ディスコ堂 by mrkick

音楽に貴賎なし ―Discoの考察とCD批評

ビートルズ

スターズ・オン・45 (Stars On 45)

Stars On 45今回は「ディスコ好きなら一度は通る道」、「ショッキング・ビートルズ」でおなじみのスターズ・オン45で〜す。

1970年代末、オランダで結成された無名のセッションミュージシャン集団。音頭を取ったのは、かつて当ブログの「ロックなディスコ」でちょっと取り上げたオランダの老舗人気バンドのゴールデン・イヤリングの元ドラマー、Jaap Eggermontなる人物です。ポール・マッカートニーやジョン・レノンに声がそっくりのボーカルを探してきて、にわか作りのつぎはぎビートルズ・ヒットメドレーをリリース。アーチストの創造性ではなく、「これやったらウケるんじゃね?」のノリで実現した典型的な企画モノです。

えっ?「いかがわしくて、いかさまで、インチキ」だって?…その通り!でもそんなまがい物精神こそが、「なんでもあり」ディスコ文化の真髄です。しかつめらしく「ゴホン! ええ、そもそもディスコとは…」なんて理屈を説いては元も子もありません。ディスコとは、はっちゃけたおめでたさが命。虚実の皮膜を渡りきる、けだし勇敢な試み――「考えるな、感じろ(いやむしろ踊れ)!」なのであります。

ヒットメドレー・ディスコ自体は、それまでもシャラマーリッチー・ファミリービーチボーイズ・メドレーで知られるシー・クルーズ(Sea Cruise)といった数多くのアーチストが手がけているので、特別新しいわけではありません。でも、それらはあくまでも新たなアーチスト自身の声で歌うメドレーであり、「モノまね」ではありませんでした(モノまねだったらそれも面白いけど)。あのビートルズの手ごわい権利関係をクリアしつつ、原曲をとことん忠実に再現し、それにのりのりのディスコビートを絡めた点がユニークだったのです。

実際、驚くなかれ、このシングルは、あれよという間に由緒正しき全米ビルボードヒットチャートで堂々1位(81年4月、米ディスコチャートでは18位)を獲得したのです。ディスコブームが終わった後ですから、これは素直に偉業といえるでしょう。後のディスコ曲に多く見られる「メガミックス」にも通じる百花繚乱な贅沢さを兼ね備え、踊る阿呆を量産してきたのは確かです。もちろん、ディスコの現場でも人気曲でした。

……というわけで、私もまあ、聴き倒しました当時。最初は友人からレコードを借りて、奮発して“高級メタルテープ”に録音し(といっても400円程度の代物だが)、部屋にあったアイワ製ラジカセに入れてがんがん鳴らしていたものです。特にLPに入っているロングバージョンだと15分以上もあるので、鼓膜にこびりつくほどたっぷりと楽しめました。

しかし、そんな能天気に乗せられがちな私も、「さすがに安易過ぎる!」と、徐々に義憤を感じ始めました。気がついてみたら、彼らはアバだのスティービー・ワンダーだのローリング・ストーンズだのスペンサー・デイビス・グループ(これは渋い)だのと、ほかの大物たちの同系統の「ショッキングもの」メドレーを次々と世に送り出していたのです! しかも、ビートルズ以降の「似てる度」は微妙に低下し、“2匹目のドジョウ作戦”に飽き飽きしてきたのでありました。残念ながら、もはやショッキングではありません。

セールス的にもビートルズメドレー以外はふるわず、ディスコ界では栄えある「一発屋」(One Hit Wonder)の称号を得たスターズ・オン45。でも、何年も聴いていないと不思議とまた、古ぼけたレコードやCDに手が伸びてしまう魅力だけは、なんとなくある。そんなわけで、私のような人間がけっこう多いのか、再発CDは今も世界の市場でかなり出回っております。写真は国内ベスト盤(ビクター)全2巻のうちの1巻目。どのメドレーも似通った展開ではありますが、四の五の言わず、「あはははははははっ!」と頭を真っ白にして踊るには最適かと思われます。

ザ・リアル・シング (The Real Thing)

The Real Thingブリティッシュ・ファンキー・ディスコの代表格ザ・リアル・シング。とりわけ「キャン・ユー・フィール・ザ・フォース」(1978年)はかなりの上げ上げチューンで、いまでも通用するフロアフィラーでありますな。

この曲は、発売とちょうど同じ年、全世界で公開された人気映画「スターウォーズ」の影響を明らかに受けています。歌詞は「体がふわっと浮き上がるような、不思議な力を感じないか〜い?」みたいな内容ですし、宇宙をイメージさせるような電気効果音もふんだんに使わています。

実際、曲名は最初「ゲット・ザ・メッセージ」だったのですが、リードボーカルを務めるエディー・アムー(Eddie Amoo)がスターウォーズを観に行ってすっかり感化されてしまい、発表直前に「キャン・ユー…」に代えてしまったそうです。しかも、彼らのアルバムのラストを飾る曲だったはずなのに、A面のトップに変更し、かつ12インチバージョンを収録したのでした。結果は大成功! 「キャン・ユー…」は本国英国のチャートで見事、トップ5に入るヒットを記録したのです。

リアル・シングは1970年代前半、英リバプールで結成された黒人ボーカル・グループ。リバプールといえば、60年代に世界の若者を熱狂の渦に巻き込んだ「ビートルズ」を始めとする「マージー・ビート(Mersey Beat)」で、一躍有名になりました。リバプールのシンボルでもあるマージー川に由来しているのですが、その地で生まれたロック音楽が、世界のポピュラー音楽に多大な影響を与えたのです。

実は、リアル・シングは、ビートルズとも関わりがあります。リーダーのエディーが60年代に所属していたThe Chantsというボーカルグループのバックバンドは、一時期、世界的に売れる前のビートルズだったのであります。ビートルズの特にジョン・レノンは、黒人音楽に強い関心があったとされますけれども、The Chantsとの共演からも音楽的な刺激を大いに受けていたのでした。

ところで、彼らの最初のヒットは「You To Me Are Everything」(76年、英チャート1位、米R&Bチャート28位)というミディアムスロー。この曲を耳にすると、シンガポール(!)のディスコ青春映画「フォーエバー・フィーバー」(1998年)を思い出します。この曲のリメイク版が、映画挿入歌として頻繁に流れていたのでした。映画自体、ストーリー展開が意外に面白かったのを覚えています。ただし、サントラ(写真下右)で聴くと、その薄っぺらいリメイクぶりがもろに分かってしまい、少し泣けてきました。

リアル・シングのCD化具合はまずまず。写真(上)の2枚組みベストが最も網羅的で充実しているかとは思います。

…さて、地味〜にスローペースで続けてきたこのブログも、もうスタートして2年が過ぎ、投稿190回を超えてしまいました。本業も相変わらず忙しいだけに、さすがに息切れしてきました(トホホ)が、まだまだ取り上げたいCDがたくさんあるのは事実であります。それに、本業では比較的真面目な(?)原稿を書くことが多いため、お気楽本舗な「独り言ブログ」の執筆は、実は楽しいものであります。

こうした中、本業でひじょ〜に珍しくディスコ関連の記事をちょっと書きました(「新潮45」5月号)ので、よかったらお目をお通しください。内容はバブル時代の事件簿モノで、タイトルは「ボディコンが青ざめた巨大ディスコ・トゥーリア『正月の惨劇』」(!)であります。ディスコなどというおバカ大熱狂空間では、やっぱり死亡事故を起こしちゃうと洒落になりませんね、というお話です。

そういえば、16年ぶりに地価が高騰し始め、巷は再び「バブル前夜」だとか。「ええっ!?日立も、サッポロビールも、外資系に買収されちゃうって?」てな事態も沸き起こっているようです。目先の欲の前に、人はなんと脆いものか。「戦国最強の将」といわれた上杉謙信が、志半ばで病に斃れる直前、こんな句を遺しました。「四十九年 一睡の夢 一期の栄華 一盃の酒」。バブルもディスコも、けだし儚き“夢”なのであります。

Forever Fever
CDのライナーノーツ書きました


たまには「ボカロでYMCA」
キュート奇天烈でよろし。
本業分野の著書です!―my latest book


初証言でつづる昭和国会裏面史!
著書です!―my book


キーワードは意外に「ディスコ」。
TOEIC930点への独学法とは…
livedoor プロフィール
Archives
検索してみよう!

このブログ内
ウェッブ全体
訪問者数(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最近の訪問者数(UU)

    Recent Comments
    blogramボタン
    blogram投票ボタン
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ