ディスコ堂 by mrkick

音楽に貴賎なし ―Discoの考察とCD批評

ホイットニー・ヒューストン

マリリン・マックー&ビリー・デイヴィス・ジュニア (Marilyn Mccoo & Billy Davis Jr)

Marilyn McCoo秋も深まってまいりました。今回は「こみ上げ系ソウルディスコ」の代表格として一時代を築いた夫婦(めおと)デュオ、マリリン・マックー&ビリー・デイビス・ジュニアと参りましょう。

2人とも、聴いているうちに宇宙の果てまで飛んでいくこと必定の「アクエリアス」をはじめ、60年代から70年代にかけて豪快でサイケなヒットを連発した米国のソウル・ボーカルグループ「フィフス・ディメンション」の主力メンバーでした。

2人は1976年、「フィフス」を脱退して夫婦で仲良く初のアルバム「I Hope We Get To Love In Time」を発表。この中のミデアムテンポのダンスシングル曲「You Don't Have To Be A Star」(邦題:星空のふたり)が、全米ビルボード一般、R&Bチャートでともに第1位を記録する特大ヒットとなります。

このアルバムからは、ダンサブルながらも哀切な香りを放つ「Your Love」(一般15位、R&B9位)もヒット。2人の息のあったボーカルは、以前に紹介した同様の仲良し夫婦ディスコデュオのアシュフォード&シンプソンにも似た感じ。特に、妻マリリンさんの伸びのあるド迫力4オクターブの歌声を軸に展開する、流麗なメロディーラインが出色であります。もちろん、いくつか収録されているバラードも聴きごたえがあります。

2人は翌77年、2枚目のアルバム「The Two Of Us」をリリース。この中からは、シングルカットされた正統派ダンスナンバーの「Look What You've Done To My Heart」やミデアムスローの「Wonderful」、妙な緊迫感とおトボケ感がある「The Time」あたりがディスコ向けの曲になっていますが、ヒット曲は生まれませんでした。

この後、ディスコブーム最盛期の78年には、3枚目のアルバム「Marilyn & Billy」を大手コロムビア・レーベルから発売。「Shine On Silver Spoon」という爽やかなアップテンポの曲が、ディスコではまあまあのヒットになりました(米ディスコチャート32位)。ユニークなところでは、後にホイットニー・ヒューストンがカバーしてヒットさせた「Saving All My Love for You」のオリジナル曲も収録されています。

結局、金字塔の「星空のふたり」以降はさしたるヒットには恵まれず、夫婦(めおと)アルバムの制作はここでひとまず終了となりました。でも、妻マリリンさんの方は、名門UCLA(カルフォルニア大学ロサンゼルス校)出身という知性と美貌を生かし、80年代に米国で一世を風靡した音楽番組「Solid Gold」の司会を務め、人気を博しました。

ついでにマリリンさんは、そのまんま「Solid Gold」とタイトルをつけたソロアルバムを83年に発売します。そのシングル曲であるこれまたそのまんまの「Solid Gold」は、80年代らしく、フラッシュダンスみたいなわざとらしい盛り上がりを見せるけっこうなロックディスコで、私も当時はFM番組からカセットテープにエアチェック録音して、一人ウキウキ気分で聴いていたものでした。

このソロアルバムには、そのころ流行っていたヒット曲のカバーがいくつか収録されています。とりわけデビッド・ボウイメン・ウィズアウト・ハッツのヒット曲のメドレー「レッツ・ダンス〜セーフティ・ダンス」は、なんだかもっさりしていて変てこです。ここでちょいとずっこけてしまうわけですが、彼女の歌唱力は折り紙つきであるだけに、全体としては、アゲアゲで文字通りソリッドな内容にはなっているとの印象です。

この人たちのアルバムは長らく、CD化されていたとしても超レアものだったのですが、なぜか最近になって海外で次々とCD発売されています。上写真は前述のデビューアルバム「I Hope We Get To Love In Time」。まずは、このアルバムが基本になると思われます。

ジャネット・ジャクソン (Janet Jackson)

Janet84さ〜て、今回は何食わぬ顔でジャネット・ジャクソンさんで〜す! これまたバブル期の1980年代後半、ホイットニー・ヒューストンと並んで黒人歌姫の名をほしいままにしたトップスターでした。

兄マイケルの死から早くも3年以上が過ぎ、この人も懐かしい存在になりつつありますが、まあディスコ界でもよく活躍したものでした。米ビルボード誌のディスコチャートでは、バカ売れし始めた1986年から2001年までの15年間に15曲も1位になっています。これを上回るのは女王マドンナ(同時期に23曲)しかいません。

この人は言わずと知れたジャクソン・ファミリーの10人きょうだいの末っ子で、1966年に米インディアナ州に生まれした。ジャクソンファミリー全体のマネジャーでもある父ジョセフの指導の下、7歳で芸能界にデビューし、偉大なきょうだい達と各種ステージをこなす日々となりました。

16歳だった82年にはソロデビューアルバム「Janet Jackson」(上写真)、84年には2枚目の「Dream Street」(写真)をリリース。ところが、この2枚とも、その毛並の良さもあってチャートインまではしたものの(シングルで10位前後)、大ヒットというわけにはいきませんでした(例:「Say You Do」=83年、米ディスコ11位)。

デビュー盤は、ジャクソンズと同じようなきょうだいグループだったシルバーズの中心人物で、70年代後半の「ディスコ仕掛け人」の一人でもあったレオン・シルバーズらがプロデュース。2枚目は、ドナ・サマーをスターに育てたかの“エレクトロディスコの大魔神”ジョルジオ・モロダーとピート・ベロッテが万全の態勢でプロデュースを担当したのですが、デビュー盤よりも売り上げが落ちる始末だったのです。

2枚のアルバム自体、大物プロデューサーを起用した上に、偉大な兄達やジャクソンズ人脈の手練れスタジオミュージシャンの助けを借りた割には、「可もなく不可もなし」のアイドルR&B歌手としての作品内容でした。ステーシー・ラティソウやステファニー・ミルズイブリン・キングのような20歳前後の売れっ子黒人女性歌手が数多く輩出していましたから、その中に埋もれてしまった感もあります。

このころは、公私ともに壁にぶち当たった時期でした。「Dream Street」発表の後、父親のマネジメントから離れて独立。姉ラトーヤ、兄マイケルの自伝「La Toya」と「Moon Walk」などにも書かれていますが、とにかく父親が音楽活動に対して厳格で、しょっちゅう暴力も振るう人物だったために、嫌気が差して逃げ出してしまったのが真相でした。84年には突然、幼なじみで、「I Like It」「Rythm Of The Night」などのソウル&ディスコヒットで知られるデバージ(これまたきょうだいグループ)のジェームズ・デバージと電撃結婚し、すぐに離婚するという「お騒がせ事件」も起こしています。

停滞期の真っただ中の85年には、姉ラトーヤと一緒にいきなり東京の「世界歌謡祭」(ヤマハ音楽振興会主催)に出場して見事(?)「銀賞」を獲得しました。まあ、とりわけ兄マイケルの破竹の勢いと比べると、とても地味な状態が続いていたわけです。

しかし、日本がバブル期に突入した1986年に大変身したのがジャネットさんのもの凄いところ。少女風の出立ちを果敢に捨て、「ちょいワル」な感じで大人びた雰囲気のアルバム「Control」(下写真)を発表したら、なんとまあ、空前絶後の大ヒットを記録してしまったわけです。

カットされたシングルの全米チャートだけでみても、「What Have You Done Fome Me Lately」(R&B1位、ディスコ2位)、「Nasty」(同1位、同2位)、「When I Think Of You」(同3位、同1位)、「Control」(同1位、同1位)、「The Pleasure Principle」(同1位、同1位)といった具合に、兄マイケルをも凌駕する大爆発ぶりを見せつけたのでした。

プロデューサーは、SOSバンドなどを手掛けたことで知られるジャム&ルイス(Jimmy Jam & Terry Lewis)。さらにプロモーションビデオでは、ブレイク前のポーラ・アブドゥルを「ダンス振付師」として起用しています。その後のニュージャック・スイング・ブームを予感させるようなシンセサイザー重視の鋭角的なビートと挑戦的な歌詞は、まさに斬新。MTVなどですっかり定番になった彼女のダンスは、正確無比そのもの。「ついさっきまでの甘えん坊末っ娘歌手」の変貌ぶりには、まったく度肝を抜かれたものです。

私自身、当時のあほあほバブルなディスコの現場では、ホイットニー、マイケル・フォーチュナティープリンス、ジョディ―・ワトリーあたりと並んで、いや一番耳にしたであろうアーチストでした。とりわけ、最近あの世にも恐ろしい「クラブ・フラワー撲殺事件」が勃発した六本木ロアビルにあった「リージェンシー」というディスコで、ジャネットのNastyやらControlやらが盛んに流れていました。それでも、格差社会や貧困問題、ドラッグの蔓延などとはまだほぼ無縁で浮かれ気分だったあの時代、フロアはどこまでも平和で能天気だったわけですけど。

豹変ジャネットさんは、「Control」の後も大勢力を持続し、「Rhythm Nation 1814」(89年)、「Janet…」(90年)と発表アルバムはことごとく大ヒット。押しも押されぬ大スターの座を不動のものとしました。90年以降、そして21世紀のクラブ時代にもしっかりと根を下ろし続けるパワーはさすがですけど、原点はやはり「Control」にあったといえるでしょう。

CDはとにかく大量に出ておりますので心配御無用でございます。「Control」については、ディスコ的には12インチバージョンで構成された「More Control」か「Control Remixes」あたりは必須と思われます。

Janet86

ヴィオラ・ウイルス (Viola Wills) …ついでに緊急告知!

Viola Wills5月6日、往年のディスコアーチストがまた一人、がんでこの世を去りました。「Gonna Get Along Without You Now」(80年、ビルボードディスコチャート52位)、「If You Could Read My Mind」(80年、同2位)などのヒットで知られるヴィオラ・ウイルスです。享年69。

60年代に大規模な黒人暴動が発生したことで知られる米ロサンゼルスのワッツ地区生まれ。貧しさの中で歌手を志し、70年代にオーケストラ・ディスコで一時代を築いたバリー・ホワイトに見出され、バック・ボーカリストなどの音楽活動を本格化させました。それでもなかなかチャンスに恵まれず、40歳になってようやく「Gonna Get Along Without You Now」がヒットして、ディスコ歌手として名を上げました。

日本ではそんなに有名ではないものの、特に欧米のゲイ・ディスコ・フリークの間では人気が高かった人です。ジャンル的には柔らかめのハイエナジーが中心。メロディーラインが美しいカバー曲が多く、特に最大のヒット「If You Could…」は、サビの部分が伸びやかで高揚感があります。

この曲は、もともとカナダのロックシンガーGordon Lightfootが69年にヒットさせており、それをヴィオラがカバーして再ヒットさせました。4年前に当ブログで紹介したことがあるディスコ映画「54」(98年)でも、ハウスディスコグループ「Stars on 54」によるカバーが主題歌として使われています。

よく聴くとこの曲のメロディーのサビは、70年代にジョージ・ベンソン、さらには80年代にホイットニー・ヒューストンがヒットさせたバラード「Greatest Love Of All」にとてもよく似ています。実際、80年代後半には「Greatest…の作者が、Gordon氏の曲を盗用した」との疑惑も持ち上がったようですね。まあ、それぐらい普遍的に耳ざわりの良いメロディーだったということにはなります。

ほかのディスコ曲としては、「Stormy Weather」(82年、同4位)があります。個人的には、後にネイキッド・アイズも歌ってヒットさせたカバー曲のもろディスコ「Always Something There To Remind Me」(80年)とか、シブいR&B調の「Dare To Dream」(85年)なども、なかなかヨイ出来だと思います。

特別に歌が上手いわけではありませんが、ややハスキーで個性的な声質が持ち味でした。メジャーにはなれなかったけれど、いつまでも記憶に残りそう。そんな歌手だったと思います。

CDは、写真の加Unidisc盤のほか、米Hot Productions盤のベストがあります。ただ、この人は80年代後半以降、ハウスリメイクの曲を大量にリリースしており、これらのベスト盤にもかなり混ざってしまっています。私のような70〜80年代のディスコ好きにとって最良のCDは、今のところ見当たりません。


*5月20日追記

久々の投稿がやっと終わった…とホッとしていたら、直後に「どうしてもお前のブログで俺のイベントを宣伝してほしい」とのメールが、海外から突然届きました。場所はなんと!…フランスはパリ。しかも日付は5月23日…いくらなんでも無茶です。しかし、長年の友人にて、ダメもとですが、義理を果たすべくここに追記で掲載させていただきます。

店名:「La Java」(参考地図)(英文ガイド
住所:「105 Rue du Faubourg du Temple 75010, Paris, France」
地下鉄駅:「 Belleville 」
日時:2009年5月23日午後11時〜(現地時間)
DJ名:Jussi Kantonen (ユッシ・カントネン=下右写真=、HP

この人は、当ブログでも何度か取り上げているフィンランドのディスコ研究家で、本業は建築家。「Saturday Night Forever」という著名なディスコ解説本の著者であるほか、欧州各地を駆け巡る売れっ子ディスコDJでもあります。

ものすご〜く日本びいきで、毎年のように来日しては、コアなディスコ・レコード(西条秀樹とかピンクレディーとか)や、日本のポルノおよびアクション女優(池玲子とか梶芽衣子とか)のむか〜しのビデオとかを大量に購入して帰るという「フィンランドが生んだサブカル(特に日本モノ)の権威」でもあります。ディスコ的にも、これまでグロリア・ゲイナーとかボリス・ミドニーとかD.C.ラルーとか、メジャーどころのディスコ・ミュージシャンへのインタビューを次々と実現しており、世界ディスコ界でもリスペクトされているのは事実です。私もいつも、彼の博学多識ぶりには感服しております。

ですから、私だって、とても面白そうな彼のプレイを体験(うっふ〜ん)してみたいのはやまやまです。しかし、なにしろ3日後のパリ。万が一、パリ界隈在住者または旅行予定者でこのブログをご覧のディスコフリークの方がおられましたら、立ち寄ってあげてくださいませ。何卒よろしくお願いいたします。ローテーションとしては、「時代は70〜80年代初頭。最初はマカロニ・ウエスタン系から入って、途中カンフー系をほどよく絡めて、後半にテーマ・オブ・ジャパンで盛り上げていこうと思っている」(!?)とのことです。う〜ん、あばんぎゃるど

Jussi Kantonen

ディオンヌ・ワーウィック (Dionne Warwick)

Dionne前回紹介のアレサ・フランクリンに次ぐぐらいの実績を誇る1940年生まれの女性ソウルシンガー、ディオンヌ・ワーウィック。60年代から「I Say A little Player」(67年、一般チャート4位、後にアレサも歌っている)、「I'll Never Fall In Love Again」(69年、同6位)などの大ヒットを飛ばしています。白人作曲家の大御所バート・バカラックと組んだ時代が長く、ソウルというよりもポップ、しかもミディアム・スローやバラード風の作品が多いのが特徴です。

ただ、アレサと違い、70年代からディスコ系のナンバーもいくつか繰り出しています。75年には「Take It From Me」という曲がディスコチャート7位にまで上昇。さらに79年、バリー・マニロウをプロデューサーに迎えて制作・発売した「Dionne」には、「Out Of My Hands」と「Who, What, When, Where, Why」というディスコ曲が入っています。特に前者は「いけいけドンドコ」のもろディスコで、「この人もこんな曲を歌っていたのか」と驚かされます。

80年代に入ると、ディスコで一時代を築いたビージーズのバリー・ギブのプロデュースによるアルバム「Heart Breaker」(82年)を発売。中でもシングルカットされたアルバム同名曲は、ディスコではなくてAOR風なのですけど、「いかにもビージーズ」という感じでして、全米一般チャート10位まで上昇するヒットとなりました。私自身も当時、学校をさぼって通った喫茶店の有線から、よくこの曲が流れていたのを思い出します。

翌83年には、この時期のアレサと同様、ルーサー・バンドロス&マーカス・ミラーとのコラボレーションにより、アルバム「How Many Times Can We Say Goodbye」を発売。この中では「Got A Date」というダンスナンバーが、シンセを多用したソリッドな曲調で出色の出来です。一般チャートでは無視されましたが、R&Bでは45位、ディスコでは15位まで上がりました。非常にいい曲ですが、YouTubeなどで音源が見つからず、とても残念です。

彼女はやはり少女時代、地元のニュージャージー州の教会でゴスペルを歌いはじめ、そこから歌手デューしていった人です。叔母は「Think It Over」などのディスコヒットで知られる歌手シシー・ヒューストン、その娘、つまり従妹はあのホイットニー・ヒューストンです。かなりの音楽一族といえましょう。60代後半になった現在は、歌手活動のかたわら、AIDS撲滅運動などの慈善活動にも力を入れているようです。

CD「Dionne」(上写真)は、米BMG盤で出ています。おススメ曲「Got A Date」については、3年前に発売された英盤の3枚組ボックスセット「Legends」(下写真)に収録されています。
Dionne Warwick
CDのライナーノーツ書きました(自己宣伝)


たまには「ボカロでYMCA」
キュート奇天烈でよろし。
本業分野の著書!(自己宣伝)


初証言でつづる昭和国会裏面史!
著書です!(自己宣伝)


キーワードは意外に「ディスコ」。
TOEIC930点への独学法とは…
livedoor プロフィール
Archives
検索してみよう!

このブログ内
ウェッブ全体
訪問者数(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最近の訪問者数(UU)

    Recent Comments
    blogramボタン
    blogram投票ボタン
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ