ディスコ堂 by mrkick

音楽に貴賎なし ―Discoの考察とCD批評

ドラッグ

カルチャークラブ (Culture Club)

Culture Club 21980年代初頭に艶やかに登場したのが、英国ポップバンドのカルチャークラブ。とりわけリードボーカルの中心人物ボーイ・ジョージの伸びやかな歌声、そしてなによりも中性的な衣装や髪形が大人気となり、センセーショナルなビッグアーチストになりました。

1961年生まれのボーイ・ジョージは、子供のころからド派手なファッションに身を包み、かなり変わった人物とみられていました。多くのミュージシャンが輩出したロンドンのクラブ「ブリッツ(The Blitz)」に常連として通い詰め、ライブ演奏もするうちに有名になり、音楽活動を本格化させました。

最初は、セックス・ピストルズを手掛けた音楽プロデューサーであるマルコム・マクラーレンに見出され、Bow Bow Wowというニューウェーブバンドのライブに参加するなどしていましたが、82年に自らカルチャークラブを結成し、デビューアルバム「Kissing To Be Clever」(写真)を発表。レゲエ・ダブ調のバラード「Do You Really Want To Hurt Me (邦題:君は完璧さ)・」が、全米一般シングルチャート2位に上昇する大ヒットとなります。

その後も「Karma Chameleon (カーマは気まぐれ)」(一般1位、全米ディスコチャート3位)、「Miss Me Blind (ミス・ミー・ブラインド)」(一般5位、ディスコ10位)など、しばらくは怒涛の躍進ぶりを見せつけました。

この人は、70年代末のディスコブームが去り、多様な音楽の誕生や再生の時期を迎えていた大市場アメリカで受けたのが何より大きかった。ボーイ・ジョージの出で立ちは、MTVでもとてつもなく存在感を発揮していましたし。日本でもアイドル的な人気があり、「君は完璧さ」を含めてディスコでもよく耳にしたものです(踊りにくいけど)。

音楽的には、以前に触れたデュラン・デュランとかスパンダー・バレエと同列のポストパンク時代の英国発ニューウェーブです。それでも、レゲエやカントリーやソウル音楽の要素も入っていて、斬新で洒落た雰囲気も醸していました。ボーイ・ジョージの風貌の奇天烈さに頼っていたわけではなく、結構ちゃんとしたアーチストだったのです。

ところが、1986年に4枚目のアルバム「From Luxury To Heartache」を出したあたりで調子がおかしくなります。ボーイ・ジョージがドラッグ中毒になり、ほとんど活動ができない状態になったからでした。ヒット曲も出なくなり、すっかり過去の人達になっていったのでした。

バンド自体は紆余曲折を経て、90年代後半に再結成し、現在も活動しているようですが、かつての勢いはまったくありません。彼らの公式HPによると、カルチャークラブという名前は、「世界の様々な文化を融合させる」といった意味が込められており、結成当初にはそんな特色もフルに発揮されていたのですが、なんとも寂しげな現状です。

ここでもまた、「一期は夢よ、ただ狂え」(閑吟集)、「この世は幻のごとき一期なり」(蓮如)のディスコ的無常が顔をのぞかせているわけですね。

というわけで、よくある「自業自得のドラッグパターン」ではありますが、その音楽的功績が消え去るわけではないでしょう。各アルバムやベスト盤のCDも再発されておりますので、私もたまに聴いて往時をしみじみと偲んでおります。

リック・ジェームス (Rick James)

Rick jamesいやあ、ポッカポカの春です。春といえばディスコ。ディスコといえば、今回取り上げるリック・ジェームスさんもかなりのものです。黒人音楽のエリート集団「モータウン・レコード」を基盤としながらも、素行の悪さは筋金入り。70年代から80年代にかけてのディスコシーンを大いに暴れまわり、56歳で早世した異色の才人であります。

1948年ニューヨーク生まれ。不良少年時代に音楽に目覚め、近所の友人たちとバンドを組んで活動を始めます。10代後半には、後にロックグループ「ステッペンウルフ」の中心メンバーとなるニック・セイント・ニコラスや、これまたロック系のニール・ヤングらとグループを結成してプロとしての音楽活動を本格化させました。リックさんの音楽には、意外にもロックの源流があったわけです。

しばらくは無名の時代が続いたのですが、ようやく1978年、モータウン系レーベルから待望のソロデビューアルバム「Come Get It!」を発表。この中からアップテンポの「You and I」(米ビルボードR&Bチャート1位、ディスコチャート3位)、ミデアムスローの「Mary Jane」(R&B3位)が大ヒットし一躍、注目株となりました。

その後も、なかなか面白いロックテイストの「Love Gun」とか、ピアノのイントロが印象的な「Big Time」などのディスコ系の中型ヒットを飛ばしたわけですが、彼のピークは、なんといっても1981年に出したアルバム「Street Songs」(上写真)です。

この中からは、野太いベース音と中低音ボーカル、それにぶいぶい鳴り響くシンセサイザーが特徴の珠玉のファンキーディスコ「Give It To Me Baby」(R&B、ディスコともに1位)、後にMCハマーらがリメイクして再びヒットさせた「Super Freak」(R&B3位、ディスコ1位、米ビルボード一般チャート16位)などの大ヒットが生まれました。

ジャケット写真や当時の動画をみると、まさに「小粋なドレッドヘアのハナ肇」状態。とはいえ、ディスコブームの後、R&B系が元気をなくしていた時代だっただけに、シンセサイザーを駆使した新しいダンスミュージック時代の幕開けを告げる痛快な一発になったのでした。

引き続きリックさんは、テンプテーションズがボーカルで参加した「Standing On The Top」(82年、ディスコ11位)、ますますシンセサイザーがぶいぶいうなる「Dance With Me」(同、同7位)、リズムマシーンを前面に出した「Cold Blooded」(83年、R&B1位)、なんだかハイエナジーディスコみたいな「Glow」(85年、ディスコ1位)などなど、軽快なアップテンポのダンス系ヒットを次々と世に送り出しました。

80年代半ばには、一時はライバルと目されたプリンスのように、手下の女性グループ「Mary Jane Girls」をプロデュースして成功させています、前回紹介のティーナ・マリーも“手下”の一人で、70年代に才能を見出し、曲をプロデュースするなどして育て上げました。

けれども、生来の暴れん坊で破天荒だったこの人には、スキャンダルがつきものでした。ティーナ・マリーを含めた度重なる艶聞はまだ可愛いものですが、女性への傷害の罪で服役したこともあります。特にコカインをはじめとするドラッグ依存はケタ外れにひどく、自ら「多いときには週7000ドル(56万円)をドラッグに使った。そんな時期が5年間続いた」などとメディアに明かしたほどです。

90年代以降は人気も失速し、ますます身を持ち崩す状況が続きました。そして2004年8月、肺疾患と心不全などにより、そのディスコな人生に自業自得的に終止符を打ってしまったのです。

アホアホでお気楽なディスコに限らず、ミュージシャンには「破滅型」がたくさんいますけど、この人は度を超していました。ただ、かつて世界中のディスコフロアを満杯にした陽気な音楽だけは、今も世のダンスフリークを魅了し続けています。

CDはいろいろと出ていますが、代表作「Street Songs」だと、米モータウン盤の2枚組「Deluxe Edition」が12インチバージョンやライブ音源が入っていて珍しいのでよいかと存じます。ベスト盤であれば、同じく米モータウン盤の2枚組「Anthorogy」(下写真)が網羅的かつ12インチバージョン入りで楽しめます。
Rick James Best

スライ & ザ・ファミリー・ストーン (Sly & The Family Stone)

Sly & The Family Stones_dance to the music最近またぜんぜん更新してねえ〜〜というわけで、今回はディスコタイムマシーンでぐんぐん時代を遡り、スライ & ザ・ファミリー・ストーンでございます。

スライ・ストーン(本名:シルベスター・スチュアート、1944年テキサス州生まれ)を中心に1966年に結成したファンクバンド。男女、白人・黒人混成で、音的にもロックとソウルの要素をダンサブルに融合させた当時としては画期的なアーチストでした。

そんな「なんでもあり」な雰囲気を持つ彼らの音楽は、後に隆盛を極めるディスコのまさに元祖と言えると思います。ソウルミュージックの系譜を受け継ぐ一連のモータウンアーチストやジェームズ・ブラウンアイザック・ヘイズラベルあたりとも比肩できる重要な“ルーツ・オブ・ディスコ”のグループなのでありま〜す。

彼らの代表作はまず、なんといっても1968年に発表したアルバム「ダンス・トゥ・ザ・ミュージック」(写真上)です。そこからのシングルカット「ダンス・トゥ・ザ・ミュージック」はもう、曲名が示すとおり、ディスコ的なメリハリのきいたビート進行、それにおバカな陽気さがあふれていて、「こんなのが60年代に既にあったとは!」と驚かされます。

ソロとしても活躍したベース担当のラリー・グラハムが奏でる、ドラムビートを補完する「スラップ・ベース」テクニックも、「躍らせる」という意味で大切な役割を果たしていました。

その後、1969年に出した「Stand!」もバカ売れしました。シングルカットされた「エブリデイ・ピープル」は、ビルボード一般チャート、R&Bチャートともに1位に輝きました。少々落ち着いた曲調ではありますが、ディスコ的にも十分ダンスフロアで使えるノリを醸しています。

60年代後半は黒人運動、反戦運動といった政治の時代だったわけですが、そういった人種や国籍、民族性、性別といった壁を思いっきり取り払う新鮮さ、独創性が、ちょいと重苦しいメッセージソングに食傷気味だった大衆の心を捉えたのだと思われます。…そう、そんな適度な「アホアホ平和」ぶりこそが、ちょうど10年後の「ディスコ大爆発」への伏線になったのでした。

ところが、1970年代に入ると、スライさんをはじめメンバーたちは、またぞろコカインなどの薬物にのめりこんでしまうのですね。スライさん自身、妙に哲学的で内省的な(つまりクラい)音楽を志向するようになり、レコードセールスもレコード会社からの信頼度も急降下。おまけにコンサートをしょっちゅうすっぽかすとか、音楽的にも精彩を欠いていくとか、ありがちな転落劇を演じてしまい、75年には事実上、解散してしまうのでした。

いやあ、実はこのあたりの生き様自体は、「享楽主義オッケー」のディスコぶり(負の側面とはいえ)を見せ付けているわけですけどね。

そして、果たせるかな1979年、彼らはほんの少し「ディスコ的に」復活します。上記「ダンス・トゥ…」や「エブリデイ…」のリミックス7曲を収録したディスコバージョンのベストアルバム「Ten Years Too Soon」(写真下)を発売し、全米ディスコチャートにチャートイン(最高36位と微妙ではあるが)するなど、70年代としてはまだ珍しかったセルフ・リミックスアルバムとして話題を呼んだのでした。

以下2曲、並べますのでオリジナルと聞き比べてみてください。けっこうヨイと思いますがね。





まあ、総じてこの人たちは、スライさんの突出したキャラクター(再び写真下)に負うところが大きかった。彼の不摂生、さらには音楽的志向の変化に伴って、求心力が失われてしまい、一気にスターダムから転げ落ちてしまった――そんな切ない印象を抱きます。

CDについては、アルバム「ダンス・トゥ…」を含めてまずまず出ています。ベスト盤も各種あります。ただ、ディスコという意味での最重要リミックスアルバム「Ten Years Too Soon」のCDはかなり前に廃盤になり、入手困難になっています。
Sly & The Family Stone_ten years too soon
CDのライナーノーツ書きました


たまには「ボカロでYMCA」
キュート奇天烈でよろし。
本業分野の著書です!―my latest book


初証言でつづる昭和国会裏面史!
著書です!―my book


キーワードは意外に「ディスコ」。
TOEIC930点への独学法とは…
livedoor プロフィール
Archives
検索してみよう!

このブログ内
ウェッブ全体
訪問者数(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最近の訪問者数(UU)

    Recent Comments
    blogramボタン
    blogram投票ボタン
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ