ディスコ堂 by mrkick

音楽に貴賎なし ―Discoの考察とCD批評

ステップ

Evelyn King (イブリン・キング)

Evelyn King「シェイム」(77年)のイブリン・キング(後にイブリン・シャンペーン・キングと改名)は、1960年生まれ。15歳のとき、フィリー・サウンドで名高いギャンブル・アンド・ハフのシグマ・サウンド・スタジオでスカウトされ、デビューしました。だから、最初のころのアルバムの写真はすごく若くて、小学生みたいにも見えます。

スカウトの経緯は有名ですね。彼女は米フィラデルフィアにあるシグマスタジオをバイトで掃除中に、プロデューサーに見出されたのでした。いつもは母と姉が2人で掃除の仕事をしていたのですが、たまたま姉が病気で休んで代役となり、スタジオで母に「何か歌ってごらんなさい」と言われて、サム・クックの曲を歌っていたところ、T・ライフという著名プロデューサーに「こりゃあイケる!」と注目されたというわけです。つまりシンデレラガールです。

最初のシングル「ダンシン・ダンシン・ダンシン」は売れませんでしたが、次に出した「シェイム」がR&Bチャート7位、ディスコチャート8位に入る大ヒットとなりました。80年代に入っても、「アイム・イン・ラブ」(81年、R&B/ディスコ・チャート1位、)「ラブ・カム・ダウン」(82年、R&B/ディスコ・チャート1位、ポップチャート17位、YouTube動画)などと、ヒットを連発します。見事に79-80年の「ディスコ危機」を乗り越えたのでした。

彼女って、日本でもとても人気があります。私自身、彼女の曲は80年代初頭からよくディスコのフロアで聞いたわけですが、70年代ヒットのシェイムについては、あの祭り踊り風の画一的「ステップダンス」一色に染まることがあって正直、苦手です。ほかの「勝手に踊りたい組」と、どうしても分離してしまいますものね。やはり、アイム・イン・ラブとか、ラブ・カム・ダウンとか、みんなでアナーキーに踊れる80年代の落ち着いた感じの方が好みであります。

あと、彼女には「ベッチャ・シー・ドント・ラブ・ユー」(82年)、「アクション」(83年)、「アウト・オブ・コントロール」(85年)、「ユア・パーソナル・タッチ」(85年)なんていうヒット曲があります。洗練されたシンセ音と、相変わらず安定していて迫力のあるボーカルがうまく調和しています。もちろん、ステップ曲ではもはやありません。いずれも彼女の黄金期を代表する曲だと思っています。

CDのベスト盤はいくつも出ていますが、写真の米BMG盤が12インチバージョンが入っているなどして一番、出来が良いかと思います。ちなみに、私が最も好きなアルバムは「アウト・オブ・コントロール」が入った「ソー・ロマンティック」なんですが、こちらはCD化されておらず、残念です。このアルバムに収録の「アイム・ソー・ロマンチック」はアップテンポの明るい曲調で、ディスコ的には名曲です。

ハイ・エナジー

Hi-Energy80年代前半のディスコを彩ったハイ・エナジー・サウンドは、ロンドンの「レコード・シャック」というレーベルが生み出した。シャック(shack)とは、「丸太小屋」の意味を持つ。

レコード・シャックは80年、ディスコミュージック専門の小さな輸入レコード店として創業。82年にはレコード制作に乗り出し、「イーズ・ユア・マインド」(タッチダウン)という曲を最初にリリースして以降、次々とディスコヒットを世に送り出した。

プロデュースはイアン・レヴィーンというロンドンのDJが主に担当。「ソー・メニー・メン・ソー・リトル・タイム」(ミケル・ブラウン)、「ハイ・エナジー」(イブリン・トーマス)など、おなじみの大ヒットを連発していった。コンセプトは「モータウンのようなメロディーを持ったテクノ・ポップ」だったそうだ。

ハイ・エナジーは、後のユーロビートや日本特有の「パラパラ」に継承されている。どちらかというと、「イケイケミーハー系」の王道を行く音である。「老若男女、おバカさんになって踊ろう」という意味で、よく出来た内容だと思う。キャッチーなメロディーと分かりやすくて手堅いビート進行は、哀愁調のユーロビートともども、特に「日本人受けする」と言われた。

実際、日本の場合、ディスコは「盆踊り」だった。地域の人が分け隔てなく参加できる、舞踏の儀式。ついでに言えば、現在の盆踊りは、500年前の室町時代の「風流(ふりゅう)踊り」にまでさかのぼることができる。当時の文献によれば、若者たちが異様な衣装を着て、集団で激しく踊り狂い、ときには踊りグループ同士の「抗争」にまで発展したという。

風流踊りのおバカさ加減って、「パラパラ族」はもちろん、かつての「竹の子族」「ローラー族」にも通じるのではないか。同じ振り付けで、同じステップを踏んで高揚感を味わうわけだ。ディスコのフロアでは、こうしたステップの上手、下手も問われていた。適度に「非日常」や「狂気」もはらんでいる。

大昔のように五穀豊穣なんかの「祈り」まで込められているのかどうかはともかく、「皆でおバカさん」のつもりが、やがて「俺たちの方がおバカさん」と競い合うことになってしまう点などは、いかにも日本人らしいという気もする。

軽さが持ち味のハイエナジーの元祖「レコード・シャック」。基本的に「大衆的おバカディスコ賛成」の私にとっては大切なレーベルなのだが、こんなエピソードもある。

ジャズ・ファンクとかフュージョンの分野で80年代、「インビテーション」などのヒットを飛ばした「シャカタク」というグループがいたが、これはレコード・シャックのスペルをもじって命名された。無名のころ、メンバーが最初に音源を持ち込んだのが、なんとレコード・シャックだったのだそうだ。

持って行く先がちょっと違うんじゃないかと思うが、それでも2、3千枚プレスして販売したところ、ばか売れして手に負えなくなってしまい、メジャー大手ポリドールに権利を売ったという逸話がある。

「インビテーション」は、私が通っていた札幌の大箱ディスコで、「ソーメニーメン…」のような大盛り上がりのラストの曲が終わった後、照明が一挙に明るくなったときにかかっていた。「非日常」の終わり、つまり閉店を告げる曲だった。「インビテーションはディスコではない」ということが、こんなところでも証明されていたのだ。

写真のCDは、レコード・シャックの2枚組み12インチ集で、AWESOME RECORDS盤。音質ばっちり。主なヒット曲が網羅されており、これがあれば十分だと思う。
プロフィール

mrkick (Mr. Kick)

「ディスコのことならディスコ堂」----本名・菊地正憲。何かと誤解されるディスコを擁護し、「実は解放と融合の象徴だった」と小さく訴える孤高のディスコ研究家。1965年北海道生まれのバブル世代。本業は雑誌、論壇誌、経済誌などに執筆する元新聞記者のジャーナリスト/ライター/翻訳家。もはや踊る機会はなくなったが、CD&レコードの収集だけは37年前から地味〜に続行中。アドレスは↓
mrkick2000@gmail.com

*「下線リンクのある曲名」をクリックすると、YouTubeなどの音声動画で試聴できます(リンク切れや、動画掲載者の著作権等の問題で削除されている場合はご自身で検索を!)。
*最近多忙のため、曲名質問には基本的にお答えできません。悪しからずご了承ください。
*「ディスコ堂」の記事等の著作権は作者mrkick(菊地正憲)に帰属します。

Archives
検索してみよう!

このブログ内
ウェッブ全体
本業分野の著書!(Amazonリンク)


初証言でつづる昭和国会裏面史!
著書です!(Amazonリンク)


キーワードは意外に「ディスコ」。
TOEIC930点への独学法とは…
CDのライナーノーツ書きました(Amazonリンク)


たまには「ボカロでYMCA」。
キュート奇天烈でよろし。
訪問者数(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最近の訪問者数(UU)

    Recent Comments
    blogramボタン
    blogram投票ボタン
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ