ディスコ堂 by mrkick

音楽に貴賎なし ―Discoの考察とCD批評

テクノ

テレックス (Telex)

Telex2に・じ・い・ろのラブビーム!♪――というわけで、今回は久しぶりにテクノのりで。30年以上も昔なのに、なんだかPerfumeを彷彿させる音が気になる、ベルギーが生んだ異色のテクノディスコ・グループ「テレックス」であります。

彼らは男性3人組。1978年の結成当初から、テクノポップとユーロディスコを融合させたようなユニークな実験音楽を発表したことで注目され、クラフトワーク、YMOディーボMジョルジオ・モロダーセローンDee D. ジャクソン、 スパークスなどと同様、後のハウスやテクノといったシンセサイザー中心のディスコ音楽の礎を築きました。テクノ音楽が一気にメジャー化する前の70年代か ら活躍していたというのがポイント。ディスコファンやクラブDJに限らず、今も世界中でカルト的な人気を保っている人々です。

代表曲はなんといってもMoskow Discow(79年、米ディスコチャート36位)。モーグなどのアナログシンセサイザーを駆使しつつ、列車の効果音を織り込んでディスコ調に仕上げた面白い作品ですが……実際はこれを聞いても私はそれほど踊る気にはなれません(当時の日本のディスコでは聞いたことないし)。当時のニューウェーブ音楽にありがちな、なんだか無機質で暗い印象です。

彼らには1980年、アバやトミー・シーバックなどの陽気なディスコ系アーチストが多く出場した欧州の「歌の祭典」ユーロヴィジョンに出場した過去も持ちます。出場曲はおとぼけサウンドのもろ「ユーロヴィジョン(Eurovision)」。出場したくて出場したであろうに、ポップで軽〜い歌の祭典をからかったような内容になっています。ただし、「Moskow」よりは少々アホアホな明るさを醸していてディスコ的です。

ほかにも、「Twist A Saint Tropez」(80年、同45位)、「Peanuts」(88年、同45位)などのテクノディスコな曲がありますが、どれもやっぱり変てこな感じです。

海外の音楽サイトに最近、載ったメンバーの一人、 Michel Moersのインタビュー記事(「Elektro Diskow」)によると、Michelは彼ら独特の皮肉やユーモアについて、「ベルギーは地理的に欧州の中心に位置し、歴史的にはいろいろな国から侵略を受けてきた。だからベルギー人はもともと超現実的で、生き残るために他人に冷淡な態度をとる必要があった。そんな風土に子供のころから影響を受けてきたのだと思う」と説明しています。

Michelはディスコについて、「もともとディスコの持つグルーブ感が好きで、自分たちの音楽に取り入れるようになった。実は昔の電子楽器は、電流が不安定だったり、シーケンサーが不正確だったりして、サックスやギターと同様の人間くささがあった。だからかえってグルーブ感があった」としています。このあたりは、私も納得する説明ですね。80年代中ごろまでのシンセサイザーは、どことなく温かみを感じたものです。その後の技術進歩を背景に、90年前後からは急速にシャキシャキと鋭角的で乾燥した音になっていきました。

さらにMichelは、最近のダンスミュージックについて、「どれも同じように聞こえてしまう。電子音楽の技術が進歩して音作りが簡便になったことで、『カット&ペースト』で作った『クローン』のような曲になってしまっている」などとけっこう厳しい見方。う〜ん、いや、これにも私はおおむね同感であります。とはいえ、たとえば前述のPerfumeなどは、70-80年代のレトロテクノのノリがあることに加えて、メロディーに日本民謡のようなトロリとした哀感を感じることもあり、嫌いではないわけですけどね。

テレックスはここ20年ほど、あまり活発に活動していません。6年前に新譜を出した程度です。カルト的人気のわりにはベスト盤CDもあまり出回っていませんが、写真の“おさかなベスト”(ベルギーEMI盤)は、「Moskow」「Eurovision」などのヒット曲が網羅的におさめられている上に、比較的入手も容易です。

マイク・シオドア・オーケストラ (Mike Theodore Orchestra)

Mike Theodore Orchestra前回紹介のキング・エリッソンがディスコをリリースしたレーベル「Westbound」からは、マイク・シオドア・オーケストラというディスコグループもヒットを出しました。

文字通りマイク・シオドアというミュージシャンが中心人物。1977年発売のアルバム「コズミック・ウィンド」のうち、「コズミック・ウィンドザ・ブル/ベリー・ブギー」のA面3曲がセットでディスコチャート2位まで上昇しました。いずれも70年代後半の「シンセ無しディスコ」時代の典型的な曲で、良い意味でのディスコ的ミーハーさには欠けるものの、イージーリスニング風で、どこでも安心して聴けるようなややのどかな音色です。

マイク・シオドアは米中西部の自動車生産基地であるデトロイトの出身。キング・エリッソンのプロデュースを共同で担当したギタリストのデニス・コフィー(Dennis Coffey)とは同郷の白人同士の盟友ですが、二人とも黒人音楽の影響をモロに受けています。デニスはこの「コズミック・ウィンド」にも参加しています。ちなみにミックスは、またもやトム・モールトンです。

特にデニスは、これまた同じデトロイトのソウル/R&Bの有名レーベルである「モータウン」(モータウン=モータータウン=自動車のマチ=デトロイトの俗称)との関係が深く、独特の音色を奏でる腕っこきギタリストとして、マービン・ゲイやテンプテーションズなどのさまざまな大物黒人アーチストとコラボレートしたことでも知られています。自身名義でも「スコーピオ」(72年)なんていうファンク風の名曲を出していますね。

私がマイク・シオドア・オーケストラに注目したいのは、「デトロイト系ディスコ」という点に尽きます。ニューヨーク、米西海岸、フロリダが中心だった米国ディスコ界にあっては、ちょっと珍しい存在なのですね。

マイク、デニスともに、ディスコの枠では収まらない人々ですけど、「車工場のマチからディスコが飛び出した」という意味でけっこう異色だといえます(モータウン・レーベルがデトロイト起源ということ自体がそもそも異色だが)。後の90年代にデトロイト・テクノが隆盛を誇ったことや、同じ中西部地区にあってデトロイトと近いシカゴで世界初のハウス・ミュージックが発展していったという事実も、ディスコ/クラブ史を考える上では興味をそそります。

五大湖の豊富な水資源に恵まれたデトロイトには20世紀初頭、フォード社が大工場を建設し、米国南部から大量の黒人労働者を集め、工業都市として発展した歴史があります。意外にソウル、ファンクなどの黒人音楽がデトロイトで開花したことについても、こうした労働者たちが音楽文化を伴って移入してきたという背景があるわけです。

マイク・シオドア・オーケストラは、その後1979年にも「High On Mad Mountain」というディスコ・アルバムを出しています。このうち「Disco People」という曲が米ディスコチャート8位まで上昇しました。このアルバムは、ディスコブームがピークを迎えた年の発売だったこともあり、さらにディスコ色が濃厚です。

WestboundはなぜかCD再発率が高いレーベル。マイク・シオドアについても、上記のディスコアルバム2枚が1枚にカップリングされて発売されています(写真)。コアなディスコファンにとっては、ありがたいことではないかと思っています。そんなに売れないでしょうが。

イエロー・マジック・オーケストラ (Y.M.O.)

YMO「シンセサイザーディスコ万歳!」派の私としては、YMOを取り上げないわけにはいきません。1978年のデビューアルバム(写真、US盤)には、テクノなディスコが満載(のはず)です。

70年代後半のディスコシーンでは、YMOに限らず、いろんなテクノ系アーチストが出始めていました。米国からはDevo、ドイツからはクラフトワーク、ベルギーからはTelexといった具合です。「テクノディスコ」という点では、かつてここで語らせていただいた「ミュンヘン・ディスコ」の御大ジョルジオ・モロダーも忘れてはなりません。

YMOは、テクノ音楽そのものの創始者ともいえるクラフトワークはもとより、ジョルジオさんから多大な影響を受けているといわれます。その上で、コンピューターゲームの音をふんだんに使うなどして、独自性を打ち出しています。

…がしかし、この人たちは、ディスコ的に決定的な“誤り”があるのです。このデビュー盤をあらためて聴くと、ちょっと凝りすぎ、という感じ。まさにインテリで前衛的であります。つまり、「おバカ」の対極にあるような音楽。これでは、とてもゴキゲンに踊ることなどできない(はずです)。

あえて「おバカ」な点を挙げれば、相当な技術力と想像力を駆使しているのではありますが、やはり中心楽器となるコンピューター(シンセ)の音が「チープ」だということです(皮肉&トホホ)。いや、確かに「遊び心」は感じるのですけど、至極「インテリな実験」なのでありました。

デビュー盤は、日本版とUS盤の2種類を出しています(内容的にはそんなに変わりはない)。そのことからも分かるように、米国の当時のディスコ市場を大いに意識しています。けれども、そこそこの話題を呼んだとはいえ、ディスコチャートは最高42位と「まずまず」でした。

それでも、彼らの最高傑作とされる2枚目(79年)「ソリッド・ステイト・サバイバー」は無難な電子音ディスコです。音の厚みが格段に増している上、ドラムビートもしっかりかっきり、刻まれています。これだと少し踊りやすいですね。私なども、日本でおなじみの「ライディーン」あたりは、よくフロアで耳にしたものです。

まあ、「テクノ音楽史における先駆者としての功績」はともかく、この人たちの音楽をディスコでくくって考えると「どうもいまひとつ」ということになります。「解放音楽」ディスコと、「(誰でも一応同じ音が出せるという意味での)解放楽器」シンセとの融合は、やはり電子テクノロジーが急速に進歩する80年代を待たねばなりませぬ。

……ところが、そのころには、YMOにはポップス感はなくなり、もっと前衛的になっていってしまうのです。世界ディスコ史に残る日本発の曲ができたかもしれないのに。わたくし的には、そこが残念でありました。

Devo (ディーボ)

Devo10年以上前、キッチュ(まがいもの=でも逆におシャレ)という逆説的な言葉が流行りましたが、そんな表現にふさわしいのがディーボ。1980年前後、赤い植木鉢みたいな帽子を頭にかぶり、変な格好でテクノダンスミュージックを次から次へと繰り出した人々です。

ニューウェーブ系にしては珍しく米国出身の男性五人組です。まあとにかく変てこなバンドで、70年代半ばの結成当初は、ステージで演奏を始めると観客からやじられたり、ビールびんを投げつけられたりと大変だったそうです。米国人は前衛的で小難しい音はあまり好みませんからねえ。

それでも、次第に理解者が増えてきて、カルト的人気が出てきたのが80年です。「ウィップ・イット」がビルボードで14位に入る健闘を見せて、自分たちの居場所を確保したといったところでしょうか。その後もバンドは解散せず、現在もライブ活動を続けているようです。

彼らの曲は80年代前半、日本のディスコでもかかっていました。私のいた札幌では「ピーク・ア・ブー!」(Peek-A-Boo!=いないないばー!)という人を食ったような曲をフロアで盛んに耳にしましたね。さすがに凡百のテクノポップバンドよりはシンセの使い方が重厚で、ノリが非常に良かった。同じころのシングルヒット「ザッツ・グッド」なんていうのもかかっていました。

本人たちもあるディスコのビデオで「ディスコを意識している」と断言していましたから、曲調も基本はドラムマシーンを駆使した80年代ディスコを感じさせます。

ただ、この人たち、おバカさんなようでいて「バカを装っている感」がある。ディーボとは「De-Evolution」の略語だそう。強引に訳すと「退化的進化」「進化的退化」「脱進化」???……てな具合でやっぱり人を食っている。歌詞の内容も、ポストモダンだかなんだ知りませんけれど、前衛的でよく分からないのが多いです。パロディなんでしょうが、インテリくささは否めません。

ディーボにはコアなファンが多いので、比較的CD化もされています。上の写真は15年ほど前に発売されたベスト版。とりあえずヒット曲が網羅されているので一番、手っ取り早いと思います。下の写真は、出世作となった80年「Freedom of Choice」で、ウィップ・イットが入っています。聴くほうは理屈をこねず、素直に曲を楽しむことと致しましょう。Devo-2
プロフィール

mrkick (Mr. Kick)

「ディスコのことならディスコ堂」----本名・菊地正憲。何かと誤解されるディスコを擁護し、「実は解放と融合の象徴だった」と小さく訴える孤高のディスコ研究家。1965年北海道生まれのバブル世代。本業は雑誌、論壇誌、経済誌などに執筆する元新聞記者のジャーナリスト/ライター/翻訳家。もはや踊る機会はなくなったが、CD&レコードの収集だけは37年前から地味〜に続行中。アドレスは↓
mrkick2000@gmail.com

*「下線リンクのある曲名」をクリックすると、YouTubeなどの音声動画で試聴できます(リンク切れや、動画掲載者の著作権等の問題で削除されている場合はご自身で検索を!)。
*最近多忙のため、曲名質問には基本的にお答えできません。悪しからずご了承ください。
*「ディスコ堂」の記事等の著作権は作者mrkick(菊地正憲)に帰属します。

Archives
検索してみよう!

このブログ内
ウェッブ全体
本業分野の著書!(Amazonリンク)


初証言でつづる昭和国会裏面史!
著書です!(Amazonリンク)


キーワードは意外に「ディスコ」。
TOEIC930点への独学法とは…
CDのライナーノーツ書きました(Amazonリンク)


たまには「ボカロでYMCA」。
キュート奇天烈でよろし。
訪問者数(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最近の訪問者数(UU)

    Recent Comments
    「最新トラックバック」は提供を終了しました。
    blogramボタン
    blogram投票ボタン
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ