ディスコ堂 by mrkick

音楽に貴賎なし ―Discoの考察とCD批評

ブラック・パンサー

ナイル・ロジャーズ (Nile Rodgers)

NileRodgers勢いがあるうちにどんどん進めましょう。今回は押しも押されぬ大御所ナイル・ロジャーズでありま〜す。「おしゃれフリーク」でお馴染みシックの中心人物で、黒人音楽の枠組みにとらわれないディスコ文化そのもの立役者。プロデューサーとしても超高名で、1980年代にはかのダイアナ・ロスデヴィッド・ボウイ(レッツ・ダンス)、マドンナ(ライク・ア・ヴァージン)、デュラン・デュラン、INXSといった大物たちを強力にバックアップしました。

彼の音楽界における功績は言うまでもありません。このブログでもシックは早い段階で取り上げています。でも、私が今回再び光を当てようとしたのは、最近読了した彼の自叙伝「Le Freak: Upside Down Story of Family, Disco and Destiny」(下写真、邦題にしたら「おしゃれフリーク秘話:家族、ディスコ、運命の波乱万丈」みたいな感じ)に触発されたのみならず、ソロ・アーチストとしてのナイル・ロジャースにちょっと注目したかったからなのです。

アメリカでディスコが衰退した1980年を境にシックの人気も低落すると、彼はダイアナロスのアルバム「アップサイド・ダウン」をプロデュースして大成功を収めます。続けてデビッド・ボウイなどから次々とオファーが来るわけですが、「俺もここらで自分自身の音楽を追及したいぜ」とばかりに、並行して83、85年に2枚のソロアルバムを出しました。

1枚目の「Adventures In The Land Of The Good Groove」は、ディスコ期ほどの派手さはないものの、ナイル自身が奏でるシック伝統のカッティングギターと、セッションに参加しているシックの相棒バーナード・エドワーズの正確無比なベースが小気味よく決まっていて、心地よく耳に馴染みます。

シングルカットされた「Yum Yum」(Fatbackの曲とは関係ない)は、イントロからドラムボックスが「ズンタ、ズンタ♪」と入ってきて、ラップ風のボーカルが重なってくるパターン。「さすがは試合巧者ナイル!」と叫びたくなるイイ感じのダンスナンバーに仕上がっています。ほかにも、「Get Her Crazy」のように、ディスコではなかなかしっくりこないギターを「これでもか!」とリズミカルに演奏するナイルの面目躍如たる曲が目白押しです。

ところが、渾身のソロデビュー作も、セールス的にはさっぱりでした。ナイル自身、自伝の中で「ディスコブームが終わり、グループとしてもソロとしても売れずに苦しかった」などと述懐しています。

…しかしまあ、アルバム自体は駄作ではなかったと思います。何しろ、プロデューサー業ではたんまりと儲けていたわけですしね。自伝でも、ダイアナ・ロス作品のプロデュースをきっかけに、破竹の勢いで大成功していった経緯を詳説しています。

問題は、ソロ2作目「B-Movie Matinee」(上写真)。全体的には、当時台頭していた「フリースタイル」の雰囲気をたっぷりと取り入れた「80年代しゃきしゃきシンセサイザー」の雨あられで、かつナイルのギターもボーカルもしっかりと絡んでいて、私としてはとても満足。けれども、1曲だけ、奇妙奇天烈摩訶不思議、実に変てこなのが混じっていて邪魔なのです。

その曲とは「Let's Go Out Tonight」(YouTubeで試聴)。若い男女が「さあ外に遊びに出かけよう!」みたいにはしゃぎ合う風情の曲です。理由は不明なのですが、曲の中でなんと日本語の「どっか遊びに行こうよ!」「遊ぼうぜ今夜」「めちゃくちゃ踊りたい」「ああ、すっごく踊りたい」「死ぬほどダンスしたい」「なんですか?」といったあほあほフレーズが大量に出てくるのです。なんだか、渋谷や六本木の街角で外国人が日本人女性を必死にナンパしているようなお間抜け感が漂います。

私はこのアルバムを仕事をしながら途中まで気持ちよく聴いていたのに、4曲目の「Let's Go Out…」が入った途端、椅子から転げ落ちそうになりました。「ああ、やっちゃったよ、天下のナイル…」。死ぬほど残念な思いに駆られたのは言うまでもありません。

歌詞に日本語が入っている洋物ディスコといえばテイスト・オブ・ハニー「サヨナラ」、ディスコでよく耳にしたロックのスティックス「ミスター・ロボット」、テクノディスコのクラフトワーク「電卓」あたりが思い浮かびます。それにしても、「Let's Go Out…」はホント連呼していますので、エキゾチックに聞こえる外国人ならまだしも、日本人としてはかなりトホホな感じになってしまうのですね。

この「Let's Go Out…」ですが、実はソロとしてはぱっとしなかったナイルにとっては唯一、チャートイン(全米R&Bチャート35位、ディスコチャート38位)した曲です。こりゃまた皮肉なことです。

自叙伝については、複雑な家庭環境と黒人差別、ブラックパンサー運動(反差別運動)への参加、ドラッグと酒に溺れた生活ぶり、マドンナと仕事した際の印象、デヴィッド・ボウイとの感情の擦れ違いなどなど、プライベートな話も含めて赤裸々に語っております。音楽では天才ぶりを発揮しつつも、60-70年代を生きたほかの黒人と同様の苦悩も経験していたようです。

上記2枚のソロアルバムはCD化されています。どこかで見つけたら、「おとぼけナイル」の少々ほろ苦い青春の一ページをめくってみるのも一興かもしれません。

ちなみに、彼は今年初め、前立腺がんにかかっていることを告白しています。自身のブログでは、闘病生活について日々つづっています。そのブログで、先日、彼が友人たちとや りとりしているコメント欄に簡単な励ましのメッセージを書いたら、間もなく「Thanks, Masa --- Nile」と返事が来たので、ちょっと感激いたしました。

NileRodgersBook

チャカ・カーン (Chaka Khan)

Chaka Khan今年のトリを飾るのはチャカ・カーン。あまりにたくさんのヒット曲があるので、名前を聞くだけでも満腹感が襲ってくるのですが、生い立ちがちょっと面白い人です。

1953年米イリノイ州生まれで、後にシカゴに移り住みました。本名はイベット・スチーブンスといいます。幼いころに父親が家を出て行ったため、母親に育てられることになりました。米国の情報データベースサイト「askmen.com」などによると、父親は、65年のマルコム尚纏Ω紂60年代後半から70年代にかけて反政府活動を行った黒人過激派組織「ブラック・パンサー(黒豹)党」の元メンバーでした。

母親はステージママのような存在で、貧しさに苦しみながらも、イベットと妹のイボンヌの歌の才能を見抜いていました。まだ10代だった二人にいつも付き添って、地元でのライブ活動を積極的にやらせていました。姉妹は早くも才能を発揮し、どこで歌っても大盛況でした。

おてんばで正義感が強かったイベットは、16歳のころに自らブラックパンサー党のメンバーとなり、黒人の貧しい子供たちに朝食を配る運動に関わります。同時に、アフリカの言語で「炎」を意味するチャカ(Chaka)を使い、チャカ・カーン(Chaka Khan)と名乗るようになりました。ステージ活動と左翼運動(!)で多忙になった彼女は、高校も中退しました。

そして、シカゴの人種混成の男性バンドである「ルーファス」にメーンボーカリストとして参加し、メジャー歌手としての道を歩み始めます。「You Got The Love」(74年、ビルボード全米R6Bチャート1位)、「Sweet Thing」(75年、同1位)など、立て続けに特大ヒットを繰り出すようになりました。左翼運動の方は、このころにはブラックパンサー党がFBIの弾圧により活動停止状態に追い込まれたため、いつのまにか足を洗ったようです。

「スター歌手」としてのそれから後の安定した活躍ぶりは、言うまでもありません。ルーファス名義、ソロの両方でヒットを連発します。

彼女の声は、何と言っても広い音域が最大の特徴。私は個人的には「ネコみたいな声だにゃ〜」というわけで、高音域についてはさほど好きな声質ではないのですが、その卓越したキャリアには尊敬の念を禁じえません。ディスコブームの風にもふわふわ〜と乗って、「I'm Every Woman」(78年、同1位)や「Do You Love What You Feel」(79年、同1位)といったダンクラの大定番を世に送り出したわけですね。

この間、妹のイボンヌもタカ・ブーム(Taka Boom、ブーンとも)と名乗り、「Red Hot」(79年)や「Night Dancin'」(同)といったディスコヒットを放ちました。いずれも非常にノリの良いダンサーです。

私自身のディスコ体験から言えば、チャカは80年代が印象深い。「What Cha' Gonna Do For Me」(81年、同1位)なんて、ディスコブームが終わった後の、アダルティでしっぽりしたブラコン・ダンスミュージックの心意気を見せてくれています。

さらに、84年、プリンスの曲である「I Feel For You」で大爆発!。ここでキャリアのピークを迎えます。R&B、全米ディスコチャートでそれぞれ1位となり、ビルボード一般チャートでも自己ベストの3位に入りました。イントロやブレイクで、大御所ラッパーのメル・メルが「チャチャチャチャ、チャカカーン♪」とラップを披露しているほか、スティービー・ワンダーがハーモニカで参加しています。まあ、ディスコでも「これでもかっ!」って位に耳にしたものです。

このころのヒット曲については、ほかに「Ain't Nobody」(83年)、「This Is My Night」(85年)、スローバラードでは「Through The Fire」(同)なんてのもよく知られています。

その後、彼女は80年代後半〜90年代を通して、R&B界のトップグループに君臨し続けました。グラミー賞も8回も獲得しています。最近はさすがに勢いが衰えましたが、そのキャリアの長さと太さは特筆モノ。やはり貧しくて苦労した幼少時代、そして左翼運動(!)にまで没頭した少女時代が、底知れぬパワーを呼び起こしたのでしょうか。

CDは、当然ながらたくさん出ています。上写真は、ソロになってからの代表曲がほぼ網羅されたベスト盤で、ワゴンセールで500円以下で手に入るほど一般的です。ただ、オリジナルの12インチバージョンが入ったものなどは意外に少ないので、どこかで発売して欲しいと願っています。
プロフィール

mrkick (Mr. Kick)

「ディスコのことならディスコ堂」----本名・菊地正憲。何かと誤解されるディスコを擁護し、「実は解放と融合の象徴だった」と小さく訴える孤高のディスコ研究家。1965年北海道生まれのバブル世代。本業は雑誌、論壇誌、経済誌などに執筆する元新聞記者のジャーナリスト/ライター/翻訳家。もはや踊る機会はなくなったが、CD&レコードの収集だけは37年前から地味〜に続行中。アドレスは↓
mrkick2000@gmail.com

*「下線リンクのある曲名」をクリックすると、YouTubeなどの音声動画で試聴できます(リンク切れや、動画掲載者の著作権等の問題で削除されている場合はご自身で検索を!)。
*最近多忙のため、曲名質問には基本的にお答えできません。悪しからずご了承ください。
*「ディスコ堂」の記事等の著作権は作者mrkick(菊地正憲)に帰属します。

Archives
検索してみよう!

このブログ内
ウェッブ全体
本業分野の著書!(Amazonリンク)


初証言でつづる昭和国会裏面史!
著書です!(Amazonリンク)


キーワードは意外に「ディスコ」。
TOEIC930点への独学法とは…
CDのライナーノーツ書きました(Amazonリンク)


たまには「ボカロでYMCA」。
キュート奇天烈でよろし。
訪問者数(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最近の訪問者数(UU)

    Recent Comments
    「最新トラックバック」は提供を終了しました。
    blogramボタン
    blogram投票ボタン
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ