ディスコ堂 by mrkick

音楽に貴賎なし ―Discoの考察とCD批評

トム・モールトン

ルース・チェンジ (Loose Change)

Loose Change久しぶりだよん!…というわけで、ルース・チェンジ(Loose Change)という女性3人組グループもまた、明るい曲を次々と発表していました。プロデュースはトム・モールトン、そして前回紹介したジョン・デイビスも制作に参加しています。70年代どんどこディスコの系譜を受け継ぐ、清く正しく美しい曲調が持ち味です。

女性3人組の名はレア・グウィン(Leah Gwin)、ドナ・ビーン(Donna Beene)、ベッキー・アンダーソン(Becky Anderson)で、レーベルはご存知カサブランカ。トム・モールトンは、自身の出身地でもあるニューヨークの都会的なサウンドと、カサブランカの本拠地である米西海岸ロサンゼルスの開放的な曲調を融合させたのでした。

加えて、旧西ドイツ・ミュンヘン発のディスコを連発したジョルジオ・モロダーらとともに、ドナ・サマーなどへの作曲活動をしていたトール・バルダーソン(Thour Baldursson)というアーチストの協力を得ており、かつ「フィリー・ディスコ」で知られる米フィラデルフィアの「シグマ・スタジオ」で録音するという国際色豊かな徹底ぶり。そんなディスコのおいしいところばかりを結集させたアルバムの出来が悪かったら罰当たりです。

そんな彼女たちのアルバム「Loose Change」(写真)は、1979年の発売。全7曲のうちシングルカットされたのはミディアムテンポの「ストレート・フロム・ザ・ハート(Straight From The Heart)」(79年、米ディスコチャート21位)ですが、その12インチ盤のカップリングB面に収録されていた「オール・ナイ・トマン(All Night Man)」が特に秀逸です。

この曲には前述のジョン・デイビスがアレンジャーとして参加。さすがというべきか、あらゆる楽器を総動員しつつ、Bメロ(第二旋律)からコーラスにかけてどんどんドラマチックに盛り上がっていくタイプで、以前紹介したリンダ・クリフォードヴィッキー・スー・ロビンソンなどに近い曲調です。楽器だけではなく、主旋律を歌うドナ・ビーンをはじめとするボーカルもしっかりと伸びやかに歌い上げていて、踊っていても気分爽快ですね。

アルバムB面(LP)に入っている「ラブ・イズ・ジャスト・ア・ハートビート・アウェイ(Love Is Just A Heart Beat Away)」もメロディーラインがやや切なく展開しており、けっこう聴かせる名曲です。もともとアメリカで79年に公開されたB級“吸血鬼映画”「ノクターナ(Nocturna)」のサントラ(下写真)に収録された曲で、グロリア・ゲイナーが歌っていました。このグロリアバージョンはミュージカル仕立てですご〜く盛り上がるお祭りチューンとなっており、それと比べるとルースチェンジバージョンは少々おとなし過ぎだとも思います。

結局、とびっきり良い曲はオールナイトマンだけだったかもしれないルースチェンジ。実際、アルバムもこれ1枚きりで消えていきました。場当たり的でその場しのぎなディスコの宿命をいやというほど見せつけた一例ともいえるでしょう。

ところで、最近、巨体の女装ディスコクィーン「ディバイン」の元マネージャーBernard Jayが書いた伝記「Not Simply Divine」を読んだのですが、マイナーレーベルが多く、栄枯盛衰が激しいディスコ音楽業界を表現したこんなくだりが出てきます。

「ディスコで金持ちになった人間は大勢いるけれど、たいていはアーチストではない。経営力も資本力もない小規模レーベルのもとで、既に発売したレコードの売上代金が支払われていようがいまいが、要請されて新しいレコードを矢継ぎ早に出し続けること自体が大きなリスクになるのだ」

マイナーレーベルにもかかわらずディスコのヒット曲を連発しただけではなく、カルト映画の人気俳優でもあったディバインでさえ、80年代後半には人気は低落し、レコードも映画も不発続きになってしまいました。しかも、そんな最中の88年、肥満が原因とみられる心臓疾患により42歳の若さで急死してしまいました。

ともあれ、ルースチェンジもまた、ディスコ界の大物の裏方たちの協力を得て、一瞬の仄かな輝きを放ったアーチストだったとはいえましょう。とにかく代表曲の「All NIght Man」と、先ほど挙げたリンダ・クリフォードの「If My Friends Could See Me Now」、ヴィッキー・スー・ロビンソンの「Night Time Fantasy」(これも「ノクターナ」収録曲)、それにグロリアの「Love Is Just A Heart Beat...」あたりは似ているので、つなげてかけるとよく合います。どれも超アゲアゲのゴキゲンサウンドとなっておりますので、私などはフロアで続けて聴いたらヘトヘトかもしれませんがね。

ルースチェンジのCDは最近、英bbrレーベルからボーナストラック付きで発売されました。このCDのライナーノーツでは、日本語で「小銭」の意味を持つルース・チェンジの由来についてトム・モールトン自身が「誰もが身近に持っていて、しかも手に取りやすいようなものをイメージしてアーチスト名を考えた」と説明しています。「ノクターナ」の上記2曲については、これまた豪華絢爛ディスコCDシリーズ「Disco Discharge」の中の「Disco Fever USA」の巻に収録されていて貴重です。

いやあ、今宵は仕事でちょいと疲れ気味でテンションが下がり気味(トホホ)。次回はぜひ、再びディスコハイテンションな投稿を!と今から体調を整えておくことにします(例によっていつになるかはお楽しみ)。

NocturnaOSTLP

エドガー・ウィンター (Edgar Winter)

Edgar Winter今回は、70年代末期に突如現れたディスコ界のナゾの刺客、エドガー・ウィンターさんを取り上げてみましょう。

むむむ?? のっけから、なんだかえも言われぬ殺気を感じます。中国は四川省の山奥で「おい、そこのじいさんよ」とちょっとからかおうものなら、逆にやおら秘伝の武術を次々と繰り出されて困り果ててしまうような、手だれの仙人みたいなその風情。しかし、その実体は、ボーカルからピアノ、サックス、パーカッション、ギターまでなんでも器用にこなすマルチ音楽家であり、これから初夏を迎える季節にぴったりな「爽やか過ぎるディスコサウンド」も世に送り出した才人だったのでありました。

1946年、アメリカはテキサス州生まれ。10代のころ、後に同じようにミュージシャンとして成功する兄のジョニー・ウィンターと一緒に音楽活動を始めました。ディスコ文化があまり伝播しなかった米南部テキサスの人だけあって、兄弟ともに基本的には「誉れ高きロックミュージシャン」ですが、弟だけはなぜか1979年、「The Edgar Winter Album」(写真)という唯一のディスコ系アルバムをリリースするのです。

もうはっきり言って、当時流行だった「ディスコでひと儲け」の典型的パターンです。プロデュースはあの“ディスコミックスの帝王”トム・モールトンですから、こりゃ「推して知るべし」です。「It's Your Life To Live」、「Above And Beyond」、「Please Don't Stop」「Make It Last」など、きっちりと分け目をつけたような「ドンドコ四つ打ちドラム」に、得意のサックスとシンセサイザーを駆使してフュージョンもしくはAORチックな軽〜い旋律を味付けたディスコサウンドが目白押し。いかにもテキサスらしくないウェストコーストな涼風を当時のディスコフロアに「えへへへへ…」と送り込んでいたのでした。実際、シングルカットされた「Above And Beyond」は、米ディスコチャート最高94位にチャートインしています(いきなりちょっと微妙だが)。

さて、このエドガーさん。1970年代の前半には「エドガー・ウィンター・グループ」という人気ロックバンドのリーダーとして活躍。「Frankenstein(フランケンシュタイン)」(73年、全米ビルボードチャート1位!)をはじめとする実験的な秀逸ロックを続々とリリースするわけですが、このグループにはなんと「秘伝のディスコ隠し味」をこっそりと忍ばせていたので〜す!…そう、主力メンバーとしてかのアメリカが生んだ「もろディスコスター」ダン・ハートマンさんが含まれていたのでした。いやあ、さすがカリスマ仙人ロッカーだけあります。

もちろん、グループ自体はハードなロックバンドですので、ダンさんがいたからといって「即ディスコ」というわけにはいきません。でも、彼自身、ベースなどの中核楽器を担当したのみならず、多くの曲をグループのために作曲しています。70年代初期から中期にかけてのアルバムもよくよく聞いてみると、当時出始めていたシンセサイザーをいち早く取り入れるなどして、多少はダンサブルな面も感じさせるのです。

ダンさんはエドガーグループに1972年から5年間在籍した後、ソロとなってディスコ史にさん然と輝く「インスタント・リプレイ」(78年、米ディスコチャート1位)とか「リライト・マイ・ファイア」(80年、同1位)、「I Can Dream About You」(84年、同8位)、「We Are The Young」(84年、1位)といった大ヒットを放ちました。もともとマッチョなロックンロールを持ち味としたエドガーさんが、79年にはんなりと“ディスコ化”を遂げたのも、元メンバー、ダン・ハートマンの存在がどこかで影響していたのだと思われます。

その後、ダンさんは94年に43歳の若さで病気により他界。エドガーさんも80年代以降は音楽的に勢いを失っていきました。けれども、70年代の2人の一見、相容れない不思議な取合わせは、米国ディスコ史を彩る一つのエピソードとして、今なお語り継がれているのであります。

写真のCDは米Wounded Bird盤。特に貴重盤というわけではありません。私自身は、エドガー・ウィンターについてはこれ1枚しか持っていません。いやむしろこれで十分です。これもまたディスコ堂としては「推して知るべし」なのであります。

キング・エリッソン (King Errisson)

KIng Errisson70年代ディスコで欠かせない楽器セクションには、ドラムとともに中心的なリズムを構成するコンガやボンゴなどのパーカッションが挙げられると思います。とりわけアフリカ&カリブの香りたっぷりのコンガは、80年代初頭にシンセサイザーが幅を利かせるまでは、ディスコの必須アイテムといっても過言ではありませんでした。

今回紹介するのは、ジョン・レノンからハーブ・アルバート、さらにはニール・ダイアモンドまで、いろんな著名アーチストのセッションミュージシャンとして引っ張りだこだったパーカショニストのキング・エリッソンです。以前に紹介した、70年代初期の伝説のパーカショングループ「Incredible Bongo Band」にも参加していました。チャートアクション的には地味ですが、ディスコ的にも欠かせないアーチストだと思っています。

1941年にバハマに生まれた彼は、77年、ディスコレーベル「Westbound」から「L.A. Bound」という傑作ディスコアルバムを出しています。彼お得意のコンガが前面に出ています。70年代ディスコを彩ったパーカッションの魅力が、最もうまく引き出されている例の一つだといえます。

L.A. Boundのプロデューサーは、70年代のアメリカのディスコを語る上では欠かせないマイク・シオドアとデニス・コフィー。特にマイクは自身でも「コズミック・ウィンド」(77年、全米ディスコチャート2位)などのディスコヒットを連発した人です。さらに、ミックスをトム・モールトンが担当している点も見逃せません。

L.A. Bondは長尺の5曲で構成。A-1のミディアムナンバー「Disco Congo」は、コンゴだけではなく、ボニーM.など一部を除きディスコでは珍しいスティールドラムの音色が印象的です。A-2の「Manhattan Love Song」は10分以上あり、フィリーサウンド調。B-2「Well, Have A Nice Day」も、サビの部分がやはりフィリー調となっています。これは、このアルバムの録音スタジオがフィラデルフィアの「シグマサウンド」であることに由来すると思われます。

最後のB-3も、控えめな曲調ながらも軽快で踊りに適したダンスナンバーですね。ここでもスティールドラムが意外な効果を発揮しています。

写真のCDはL.A. Bondと、その前年の76年に発表したディスコ系アルバム「The Magic Man」との豪華カップリングで、2年前に英Aceレコードから発売されました。The Magic Manには、「Forget Me Nots」(82年、全米ディスコチャート2位)などのディスコヒットで知られるパトリース・ラッシェンもキーボード担当として参加しています。2枚ともアナログでも長らくレア扱いでしたので、このCD化には驚いたものですな。
プロフィール

mrkick (Mr. Kick)

「ディスコのことならディスコ堂」----本名・菊地正憲。何かと誤解されるディスコを擁護し、「実は解放と融合の象徴だった」と小さく訴える孤高のディスコ研究家。1965年北海道生まれのバブル世代。本業は雑誌、論壇誌、経済誌などに執筆する元新聞記者のジャーナリスト/ライター/翻訳家。もはや踊る機会はなくなったが、CD&レコードの収集だけは37年前から地味〜に続行中。アドレスは↓
mrkick2000@gmail.com

*「下線リンクのある曲名」をクリックすると、YouTubeなどの音声動画で試聴できます(リンク切れや、動画掲載者の著作権等の問題で削除されている場合はご自身で検索を!)。
*最近多忙のため、曲名質問には基本的にお答えできません。悪しからずご了承ください。
*「ディスコ堂」の記事等の著作権は作者mrkick(菊地正憲)に帰属します。

Archives
検索してみよう!

このブログ内
ウェッブ全体
本業分野の著書!(Amazonリンク)


初証言でつづる昭和国会裏面史!
著書です!(Amazonリンク)


キーワードは意外に「ディスコ」。
TOEIC930点への独学法とは…
CDのライナーノーツ書きました(Amazonリンク)


たまには「ボカロでYMCA」。
キュート奇天烈でよろし。
訪問者数(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最近の訪問者数(UU)

    Recent Comments
    「最新トラックバック」は提供を終了しました。
    blogramボタン
    blogram投票ボタン
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ