ディスコ堂 by mrkick

音楽に貴賎なし ―Discoの考察とCD批評

ストック・エイトケン・ウォーターマン

サマンサ・フォックス (Samantha Fox)

Samantha Fox Touch Meサブリナに負けず劣らずの「バブリーボディー」で一世を風靡したのがサマンサ・フォックスです。10代からお色気アイドル路線まっしぐらでして、ついでにディスコヒットも連発しました。

1966年ロンドン生まれ。実母が下着姿のサマンサの写真をゴシップ新聞に送ったところ、フォトコンテストで上位にランクインしたのをきっかけに、ピンナップガールの道へと進みます。続いてかの「プレイボーイ」誌などで豪快にヌードも披露し、思惑通り「英国のセックスシンボル」となりました。

これまた自然の成り行きで歌手として曲を発表したのは、1980年代半ばです。19歳のときのデビュー曲の「タッチ・ミー」(86年)が、英米の一般チャートでいきなりトップ5に入る大ヒットを記録しました。とてもラッキーな躍進ぶりといえます。

その後も、「ドゥ・ヤ・ドゥ・ヤ」、「アイ・サレンダー」、「ストップ・ミー・ナウ」、「ノーティー・ガールズ」(全米一般チャート3位、全米ディスコチャート9位)、「アイ・オンリー・ワナ・ビー・ウィズ・ユー」「アイ・ワナ・ハブ・サム・ファン」(全米一般チャート8位、全米ディスコチャート2位)といったユーロビートやラテン・ヒップホップ、フリースタイル系の曲を次々と発表し、欧米や豪州、アジアで大ヒットを記録したのでした。もちろん、バブル期日本のディスコフロアでもギンギンにかかりまくりです。

80年代後半のディスコを語る際、どうしても登場してくるのが「打ち込みパターン化の帝王」ストック・エイトケン・ウォーターマン(SAW)ですが、前回投稿のサブリナ同様、この人も一時期は影響下に置かれました。まあ、私は特別に嫌いじゃないですけどね、SAW。上記のヒット曲の中では、「ストップ・ミー・ナウ」(2時間でレコーディングを終えたとの伝説あり)、「アイ・オンリー・ワナー…」、などが彼らのプロデュースです。

ただ、ボーカルスタイルや曲調という点では、サブリナや同じSAW系のカイリー・ミノーグバナナラマたちと違い、少々ワイルドなロックテイストが含まれているのが特徴といえるでしょう。

90年代に入ると、彼女の肉体にも徐々に衰えが目立ち始め(?)、セールスも下降線に。サマンサに内緒で巨額の富(2億円近くといわれる)を勝手に口座から引き出していたとして、事実上のマネジャー役だった実父を提訴するという“骨肉の父娘紛争”も勃発しました(娘が勝訴)。この父親は元大工だったそうですが、「いきなり打ち出の小槌」の娘から、手痛いしっぺ返しを食らったわけです。娘の下着姿を売り込む母親といい、なんだか日本の芸能界でもありそうな「アホ親」といった風情もありますね。

さて、この人のCDはベスト盤を中心にまずまず出ています。写真は「タッチ・ミー」や「ドゥ・ヤ・ドゥ・ヤ」などが入ったデビューアルバム「タッチ・ミー」。ジャケットのサマンサが、なかなかワイルドで場違いな感じですが。……あと、下写真は日本盤(BGMファンハウス)の「12インチ集」。肖像権絡みでしょうか、写真がヘンにボケちゃってますが、これは文字通り、彼女のヒット曲の貴重なロングバージョンが計11曲収録されていて、内容的には結構おススメでございます。

Samantha Fox

サブリナ (Sabrina) &イベント告知

Sabrinaさて、今回は「ディスコおねえさん特集」の続きでサブリナ(本名:Sabrina Salerno)です。写真はデビューアルバム「サブリナ」の日本盤CD。80年代後半、ご覧の通りバブリーな容姿で大人気だったアーチストであります。

1968年イタリア生まれ。「地元の美人コンテストで優勝→モデル→歌手」という一般的なパターンを歩んだ彼女は86年、「セクシー・ガール」という曲をリリースして注目されます。続く87年に発売した「ボーイズ」がヨーロッパを中心に世界的なディスコヒットとなったわけです。日本でもバブル・ディスコ時代を代表するアーチストに加えられますね。

ヌード姿やお色気路線のビデオクリップも話題となりました。ディスコ界では珍しくはありませんが、歌の上手い人ではまったくありませんので、最初からもろセクシー(エロ)狙いの歌手だったといえます。男子にとっては「ジャケ買い必至」といえましょうか。な〜んとお下劣!……いや、私も当時、そんな感じで12インチを買ってしまった一人であると告白いたします。

曲のスタイルは、典型的なシンセ打ち込み型のイタロディスコ(ユーロビートでも可)です。上記2曲以外にも、「ライク・ア・ヨーヨー」とか「ホット・ガール」とか「オール・オブ・ミー」などのポップナンバー、さらには「レディー・マーマレード」、「アイム・セクシー」、「マイ・シャローナ」などのリメイクものを数多くリリースし、それぞれ相当な人気を博しました。

売れっ子になったこともあり、プロデューサーやアレンジャーには、ジョルジオ・モロダーラビヨンダストック・エイトケン・ウォーターマンをはじめとするディスコ界の大御所も起用されています。

サブリナさんは歌手活動だけでなく、恵まれたルックスをフルに生かし、舞台女優やテレビタレントとしても活躍しました。日本で言えば、80年代タレントの武田久美子とか伊藤かずえに似た感じですね(特に顔)。

それでも、90年代に入ると「アーチストとしての私」に目覚めたのか、セクシーイメージを払拭しようとして事務所と対立するようになり、セールス的に低迷した時期がありました。それでも90年代後半には無事カムバックを果たし、本国では40代に突入した現在も、かなりの人気を保っているようです(セクシー路線はどうやら“遠い昔”ですが)。

CDは、デビュー当時からけっこう日本盤でも海外盤でも出ていたのですが、最近はほとんどが廃盤になっています。とはいえ、ベスト盤はドイツの「L.T. Series」などからいくつか出ておりまして、入手はそれほど難しくありません。往年のバブリーディスコを堪能したい向きには、このバブリー歌手は欠かせない存在かと思われます。

★★★ところで、今回はちょいとイベント告知を・・・・・・。本ブログのコメント投稿で毎度お世話になっておりますベテランDJ「ボビQ」さんが3月7日、東京・高円寺にてディスコイベント「幕の内ナイト」を再び開催いたします。私もちょくちょく行っておりますが、80年代のハイエナジー&ユーロビート&ニューウェーブを中心に、ロック、パンク、R&Bさらには和モノなど盛りだくさんの内容でして、文字通り“幕の内な夜”を満喫できます。その該博な音楽知識と選曲センスにはいつも感銘を受けております。東京界隈の方はぜひ! 

詳しくは専用サイトをご参照ください↓
http://www.geocities.co.jp/makunouchi_night/

ディバイン (Divine)

Divineディスコ界には奇人変人がいっぱいいますが、極めつけは何といってもディバインでしょう。「ドラッグ・クイーン」(女装好きのゲイ)の元祖! 太った風貌といい、きらびやか過ぎる服装といい、過激な言動といい、常識の範囲をはるかに越えていました。

ディバインさんは前回紹介のフラーツと同様、80年代前半から中盤にかけて、ボビー・オーランドのプロデュースでハイエナジーのディスコヒットを量産しました。「Native Love」(82年、全米ディスコチャート21位)、「Shoot Your Shot」(82年、同39位)、「Love Reaction」(83年)、「Shake It Up」(83年、イントロがニューオーダーの「ブルー・マンデー」そっくり)などがよく知られています。声はだみ声ですし、はっきり言って下手です。チャートアクションもさほどではないのですが、記録よりも記憶に残るアーチストです。

1945年イギリス生まれ。幼少時から太った変わり者でいじめられっ子だったディバインは、学校を出て一時美容師になったものの、数年後には辞めて俳優の道に進みました。当初からキワモノ役者の扱いでして、72年には伝説のカルトムービー「ピンク・フラミンゴ」に主演し、一気に名声を高めました。

「伝説」「名声」といっても、そこはキワモノ変人の面目躍如。この映画はいまだに悪趣味、下品の頂点とも言われる低俗なコメディーでして、殺人からレイプからスカトロジーまで、卑劣な人間像が極限まで表現されています。その中でディバインは、なんと「犬の隣に座り、その糞を食べる」という有名なシーンまでやってのけています。本人は少しイメージを変えようと努力した時期もあったようですが、ここに完全に変態としての地位を確立したわけです。

私も20年ほど前にこの映画を観たことがあります。やはり今でも印象に残っているのは「糞食い」シーンですね。どうやら本当に食べているのですよ!これを見て吐き気を催さない人がいたら不思議です。

さて、そんなディバインさんを、「非常識オッケー」のディスコ界が見逃すはずはありません。試しに曲を発表したところ、特にゲイたちに人気のハイエナジーの世界ではヒーローとなりました。明らかに怪しいルックスと特徴的な声は、世界中のフロアを熱狂させたのです。

もちろん、彼を音楽的に育てたのはボビー・オーランド(ボビーO)にほかなりません。ボビーO自身、若いころはボクサーを目指したものの顔がプリティーフェイス(童顔)だということで断念し、後に売れっ子音楽アーチスト、弁護士にまでなったという世にも珍しい経緯をたどった人です。変り種同士がすっかり意気投合し、人気曲をどんどん世に送り出したというわけです。

私などはとりわけ「Shake It Up」には熱中しました。12インチの怪獣みたいなディバインが載ったジャケットには毎晩うなされたものの、ドラムなしのシンセのイントロから始まり、ドラムボックス、パーカッションが加わって少しずつドライブ感が増していくというボビーOの典型パターンにはハマりました。

ところが、ディバインは84年に突然、ボビーと袂を分かつことになります。当時頭角を現していたハイエナジー/ユーロビートのプロデュースチームで、デッド・オア・アライブやカイリー・ミノーグなどを手がけたことで知られる「ストック・エイトケン・ウォーターマン」(SAW)とのコラボレーションを選択したのでした。やっぱりディバインさん、もっと売れたかったのでしょうね。

SAWとのコラボでは、「You Think You're A Man」(84年)、「I'm So Beautiful」(同)などのド派手系のヒット曲を出しました。アメリカでは今ひとつでしたが、それ以外の欧州や豪州や日本では大人気でした。私自身、この2曲ともディスコではよく耳にしたものです。

80年代後半は歌手としては失速したものの、相変わらず破天荒なタレントぶりを発揮。テレビや舞台で手堅く活躍していたのですけど、88年3月、仕事で滞在していた米ロサンゼルスのホテルで急死。もともと肥満からくる睡眠障害、呼吸障害、心臓肥大などの状態になっており、それが死の原因だったといわれています。

享年42。あっけない幕切れとなったドラッグクイーンですが、空前絶後、どうしたって忘れようもない愛すべき超個性派ディスコ・クイーンでもありました。

CDはベストを中心に比較的たくさん出ています。写真のDelta Blue盤「The Best of Divine」の音質がよく、選曲も網羅的でよいかと思います。CDではなかなか見つからない「You Think You're A Man」の編集なしの完全ロングバージョン(8分)は、英Pickwick盤のベスト「The Cream Of Divine」などに収録されています。もう一つ、「You Think…」については、ナレーション入りでなかなかカッコいいリミックスバージョンが「Stock Aitken Waterman Gold」という3枚組コンピに収録されています。
プロフィール

mrkick (Mr. Kick)

「ディスコのことならディスコ堂」----本名・菊地正憲。何かと誤解されるディスコを擁護し、「実は解放と融合の象徴だった」と小さく訴える孤高のディスコ研究家。1965年北海道生まれのバブル世代。本業は雑誌、論壇誌、経済誌などに執筆する元新聞記者のジャーナリスト/ライター/翻訳家。もはや踊る機会はなくなったが、CD&レコードの収集だけは37年前から地味〜に続行中。アドレスは↓
mrkick2000@gmail.com

*「下線リンクのある曲名」をクリックすると、YouTubeなどの音声動画で試聴できます(リンク切れや、動画掲載者の著作権等の問題で削除されている場合はご自身で検索を!)。
*最近多忙のため、曲名質問には基本的にお答えできません。悪しからずご了承ください。
*「ディスコ堂」の記事等の著作権は作者mrkick(菊地正憲)に帰属します。

Archives
検索してみよう!

このブログ内
ウェッブ全体
本業分野の著書!(Amazonリンク)


初証言でつづる昭和国会裏面史!
著書です!(Amazonリンク)


キーワードは意外に「ディスコ」。
TOEIC930点への独学法とは…
CDのライナーノーツ書きました(Amazonリンク)


たまには「ボカロでYMCA」。
キュート奇天烈でよろし。
訪問者数(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最近の訪問者数(UU)

    Recent Comments
    blogramボタン
    blogram投票ボタン
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ