ディスコ堂 by mrkick

音楽に貴賎なし ―Discoの考察とCD批評

ダン・ハートマン

エドガー・ウィンター (Edgar Winter)

Edgar Winter今回は、70年代末期に突如現れたディスコ界のナゾの刺客、エドガー・ウィンターさんを取り上げてみましょう。

むむむ?? のっけから、なんだかえも言われぬ殺気を感じます。中国は四川省の山奥で「おい、そこのじいさんよ」とちょっとからかおうものなら、逆にやおら秘伝の武術を次々と繰り出されて困り果ててしまうような、手だれの仙人みたいなその風情。しかし、その実体は、ボーカルからピアノ、サックス、パーカッション、ギターまでなんでも器用にこなすマルチ音楽家であり、これから初夏を迎える季節にぴったりな「爽やか過ぎるディスコサウンド」も世に送り出した才人だったのでありました。

1946年、アメリカはテキサス州生まれ。10代のころ、後に同じようにミュージシャンとして成功する兄のジョニー・ウィンターと一緒に音楽活動を始めました。ディスコ文化があまり伝播しなかった米南部テキサスの人だけあって、兄弟ともに基本的には「誉れ高きロックミュージシャン」ですが、弟だけはなぜか1979年、「The Edgar Winter Album」(写真)という唯一のディスコ系アルバムをリリースするのです。

もうはっきり言って、当時流行だった「ディスコでひと儲け」の典型的パターンです。プロデュースはあの“ディスコミックスの帝王”トム・モールトンですから、こりゃ「推して知るべし」です。「It's Your Life To Live」、「Above And Beyond」、「Please Don't Stop」「Make It Last」など、きっちりと分け目をつけたような「ドンドコ四つ打ちドラム」に、得意のサックスとシンセサイザーを駆使してフュージョンもしくはAORチックな軽〜い旋律を味付けたディスコサウンドが目白押し。いかにもテキサスらしくないウェストコーストな涼風を当時のディスコフロアに「えへへへへ…」と送り込んでいたのでした。実際、シングルカットされた「Above And Beyond」は、米ディスコチャート最高94位にチャートインしています(いきなりちょっと微妙だが)。

さて、このエドガーさん。1970年代の前半には「エドガー・ウィンター・グループ」という人気ロックバンドのリーダーとして活躍。「Frankenstein(フランケンシュタイン)」(73年、全米ビルボードチャート1位!)をはじめとする実験的な秀逸ロックを続々とリリースするわけですが、このグループにはなんと「秘伝のディスコ隠し味」をこっそりと忍ばせていたので〜す!…そう、主力メンバーとしてかのアメリカが生んだ「もろディスコスター」ダン・ハートマンさんが含まれていたのでした。いやあ、さすがカリスマ仙人ロッカーだけあります。

もちろん、グループ自体はハードなロックバンドですので、ダンさんがいたからといって「即ディスコ」というわけにはいきません。でも、彼自身、ベースなどの中核楽器を担当したのみならず、多くの曲をグループのために作曲しています。70年代初期から中期にかけてのアルバムもよくよく聞いてみると、当時出始めていたシンセサイザーをいち早く取り入れるなどして、多少はダンサブルな面も感じさせるのです。

ダンさんはエドガーグループに1972年から5年間在籍した後、ソロとなってディスコ史にさん然と輝く「インスタント・リプレイ」(78年、米ディスコチャート1位)とか「リライト・マイ・ファイア」(80年、同1位)、「I Can Dream About You」(84年、同8位)、「We Are The Young」(84年、1位)といった大ヒットを放ちました。もともとマッチョなロックンロールを持ち味としたエドガーさんが、79年にはんなりと“ディスコ化”を遂げたのも、元メンバー、ダン・ハートマンの存在がどこかで影響していたのだと思われます。

その後、ダンさんは94年に43歳の若さで病気により他界。エドガーさんも80年代以降は音楽的に勢いを失っていきました。けれども、70年代の2人の一見、相容れない不思議な取合わせは、米国ディスコ史を彩る一つのエピソードとして、今なお語り継がれているのであります。

写真のCDは米Wounded Bird盤。特に貴重盤というわけではありません。私自身は、エドガー・ウィンターについてはこれ1枚しか持っていません。いやむしろこれで十分です。これもまたディスコ堂としては「推して知るべし」なのであります。

ロレッタ・ハロウェイ (Loleatta Holloway)

Loleatta Hollowayロレッタ・ハロウェイといえば、まず「リライト・マイ・ファイア」(79年)を挙げておきましょう。ダン・ハートマンのこの代表作では、中盤で見事な声量のメガトンボイスを披露しており、彼女自身にとっても「ディスコディーバ」としての地位を確立させた作品の一つとなりました。

最近、ディスコサイトのDiscomusic.comに載ったロレッタのインタビューによると、「リライト」の女性バックボーカリストの候補としては、ロレッタのほかに、パティ・ラベルとベット・ミドラーがいました。二人ともロレッタより「格」はずっと上なので、制作予算の都合もあったのかもしれませんが、結局はロレッタのド迫力ボイスが選ばれ、全米ディスコチャート6週1位という、セールス的にも大満足の結果を得たのであります。

ロレッタは1946年シカゴ生まれ。少女時代に教会でゴスペルを歌い始め、「キャラバンズ」という地元ゴスペルグループの中心歌手として活動を本格化させます。その後、ミュージカル出演などを経て、70年代前半にソウル歌手としてデビュー。「Our Love」「Mother Of Shame」「Cry To Me」などのR&Bの中ヒットを出しました。

彼女がブレイクしたのは、ディスコブームが到来した70年代中盤です。ニューヨークのサルソウル系のレーベルから、「Hit And Run」や「Run Away」といったダンスチューンを次々と繰り出し、いずれもディスコで大人気を集めたのです。プロデュースは、フィラデルフィアディスコのオーケストラ「M.F.S.B.」のノーマン・ハリスが主に担当していました。

ソウル歌手としてのプライドがあった彼女は当初、「こんなに速くて、しかも長〜い曲を歌えるか!」などと不満だったようですが、まずは「時流に乗ってひと稼ぎ組」の仲間入りをしたわけです。

そして79年のリライト・マイ・ファイヤに続き、80年に全米ディスコチャート1位となった「ラブ・センセーション」をダン・ハートマンと組んで世に送り出します。前述のDiscomusic.comのインタビューでは、次のように話しています。 「ダンは『Hit And Runを聴いて、一緒に仕事することを決めた。ロレッタの声が必要だと思ったんだ』と話していた。それにしても、ラブ・センセーションは今までで一番きついレコーディングだった。だって29回も取り直したんだから。2日目になると声がつぶれてきちゃったから、ダンにノドの薬『ヴィックスベポラップ』をもらって、それをコーヒーで無理やり飲み下しながら、歌い続けたのよ」

けれども、やっぱり「ディスコ歌手で終わりたくない」と、84年にはサルソウルを飛び出し、敢えてストリートワイズというインディレーベルに移りました。これが転機となり、人気は下降線を辿るようになりました。

ところが、90年代に入ると再び光を浴び始めます。90年にはハウスのグループBlack Boxの大ヒット曲「Ride On Time」が、「ラブ・センセーション」をもろサンプリングした内容だったため、著作権訴訟に発展。「よし、次は自分で作ってやる!」というわけで、翌91年、ラブセンセ−ションをセルフリメイクした「Good Vibration」を発売し、全米一般チャート1位(!)の大ヒットとなったのでした。訴訟にも事実上、勝って和解金を得ていますので、ウハウハの儲けぶりだったのです。

その後、2000年代に入っても、彼女はかつての自分のヒット曲のニューバージョンを続々とリリースし、どれもチャートをにぎわせています。結果的に、とても息の長い歌手として活躍することになったわけですね。

まあ、70〜80年代を通して、日本のディスコでは特別に人気があったわけではないのですが、世界的に見れば大物ではあります。近年の若い世代のニューヨークディスコ、ガラージ・クラシック人気とも相まって、このところ再発CDが大洪水で出ています。写真はそのうちの一つの米ライトスタッフ盤です。
プロフィール

mrkick (Mr. Kick)

「ディスコのことならディスコ堂」----本名・菊地正憲。何かと誤解されるディスコを擁護し、「実は解放と融合の象徴だった」と小さく訴える孤高のディスコ研究家。1965年北海道生まれのバブル世代。本業は雑誌、論壇誌、経済誌などに執筆する元新聞記者のジャーナリスト/ライター/翻訳家。もはや踊る機会はなくなったが、CD&レコードの収集だけは37年前から地味〜に続行中。アドレスは↓
mrkick2000@gmail.com

*「下線リンクのある曲名」をクリックすると、YouTubeなどの音声動画で試聴できます(リンク切れや、動画掲載者の著作権等の問題で削除されている場合はご自身で検索を!)。
*最近多忙のため、曲名質問には基本的にお答えできません。悪しからずご了承ください。
*「ディスコ堂」の記事等の著作権は作者mrkick(菊地正憲)に帰属します。

Archives
検索してみよう!

このブログ内
ウェッブ全体
本業分野の著書!(Amazonリンク)


初証言でつづる昭和国会裏面史!
著書です!(Amazonリンク)


キーワードは意外に「ディスコ」。
TOEIC930点への独学法とは…
CDのライナーノーツ書きました(Amazonリンク)


たまには「ボカロでYMCA」。
キュート奇天烈でよろし。
訪問者数(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最近の訪問者数(UU)

    Recent Comments
    「最新トラックバック」は提供を終了しました。
    blogramボタン
    blogram投票ボタン
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ