ディスコ堂 by mrkick

音楽に貴賎なし ―Discoの考察とCD批評

ブラス・コンストラクション

スカイ (Skyy)

Skyyいやあちょうど10日ぶりとなりま〜す。今回は愉快なファンク・ディスコの正統派「Skyy」(スカイ)と参りましょう!

ディスコ界では、常人には理解困難な“大うつけ者ファッション”(例・CherBetty WrightDee D. Jackson)が流行したわけですが、この人たちもまさに当時、宇宙人みたいに大げさなコスチュームに身を固めた愛嬌たっぷりの8人グループでした。背景には、米ソの超大国による宇宙開発の活発化、1976年に公開された映画「スターウォーズ」の大ヒットがあります。

ただ、外見上はキワモノ要素満載とはいえ、Skyyは狂気の限界をわきまえたディスコ界の常識人でした。音楽的にはとてもきちんとしていて、Brass Constructionのメンバーでもあったランディ・ミュラー(Randy Muller)とソロモン・ロバーツ(Solomon Roberts)を中心とした演奏にはそつがなく、デニス(Denise)、 デロレス(Delores)、ボンヌ(Bonne)のダニング(Dunning)3姉妹のボーカルワークも冴えわたる実力派だったのです。

1970年代半ばにニューヨークで結成した彼らは、70年代後半にディスコ・レーベルとして躍進したサルソウル(Salsoul)・レコードと契約。79年にはデビューアルバム「Skyy」(写真)を発表し、その中から「First Time Around」をヒットさせました。Skyyのグループ名は、既にSkyというグループが存在したため(確かにどこにでもありそうだ)、差別化するために末尾に「y」をくっつけたのでした。

この曲は、ディスコ・リズムの代名詞「シンドラム」を駆使した逸品で、Tamiko Jobnesのヒット曲「Can't Live Without Your Love」にも似た感じで「ぴゅんぴゅん、ぽこぽん!」サウンドが随所に展開するゴキゲンさです。

この人たちはけっこうな多産型グループで、その後は年に1〜2枚のペースでアルバムを発表。80年発売の2枚のアルバム「Skyport」と「Skyway」からはそれぞれ、「Here's To You」(米R&Bチャート23位、米ディスコチャート24位)と「Skyyzoo」(同32位、同41位)などのダンスヒットが生まれました。

特にSkyyzooは、文字通りカズー(Kazoo)という口で吹く楽器を駆使。Freedomの名曲「Get Up And Dance」みたいに「ぶーぶーぶー!♪」と子豚さんみたいなすっとぼけた音が次々と繰り出し、かえって踊り心がくすぐられます。

そして81年、彼らは代表アルバムとなる「Sky Line」を発表し、その中から「Call Me」という最大のヒットを生みました(R&B1位、ディスコ3位)。この曲は下地のヘビーなドラムとベースラインにギターやら電話の効果音やらがうまく乗っかり、そこにデニス・ダニングの声がほどよく絡んでくる佳作でして、ディスコでもよく耳にしたものです。

そのSkyy特有のリズム展開は、後のディスコヒットの「I’ll Do Anything For You」(Denroy Morgan、81年、米ディスコチャート7位)や「Thanks To You」(Sinnamon、82年、同1位)にもモロに影響を与えております。

このアルバムで言えば、「Let's Cereblate」(R&B16位)と、再びカズー音を多用した「Jam The Box」なども印象的。米国ではもはやディスコが過去のものとなる中、アーバンでおしゃれなディスコとして人気を持続させたわけです。ようやく冷静さを取り戻したのか、このころには「お恥ずかし宇宙人コスチューム」からブラコンな普通の衣装に衣替えしてます(下右写真は「Sky Line」のジャケット)。

その後も年1回のペースでアルバムを発表し続けますが、80年代半ばにはセールス的に失速。「もうこのあたりでおしまいかなあ」と思わせた矢先、キャピトル・レコードに移籍後の86年には、「Givin' It (To You)」というシンセサイザーを多用したなかなかにしたたかでシャープなダンス曲をチャート上位(R&B8位)に食い込ませたかと思うと、89年にはなんと、ミデアムスロー・ダンサー「Start Of A Romance」がSkyyにとっての8年ぶりの米R&Bチャート1位に輝きました。

しかも、その同じ年には「Real Love」がまたもやR&Bチャート1位となり、ディスコ出身アーチストの夢でもある「バラードでも大ヒット」を達成したのでした!

90年代にはさすがに息切れしたのか、92年に最後のアルバム「Nearer To You」を発表後はあまり音沙汰がなくなってしまったSkyy。キラキラ宇宙服から出発し、再び星空の宇宙へと旅立っていった感がありますし、結局はR&Bを越えた一般総合チャート上位への進出も果たせませんでした。でも、70年代後半からの約10年間、ディスコグループとしては十分過ぎる実績を残せたといえましょう。

彼らのレコードは、Salsoul時代を中心にほぼ満遍なくCDで再発されています。入門盤としては、主なヒット曲が12インチ・バージョンでがんがん収録されている英Big Break Records盤CD「Skyy ‎– Skyyhigh • The Skyy Anthology (1979-1992)」あたりがお勧めで〜す。
Skyy2

マンドリル (Mandrill)

Mandrillウォーみたいなラテンファンク系バンドの中で、地味ながら一定の存在感を示したのが「マンドリル」です。あくの強さが売り物ではありますが、ディスコブームのころには、それらしい軽めのアルバムも出しております。

写真の「We Are One」(1977年)がその代表作。特に、「Can You Get It」と「Funky Monkey」は、ブラス・コンストラクションやBTエクスプレスのような踊りやすいダンスナンバーであります。

さらに、このアルバムには「Happy Beat」という非常にユニークな曲があります。カントリー音楽でよく使われるバンジョーの音を入れた、珍しいディスコ曲なのです。このあたりは、マンドリル本来の音を、時代にうまく合わせた佳曲だと思います。

1968年にニューヨークで結成。中心になったのは、中米のパナマ出身のリック、ルー、カルロスの3兄弟で、下積み時代には、母親が勤める美容院でライブのリハーサルをやっていたそうな。3兄弟のうち、ボーカルとサックスを担当するリックは、心臓専門医というこれまたユニークな肩書きも持っていました。

結成後に4人のメンバーを加えて、70年にはデビューアルバム「マンドリル」を発売。ジャズ、ラテン、レゲエなどをミックスした斬新な音が注目されるようになり、「エイプ・イズ・ハイ」、「フェンスウォーク」、「マンゴ・ミート」といった中ヒット曲も出しました。

特筆すべきは、1977年に公開された映画「ザ・グレーテスト」のサントラに参加したこと。この映画は、無敵のボクシング・ヘビー級王者モハメッド・アリを描いており、その中で、プロレスラー・アントニオ猪木がリング入場時に使ったテーマ曲の原曲ともなった「アリ・ボンバイエ」を担当しています。

同じ77年には前述の「We Are One」を出し、翌78年には、同じようなディスコ風アルバムの「New Worlds」を発売しています。

この人たちは、実力は十分あったのですけど、セールス的にはさほど目立っておりません。70年代の前半のファンク期は、まずまずの活躍ぶりだったとはいえ、同後半のディスコ期は、やや野暮ったくて中途半端な印象です。「スカッとディスコなんてできねぇ俺たちだぜ」みたいな、頑ななプライドというか、踏ん切りのつかなさが露呈しちまっています。

実際、80年代に入ると一気に消え失せてしまいました。21世紀の今となっては、レア・グルーブ好きな玄人リスナー向けのバンドとはいえるのでしょうが。

ただ、写真の英国BMG盤のCDはなかなかよい。というのも、アルバム「We Are One」全曲に加えて、「New Worlds」からも4曲、ボーナストラックとして収録されているのです。つまり、この1枚さえあれば、ディスコ的にはほぼ事足りるというわけです。初期のどファンク路線まっしぐらの曲を集めたベスト盤もありますが、こちらでは逆に、ディスコ期のものは軽視されていますね。
CDのライナーノーツ書きました


たまには「ボカロでYMCA」
キュート奇天烈でよろし。
本業分野の著書です!―my latest book


初証言でつづる昭和国会裏面史!
著書です!―my book


キーワードは意外に「ディスコ」。
TOEIC930点への独学法とは…
livedoor プロフィール
Archives
検索してみよう!

このブログ内
ウェッブ全体
訪問者数(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最近の訪問者数(UU)

    Recent Comments
    blogramボタン
    blogram投票ボタン
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ