ディスコ堂 by mrkick

音楽に貴賎なし ―Discoの考察とCD批評

スウェーデン

マドリーン・ケーン (Madleen Kane)

Madleen Kane奇妙でけだる〜いディスコディーバといえば、マドリ〜ン・ケ〜ンさん。日本では「Forbidden Love(邦題:禁じられた愛)」(1979年)で知られます。

まず、眉毛がありません。70年代のデビッド・ボウイみたいな金髪美女です。このスタイルが当時の流行だったのでしょう。何しろ、世界的モデル事務所「フォード」所属の超売れっ子モデルだったのです。ハリウッドからも、かのジャック・ニコルソンの共演女優としてお呼びがかかったくらいなのですから(でも彼女は「私、ハリウッドになんて住みたくな〜い」と断ったらしい)。

彼女は1958年、スウェーデン生まれ。欧州を中心にモデルで活躍中のころに歌の世界に入り、1978年には早くもアルバム「ラフ・ダイヤモンド」の「ラフ・ダイヤモンド/タッチ・マイ・ハート」を全米ディスコチャート3位に送り込みました。その後も、アルバム「Cheri」の「禁じられた愛/ユー・アンド・アイ」(79年、同3位)がヒットしています。

80年代に入ってからも勢いは衰えず、81年には大御所ジョルジオ・モロダーのプロデュースによる「ユー・キャン/ファイア・イン・マイ・ハート」が、同チャートで3週連続1位になっております。

この人、けだる〜いのは容姿だけではありません。曲も全体的にアンニュイであります。「モア・モア・モア」(76年)で有名なアンドレア・トゥルーのように、当時よくみられた「お色気ボイス系」の女性ディスコ歌手だったのですね。ただし、アンドレアさんの「元ポルノ女優」という経歴と比べると、もう少し華やかな感じです。

さて、代表曲「禁じられた愛」ですが、今聴いてもとてもイイ曲だと思っています。イントロのピアノと「ア〜ア〜ア〜」という女性コーラスが、テルマ・ヒューストンの名曲「ドント・リーブ・ミー・ディス・ウェイ」(76年)のイントロにも似たドラマチックな雰囲気。メロディーもゴージャスそのもので、サビにかけて徐々に盛り上がっていく感じが実に心地よいのですねえ(ベタボメ)。

それでも、80年代半ばには人気が急激に衰えました。ハイエナジーの名プロデューサーであるイアン・アンソニー・スティーブンスと組んで、米TSRレーベルからアルバム「カバー・ガール」(85年)を出したものの、セールスは今ひとつ。既に過去の人となっていたようです。

私自身はディスコではほとんど耳にしませんでしたが、なんだか印象に残るマドリ〜ンさん。ディスコ史にも一応、しっかりと足跡を残したとはいえましょう。

この人のCDはあまり出ておらず、写真のTSR盤のベスト「12 inches & More」程度。しかも、「12インチ集」と謳っておきながら、肝心の「禁じられた愛」は短いLPバージョン。もっと再発してほしいアーチストの一人ですね。


ABBA

ABBAディスコといえばアバは避けて通れません。1974年から1982年までの実働期間に、世界で2億5000万枚のアルバム&シングルを売り上げたという偉人たちなのです。ビージーズでも1億8千万枚といいますから、そのすごさは認めざるを得ません。

スウェーデン出身というのが良いと思います。90年代に入ってロクセットとかカーデガンズとか出てきましたが、ポピュラー音楽的には非常に地味な国です。意外な国の四人組が、たどたどしい英語でヒットを連発した時代は、ディスコブームとちょうど重なっています。

インターネットを見ると、公式サイトやファンサイトを除けば、「商業ウケ狙い」「安っぽい(Cheesy!!!)」というディスコ特有の評価がされているようです。でも、私はかなり好きですね。よく聞くと、北欧の民謡やボヘミアのポルカやミュージカルといった要素を感じさせていて、なかなか個性的で凝っていると思います。アグネタ(金髪)とフリーダ(赤毛)のコーラスも美しい。

ディスコ的には、まずは「ダンシング・クイーン」(76年)。メロディーラインの美しさは、数あるアバの哀愁ユーロ系の中でも群を抜いていると思います。あまりにもベタ過ぎて、今のダンスクラシック・パーティーなどではかけにくい曲ではありますが。けれども当時は、テンポが非常に遅いにも関わらず、曲の出だしからフロアを華やかにする力を持っていました。

あと、好きなのは「レイ・オール・ユア・ラブ・オン・ミー」(80年)です。やっぱり美しい(ベタぼめ)。これには伝説の「ディスコネット・ミックス」という約8分のバージョンがあって、これは盛り上げ方が「奇跡」とまで言われるほどのリミックスとなっています。

周知のとおり、彼らはカップル2組の構成だったのですが、80年前後に2組とも離婚。ちょうどディスコブームの終焉とも重なって、またぞろ一気にスターダムから転げ落ちるのでした。

82年の解散後、4人ともソロで活動したものの、いずれも大ヒットは出していません。ビヨルン、ベニーの男2人が、1984年にヒットミュージカル「チェス」の主題歌「ワンナイト・イン・バンコック」(マレー・ヘッド)をプロデュースして、少し話題になった程度です。

詞の内容も、70年代は「今こそ踊るのよ!!あなたは輝くダンシンクイーン!!」といった調子であれだけ明るかったのに、80年以降には翳りを見せていきます。特に夫とのすれ違いに苦悩するアグネタとフリーダの本音がにじんでくるのです。

80年発売の上記「レイ・オール・ユア…」は、女の嫉妬と不安がテーマ。同じく80年の「ザ・ウィナー」は、一途な女の子の失恋がテーマです。そして81年発売の「ザ・ヴィジターズ」では、「誰かが来る!恐怖で壊れそう。何もかも奪われてしまう。助けて!!」と明らかにヤケになって狂い始めています。

まあ、活動期間がビートルズと一緒のたった8年間ですからね。その間にあれだけ売れたというのは、ビートルズとかプレスリー以外にはあまり見当たりません。ポピュラー音楽史に残るアーチストであることは否定しようがないでしょう。

アバを聴くなら、写真の日本盤ベストの2枚組CDに尽きます。ほぼ全部のヒット曲が、年代順に収められています。歌詞カードを見ながら聴いていくと、4人の悲喜こもごものドラマが伝わってくるようです。ちなみにヒット曲「ブーレ・ブー」(79年)のロングバージョンもおまけで入っています。
プロフィール

mrkick (Mr. Kick)

「ディスコのことならディスコ堂」----本名・菊地正憲。何かと誤解されるディスコを擁護し、「実は解放と融合の象徴だった」と小さく訴える孤高のディスコ研究家。1965年北海道生まれのバブル世代。本業は雑誌、論壇誌、経済誌などに執筆する元新聞記者のジャーナリスト/ライター/翻訳家。もはや踊る機会はなくなったが、CD&レコードの収集だけは37年前から地味〜に続行中。アドレスは↓
mrkick2000@gmail.com

*「下線リンクのある曲名」をクリックすると、YouTubeなどの音声動画で試聴できます(リンク切れや、動画掲載者の著作権等の問題で削除されている場合はご自身で検索を!)。
*最近多忙のため、曲名質問には基本的にお答えできません。悪しからずご了承ください。
*「ディスコ堂」の記事等の著作権は作者mrkick(菊地正憲)に帰属します。

Archives
検索してみよう!

このブログ内
ウェッブ全体
本業分野の著書!(Amazonリンク)


初証言でつづる昭和国会裏面史!
著書です!(Amazonリンク)


キーワードは意外に「ディスコ」。
TOEIC930点への独学法とは…
CDのライナーノーツ書きました(Amazonリンク)


たまには「ボカロでYMCA」。
キュート奇天烈でよろし。
訪問者数(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最近の訪問者数(UU)

    Recent Comments
    blogramボタン
    blogram投票ボタン
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ