスコと化します。ディスコマジックやタイム・レコーズなどのレーベルから大量の「ほんわかタイプ」の曲が発売されるようになりました。代表的なのは「ドルチェ・ビタ」のライアン・パリスや、「オンリー・ユー」のサーベッジ(Savage)あたりでしょうか。

やがて、80年代後半からは、ユーロビートとかイタロハウスといった感じになる。デン・ハロウ(「フューチャー・ブレイン」など)とか、ガゼボ(「アイ・ライク・ショパン」など)あたりが人気を博します。日本でもエイベックスのようなレコード会社が次々と安く版権を買って、普及させていきました。

なぜ、80年以降にイタロ・ディスコが大量生産されたかというと、当時、イタリアの経済力が弱まり、通貨のリラが安く、米ドルが高くなってしまったという背景があります。音源獲得などの点で、米国からの輸入が高くつくようになったため、しかたなく自国製ディスコの製造に走ったということです。

80年代のイタリア産ディスコは、「経費を安くあげよう」がスローガン。楽器はシンセのみ、ボーカルもギャラの高いメジャーな歌手を使わず、新人ばかりを起用しました。曲がヒットして、歌手がギャラのアップを要求すると、容赦なくクビにしたそうです。そんなこともあって、例えば、デン・ハロウという人物は実際は3人いました。歌手名はある種の「ブランド名」でしかなかったのです。

ここら辺が、「ディスコは粗製乱造だ」と言われてしまうゆえんでしょう。けれども、安く作っている割には、どの曲もなかなか良いと私は思います。「おばかでチープ」はディスコ的には大歓迎。要は聴いて、踊って、楽しめればそれでよいのですから。感覚的に好きなのであれば、後は理屈は要りません。ジョルジオ・モロダーが築いたシンセ道は、母国でしっかり開花したと言わざるを得ません(断定)。

写真のCDは、ご存知ジョルジオの出世作「From Here To Eternity」。この中で展開する上質で未来的なシンセ音は、文字通りイタロ・ディスコの永遠(eternity)への道を暗示するかのようですな。現在のテクノやトランスやハウスの音に占めるシンセの比重を考えれば、なおのことでしょう(再び断定)。

CDのライナーノーツ書きました


たまには「ボカロでYMCA」
キュート奇天烈でよろし。
本業分野の著書です!―my latest book


初証言でつづる昭和国会裏面史!
著書です!―my book


キーワードは意外に「ディスコ」。
TOEIC930点への独学法とは…
livedoor プロフィール
Archives
検索してみよう!

このブログ内
ウェッブ全体
訪問者数(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最近の訪問者数(UU)

    Recent Comments
    blogramボタン
    blogram投票ボタン
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ