ディスコ堂 by mrkick

音楽に貴賎なし ―Discoの考察とCD批評

リック・ジェームス

クイック (Kwick)

Kwick 1980_2「3K」シリーズのしんがりは、黒人4人組ボーカルグループのクイック。米テネシー州メンフィス出身で、1960年代後半から、地元の黒人音楽の拠点であるスタックス(Stax)レーベルで「ザ・ニューカマーズ(The Newcomers)」という名前で活動していました。

このころは、「Pin The Tail On The Donkey」(71年、米R&Bチャート28位)という自前の小ヒットも出したものの、同じメンフィス出身のアル・グリーンや同じスタックスレーベルのバーケイズエモーションズなど、別の大物ミュージシャンたちのバックコーラスとか前座として主に活躍しておりました。

長年の下積みを経て心機一転、名前をKwickと変えて、EMIレーベルから初の8曲入り本格アルバム「Kwick」(写真)をリリースしたのは1980年のこと。プロデューサーは、スタックスの数々のトップミュージシャンを手がけたアレン・ジョーンズ(Allen Jones)。これがまたかなりディスコテークな内容で、もはやディスコなんてアメリカではNGワードになりかけていたにもかかわらず、ジャケット写真同様に元気いっぱいな楽曲が目白押しになっています。

特に、シングルカットされたA面1曲目「I Want To Dance With You」では、お約束のシンセドラムの「ぴゅんぴゅんぽんぽこ」音が随所に鳴り響き、ぐいぐい踊り心を揺さぶります。リズム展開が、同時代のあの奇天烈ファンキーチューン「Double Dutch Bus」(Frankie Smith、80年、R&B1位、ディスコ51位)や、「都会派ディスコ」GQの「Disco Night」(79年、同1位、同3位)に似た感じ。ディスコ的には熱烈に好感の持てる一曲です。

ほかの7曲を聴いてみても、バーケイズやリック・ジェームスばりの「うねうねシンセサイザー」が飛び出したかと思うと(A3「Can't Help Myself」とか)、80年代前期ブラコンの定番「ぶいぶいシンセベース」で腹の底がひっくり返されるような重量感を演出(A4「Serious Business」とか)しています。おまけに、70年代末期みたいな折り目正しい「四つ打ちもろディスコ」まで秘かに紛れ込ませる始末(B1「We Ought To Be Dance」)。圧倒的な“腰浮きファンク”ぶりとなっております。

・・・とまあ、けっこう惚れ惚れする「うきうきアゲアゲ」アルバムになっているわけですが、セールス的に今ひとつだったというのも、この手のディスコファンクグループのお約束です。クイックになってからの最大のヒット曲が、このアルバムB面3曲目のスローバラード「Let This Moment Be Forever」(R&B20位)だったというのは、(私的には)なんだか皮肉です。でもまあ、もともとのウリがコーラスなわけですから、不自然ではないのかもしれません。

クイックは翌81年、プロデューサーをはじめほぼ同じ制作陣で「To The Point」というアルバムをリリース。今度はもっとあからさまにシンセサイザー音を前面に出し、エレクトロファンクなノリを加えて勝負しましたが、前作を超えることはできませんでした。結局、クイックは83年に出したもう一枚のアルバム「Foreplay」を最後に、表舞台から消え去ることとなりました。

それでも、「To The Point」でいうと、「まるでジャクソンズ!」というべき「Shake Till Your Body Break」は秀逸。マイケルたちの「Shake Your Body To The Ground」をもろに意識していますが、ディスコならではのちょっとした小っ恥ずかしさが素敵です。ほかにも、イントロで展開するのんびり感あふれる電子音が哀愁を誘う「Nightlife」、「You're The Kind Of Girl I Like」など、味わい深いディスコファンクが含まれています。

こうしてみてみると、ディスコ的には、地味ながらも一応ツボを押さえた曲群を世に放っていたように思います。 商業的に成功させようとする意図が露骨に見える痛々しさはあるにせよ、フロアで「非盛り上がり時間帯」にゆらゆらと流してみたり、家の中でゆったりと聞き流すにはほどよいグループだと思っています。「ビギナーとマニアックの狭間」を行くディスコ堂のブログ趣旨からしても、外せない人々です。

この人たちの再発CDは、1年ほど前にようやく発売となりました(英Expansion盤)。上記2枚のアルバムが1枚のCDに入っているお得盤であります。 

ティーナ・マリー (Teena Marie)

Teena Marie_Lover Girl 「♪お、ば、け〜のきゅう?♪」…というわけで、今回は「オバケのQ太郎」(古い)も顔負けの変てこジャケット(左写真)でお馴染みのティーナ・マリーさんであります。

この人は、白人でありながら相当に聴かせる黒人テイストの声を売り物にしたソウル・ディーバです。前回紹介のホイットニー・ヒューストンが、黒人でありながら白人ファン層をどしどし開拓していったのとはちょうど逆ですね。

1956年米カリフォルニア州生まれ。黒人居住地区に住んだ経験があることなどから、幼少時からモータウン・レーベルを中心とする黒人音楽に関心を持ち、歌だけではなく、ギター、ベース、キーボード、コンガなどをほぼ独学で習得。ローカルバンドのリードシンガーとして、レコードアーチストのオーディションを受けながら活動するうち、「真面目なモータウンの破滅型天才」リック・ジェームズに見いだされ、79年に彼のプロデュースによるアルバム「World and Peaceful」で、念願のモータウンでのメジャーデビューを果たしました。

このアルバムのジャケットには、ティーナさんの写真は載っていません。そのパワフルかつソウルフルな声質からてっきり黒人だと思っていたリスナーも多かったことから、黒人ファン層の定着・拡大を目指すモータウンサイドが、「ミステリアスなままの方がいい」と無人の風景画みたいなジャケットデザインにしたのでした。

80年代以降も着実にレコードリリースを重ねて、「Behind The Groove」(80年、米ディスコチャート4位)、「I Need Your Lovin'」(80年、米ディスコ2位、米R&Bチャート9位)、「Square Biz」(81年、R&B3位、ディスコ12位)といったヒット曲をコンスタントに出すようになります。そして、上写真の84年の「オバQ」アルバム「Starchild」に収録されているダンス曲「Lover Girl」が全米一般チャート4位(ディスコ6位、R&B9位)まで上昇する最大のヒット曲になり、頂点を迎えました。私自身、この曲をディスコで聞いて、輸入レコード屋に買いに走った記憶があります。

さらに88年にも、日本ではバブル期のディスコ(チークタイム)やカフェバーで頻繁に耳にした珠玉バラード「Ooo La La La」がR&Bチャートで1位となり、好調ぶりを見せつけました。

80年代にブレイクした彼女ですが、実は個人的にはデビューアルバム「Wild and Peaceful」が非常に秀逸だと思っています。特に、後に恋人とも噂されたリックとのデュエットによるシングル曲「I'm A Sucker For Your Love」(米R&Bチャート8位)は、ノリの良いリズム進行、コーラスの小気味よさ、楽器パートのバランスのよいアレンジ(特に切な過ぎるサックス)など、どれをとっても「ザ・70年代黒人ディスコ」でして、私の中でもディスコチャートの総合トップ50(候補がたくさんあり過ぎて微妙だが)には入る名曲だと思います。

ティーナさんは90年代以降も何枚かアルバムを出すなど、継続して音楽活動を続けていました。けれども、2010年12月に54歳で急逝してしまいます。死因ははっきりしませんが、持病のてんかん発作に原因があったのではないかとの海外メディア報道がありました。ほかの多くのディスコ―ミュージシャンと同様、早すぎる死を迎えてしまったわけですが、多彩な才能をいかんなく発揮した生涯だったと思います。

ところで、冒頭でオバQなどととても失礼なことを言いましたけど、実物は美貌でもあったとされていますので、念のため(写真下)。CDについてはここ数年、国内外からアルバムの再発盤やベスト盤が数多く出ていて、入手も比較的容易です。
Teena Marie3

メリー・ジェーン・ガールズ (Mary Jane Girls)

Mary Jane Girlsアポロニア6の次は、自然のなりゆきでメリー・ジェーン・ガールズであります。“実力派ディスコピン芸人”としては、プリンスの先輩格であるリックジェームスが、新しくのさばってきたプリンスを狙い撃ちするべく、同じような美女グループを世に送り出し、なかなかの好成績を上げました。

「メリージェーン」とは、英語の俗語で「マリファナ」の意味。ドラッグに溺れまくった“ディスコ界きっての無頼派”リックらしいネーミングではあります。

彼女たちはもともと、リックのバックボーカリストだった人々。ですから、歌唱力は「ルックス優先」のアポロニアやヴァニティよりやや上。かといって「ルックスは下」だとは決して申しません。

最初のアルバムは、「Mary Jane Girls」(1983年)。この中からは「キャンディー・マン」、「オール・ナイト・ロング」、「ボーイズ」のヒット曲が生まれました。

特にミディアムスローの「オール・ナイト・ロングなどは、後に何度もサンプリングされるなどして、めちゃめちゃR&Bの定番曲と化しています。ディスコ的なオバカさはまるでなく、アダルトな一曲。踊るにはかったるいのですけどね。あと、キャンディーマンもディスコではときたまかかっていました。

この手のアーチストはすぐ消滅するケースが多いのですが、2枚目のアルバム「Only For You」(85年)も売れました。ディスコ的には、これに入っている「イン・マイ・ハウス」(全米ディスコチャート1位)はおなじみのファンキーナンバーですな。フロアでは人気でした。曲調は、プロデュースのリックジェームスそのものです。

実力的には、単なる“女の子グループ”以上のものを発揮した彼女たち。けれども、間もなく3枚目のアルバムにも取り掛かろうという矢先、不運に見舞われます。リックさんがドラッグにやっぱりはまってしまい、所属していたモータウンをクビになったのです。

本人たちはやる気満々で、「違うプロデューサーと組んで(SOSバンドで知られるテリー&ルイスといわれている)、絶対にアルバムを出すのだわ」と公言してたようですが、それも叶わず、87年には解散してしまいました。

それにしても、リックさんは天才肌の破滅型。変わり者といわれつつも、しばらくは勢力を保っていったライバル・プリンスとは対照的でした。ドラッグ中毒はついに治らず、04年に56歳で死去しております。

師匠同様、名前からして破滅的な「メリージェーン」たちは、とても短命でありました。それでも、リックの息がかかった異色の「女性ファンクグループ」として、後世に名を残せたとはいえましょうか。

えーと。CDはまずまず再発されております。写真の米国盤ベストは、12インチバージョンが豊富に入っているので、一番よいかと思います。
CDのライナーノーツ書きました(広告)


たまには「ボカロでYMCA」
キュート奇天烈でよろし。
本業分野の著書!(広告)


初証言でつづる昭和国会裏面史!
著書です!(広告)


キーワードは意外に「ディスコ」。
TOEIC930点への独学法とは…
livedoor プロフィール
Archives
検索してみよう!

このブログ内
ウェッブ全体
訪問者数(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最近の訪問者数(UU)

    Recent Comments
    blogramボタン
    blogram投票ボタン
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ