ディスコ堂 by mrkick

音楽に貴賎なし ―Discoの考察とCD批評

パラダイス・ガラージ

Salsoul (サルソウル)

Salsoulトムモールトンが活躍した'70年代後半、ニューヨークはディスコのるつぼ。ブロードウェイなどの繁華街地区では、ザ・ロフト、ギャラリー、パラダイス・ガラージ、スタジオ54などなど、有名店が軒を連ねていました。

中でもパラダイス・ガラージは、白人上流階級や有名人が集まるスタジオ54のライバル的存在として、ゲイや黒人やヒスパニック系といったマイノリティーからカルトな人気を集めていました。

この店でカリスマDJとしてならしたのがラリー・レヴァンという人物。特にサルソウル・レーベルというディスコレコード会社の曲を好んでかけていました。

サルソウルは、文字通りサルサとソウルを合わせたようなラテンファンクな音が特徴でした。ロレッタ・ハロウェイとか、ファースト・チョイスとか、インスタント・ファンクのようなディスコのスター、グループも輩出。パラダイス・ガラージ人気ともあいまって、一時代を築いたわけです。

会社自体は85年に消滅するのですが、「ハウス」や「クラブ」の90年代に入ってから、再び脚光を浴びることになります。とりわけ、昔の曲を見直す「レアグルーブ」現象が世界中のダンスミュージックシーンに起きたからでした。

でも、サルソウルって、リアルタイムの80年前後の日本では、本国米国に比べると、さほど相手にされていませんでした。私自身、ディスコでも派手にかかっていた記憶はなく、輸入レコード店で12インチ(トレードマークの雲と虹をあしらったラベルやジャケット)を見かけた程度です。

サルソウルやパラダイスガラージが再発見されるにつれて、ラリー・レヴァンも伝説のように語られますが、これも日本では最近になってからのことで、リアルタイムでは誰も知らなかったといっても良いでしょう。

昨年にはラリーレヴァンとパラダイスガラージをテーマにした「マエストロ」なんていう映画も作られました。やはり「あの時代のディスコ映画」ということで、私もDVDを購入しましたが、今ひとつ感動しませんでした。ラリー・レヴァンも超人気だったのは分かるんですけど、曲と曲とをつなぐ技術が非常に下手。テンポが合っていないことが多いんです。

この違和感の一番の源はなんだろう…と私なりに考えますと、パラダイスとかサルソウルって、ディスコ的な華やかさや陽気さ(=「おバカさ」ですね)に欠けているような気がします。変に洗練され過ぎていて、私はさほど好きになれません。「ディスコ」ではなくて、「クラブ・ミュージック」や「ハウス・ミュージック」に近い印象があります。ラリーレヴァンがあまりに神格化されるのも「ちょっとなあ」と思います。

その意味では、パラダイスよりも、前に紹介したスタジオ54の方がアホッぽくてずっと好感が持てます。パラダイスやサルソウル系の曲は今ひとつ単調ですし、どれも似たように聞こえてなりません。私の好きなシンセサイザーもあまり使われていません。

まあ、そうは言っても「ディスコ見直し」の動きがあるたびに語られる名門サルソウルではあります。私もCD、レコードはかなり所有していますし、ときどきBGMとして聴いています。再発CDはここ10年ぐらいの間、「ここまですごいのでしょうか!」と言わせるほどたくさん出ています。

おススメCDは写真のマスターカッツのベスト盤。Vol.1と2があって、サルソウルのいろんなアーチストの代表曲が12インチバージョンで入っています。「トム・モールトン・ミックス」とか、「シェップ・ぺティボーン・ミックス」とか、「ラリー・れヴァン・ミックス」といった風に、リミキサーの名前が冠してあります。

Vol.1には、世界初の12インチバージョンといわれる「テン・パーセント」(ダブル・エクスポージャー)が入っています。Vo1.2には、電気グルーブが7、8年前に出したヒット「シャングリラ」の原曲である「スプリング・レイン」(シルベッティ)も収録。この曲はシンセサイザー(フェアライト)をうまく使っていて佳曲だと思います。

54

54投稿数が54回突破ということで、「54」を紹介します。本当はちょうど54回目にしようと思っていたのに、うっかり55回目になってしまいました。

70年代後半のニューヨークの代表的なディスコだった「スタジオ54」を題材にした映画「54」のサントラで、Volume1と2に分かれています。映画が公開されたのは5、6年前。ストーリーは「サタデー・ナイト・フィーバー」にも似て少し感傷的すぎるものの、当時の雰囲気が出ていて、なかなか面白い映画だと思いました。

1、2ともに映画で使われた曲が満載です。12インチバージョンは入っていませんが、一般的過ぎる曲が少ないのがとてもよろしい。

カーチス・メイフィールド「ムーブ・オン・アップ」のディスコリメークとか、アシュフォード・アンド・シンプソンの「ファンド・ア・キュア」とか、他ではあまり耳にしない渋めの曲が入っています。あと反戦歌「黒い戦争」で知られるエドウィン・スターの「コンタクト」(Vol.1に収録)なんて、「あの硬派エドウィンさんが…(泣)」というくらいおバカさんなディスコぶりを披露しています。

54は当時、華やか系のディスコとして本物のセレブをたくさん集めていました。ダイアナ・ロス、ミック・ジャガーといった歌手から、アンディ・ウォーホール、カルバン・クラインといったアート系の人まで、客の顔ぶれは大変豪華でした。内装ももちろん高級そのもの。入店審査は物凄く厳しく、入り口付近は、審査で外された人々でいつもあふれ返っていたといいます。

でも、そんなエリート主義はなんだか鼻につきますな。「何でもあり」がディスコの真骨頂なのですから、「誰が入ったっていいじゃないか」なんて私など思うのですが、それでも、そのハイパーでバブリーな豪華ぶりは伝説的でもあります。世界で最も有名なディスコだということは認めざるを得ません。

54が流行った同じような時期、NYにはパラダイス・ガラージというディスコもありました。ラリー・レバンという伝説のDJがいたところで、ライバルの54に比べて、もっとカジュアルな雰囲気が売り物でした。凝った音響装置も有名で、フロアで踊っていると「耳からではなく、体の内部から音が沸きあがってくる」と言われていました。

このラリー・レバンという人は「伝説」になるだけあって、とても変わった人だったようです。ジャンルをまったく問わず、ロックからパンク、さらにはオノ・ヨーコ(!)まで、ありとあらゆる曲をかけていたそうです。しかも、曲間の「つなぎ」を気にせず、テンンポを合わせることもせずにどんどん次の曲をかけていったそうで。

「何でもあり」「誰でも来い」のガラージこそ、真のディスコといえるのかもしれません。まあ、当時のガラージの様子について書いてある資料などを読むと、ここも54同様、薬物とか乱交とか、ひどくアナーキーな面があったようですけれど。











プロフィール

mrkick (Mr. Kick)

「ディスコのことならディスコ堂」----本名・菊地正憲。何かと誤解されるディスコを擁護し、「実は解放と融合の象徴だった」と小さく訴える孤高のディスコ研究家。1965年北海道生まれのバブル世代。本業は雑誌、論壇誌、経済誌などに執筆する元新聞記者のジャーナリスト/ライター/翻訳家。もはや踊る機会はなくなったが、CD&レコードの収集だけは37年前から地味〜に続行中。アドレスは↓
mrkick2000@gmail.com

*「下線リンクのある曲名」をクリックすると、YouTubeなどの音声動画で試聴できます(リンク切れや、動画掲載者の著作権等の問題で削除されている場合はご自身で検索を!)。
*最近多忙のため、曲名質問には基本的にお答えできません。悪しからずご了承ください。
*「ディスコ堂」の記事等の著作権は作者mrkick(菊地正憲)に帰属します。

Archives
検索してみよう!

このブログ内
ウェッブ全体
本業分野の著書!(Amazonリンク)


初証言でつづる昭和国会裏面史!
著書です!(Amazonリンク)


キーワードは意外に「ディスコ」。
TOEIC930点への独学法とは…
CDのライナーノーツ書きました(Amazonリンク)


たまには「ボカロでYMCA」。
キュート奇天烈でよろし。
訪問者数(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最近の訪問者数(UU)

    Recent Comments
    「最新トラックバック」は提供を終了しました。
    blogramボタン
    blogram投票ボタン
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ