ディスコ堂 by mrkick

音楽に貴賎なし ―Discoの考察とCD批評

ナイル・ロジャース

シェイラ&B.ディヴォーション (Sheila & B. Devotion)

 Devotion Spacerいやあすいませ〜ん。落下傘で降りてきちゃいました!……というわけで、今回はパラシュートに赤いコスチューム(でも目は笑っていない)、さらに周囲には謎の怪鳥プテラノドンが飛び交う意味不明なジャケットでお馴染みのシェイラさんであります。

シェイラさん(本名:Anny Chancel)は1945年フランス生まれ。実は以前に紹介したフランス・ギャル、シルビー・バルタンと同様、60年代にはフランス発の少女ポップス音楽である「イェイ・イェイ(ye-ye)」のトップスターとして鳴らしました。70年代後半には、男性ダンサーをくっつけて「シェイラ&B.ディヴォーション」というグループ名となり、ディスコスターとして活躍しています。

「イェイ・イェイ」の歌手たちは、英語で言う「ガール・ネクスト・ドア」(隣のお嬢さん)的な身近な存在であり、昔のアメリカで言えばオリビア・ニュートン・ジョン、日本で言ったら松田聖子なんかのアイドルに近い。女性アイドルには大きく「セクシー系」と「非セクシー系」があるといえますが、シェイラさんは後者の方で、「あらシェイラさん?こんにちは」とあいさつすれば、「こんにちわ〜!」と明るい笑顔で返ってきそうなところが魅力でした。確かに、隣に住む“セクシー系の権化”マリリン・モンローやマドンナやビヨンセに「あらあらこんにちは!」なんて声を掛けても、貫録たっぷりにシカトされそうです。

そんな親しみ安さ抜群のシェイラさんの人気も、70年代にイェイ・イェイ・ムーブメントが終わると陰りを見せました。そこですかさず目を付けたのが、大流行し始めていたディスコ。もともとアイドルとディスコの親和性は高いので、いくつかのヒットを飛ばすことができたわけです。

「ディボーション」としての最初のアルバム「Singin' In The Rain」(77年)からは、タイトル曲が欧米でヒット(米ビルボードディスコチャート30位)。2枚目の“意味不明ジャケット”の「King Of The World」(80年、写真)からは、「Spacer」という曲がヒット(同44位)しました。特に2枚目はナイル・ロジャーズとバーナード・エドワーズがプロデュースしており、「Spacer」を聴くと、イントロのピアノソロが非常に印象的である上、いかにも彼ららしい流麗なメロディーやギター&ベースリフが展開していて秀逸です。ただし、シェイラさんの歌声は今一つなので覚悟する必要がありますが。

2枚のアルバムの発売以降は、ディスコブームが終わったこともあり、人気がパラシュートのように急下降してしまったのは残念なところ。でも、数あるフレンチディスコの代表例として、疾風怒濤のディスコ界に一定の貢献を果たしたといえます。CDは、2枚のアルバムの再発、それにベスト盤が欧州ワーナーミュージックから出ています。

デヴィッド・ボウイ (David Bowie)

David Bowie80年代に突如、変貌した英国グラムロックの旗手デヴィッド・ボウイ。ディスコ的には、どう考えてもアルバム「レッツ・ダンス」(1983年)であります。シングルカットされたアルバム同名曲「レッツ・ダンス」は、全米ポップ(一般)チャート1位を獲得。ディスコチャートではなんと6週連続1位という金字塔でした。

確かに、レッツ・ダンスは、ラジオでディスコで、よ〜くかかってました。「あ〜あ〜あ〜」という男性コーラスから入るイントロを聞くと、「またかよ」って気分。加速度的に踊る気力が失せてしまったものです。だって、何だか曲調がトロくてウスいと思うのです。でも、大ヒットしたからかかっていた。曲名も曲名だし。それで、フロアでも女子を中心にそこそこ人気もあったわけですが、賛否両論な感じでしたね。

しかし、このアルバム自体は私だって好きです。ほかの収録曲が花を添えていました。特に1曲目「モダン・ラブ」はよかったなぁ。(札幌の)ディスコでも聞きました。BPMが約190とメッチャメチャ速いので、今なら息切れして仮死状態になることウケアイですけど、当時はみんなで汗だくになって、忘我の境地をさまよったものです。

さらに、2曲目の「チャイナ・ガール」もよかった。レッツ・ダンスに続いてシングルカットされ、全米ポップ10位(ディスコは最高51位)まで上昇した曲ですが、適度にアップテンポで踊りやすい曲調でした。

プロデュースはデヴィッド本人と、シックのナイル・ロジャース。やっぱりディスコなラインナップです。ナイルさんはギターでも参加していまして、アルバム収録曲の随所に、小出しながら「シックっぽさ」も滲んでいますね。

大御所のデヴィッドさんには大変失礼なのですが、これ以外のアルバムは私にとっては大NGであります。カルトでアバンギャルドで、「もう〜わたくしなどにはとてもとても」ついてゆけません。とりわけ70年代の「まゆなしメイク」のころは最高潮に拒否反応なのであります。このあたりは、正統派のロックやパンクのファンにお任せしま〜す。

というわけで、何だか急にポップで聴きやすくなったデヴィッド・ボウイの“奇作”「レッツ・ダンス」は、私のCDコレクションにしっかり名を連ねているのであります。自宅でけっこう、好きでかけています。
プロフィール

mrkick (Mr. Kick)

「ディスコのことならディスコ堂」----本名・菊地正憲。何かと誤解されるディスコを擁護し、「実は解放と融合の象徴だった」と小さく訴える孤高のディスコ研究家。1965年北海道生まれのバブル世代。本業は雑誌、論壇誌、経済誌などに執筆する元新聞記者のジャーナリスト/ライター/翻訳家。もはや踊る機会はなくなったが、CD&レコードの収集だけは37年前から地味〜に続行中。アドレスは↓
mrkick2000@gmail.com

*「下線リンクのある曲名」をクリックすると、YouTubeなどの音声動画で試聴できます(リンク切れや、動画掲載者の著作権等の問題で削除されている場合はご自身で検索を!)。
*最近多忙のため、曲名質問には基本的にお答えできません。悪しからずご了承ください。
*「ディスコ堂」の記事等の著作権は作者mrkick(菊地正憲)に帰属します。

Archives
検索してみよう!

このブログ内
ウェッブ全体
本業分野の著書!(Amazonリンク)


初証言でつづる昭和国会裏面史!
著書です!(Amazonリンク)


キーワードは意外に「ディスコ」。
TOEIC930点への独学法とは…
CDのライナーノーツ書きました(Amazonリンク)


たまには「ボカロでYMCA」。
キュート奇天烈でよろし。
訪問者数(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最近の訪問者数(UU)

    Recent Comments
    「最新トラックバック」は提供を終了しました。
    blogramボタン
    blogram投票ボタン
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ